ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

年表コーナー 1965年~

 

1965年

1月 技術サービスセンター 開設
富士宮工場感圧紙工場 完成,本稼動

[写真]富士宮工場感圧紙工場

富士機器販売株式会社(現富士メディカルシステム株式会社)創立
映画用35mmフジカラーネガティブフィルム(タイプ8513)発売
2月 アヤセ紙工株式会社(現富士テクニス株式会社)創立
3月 労働協約全文 締結
広島出張所 開設
香港事務所 開設
4月 足柄工場に公害防止対策委員会 設置
フジカラー販売株式会社 創立(富士天然色写真株式会社から販売部門を分離)
富士天然色写真株式会社を株式会社フジカラーサービスと改称
中央研究所 設立(6月建物開所)
小田原工場にPS版製造を目的としたオフセット材料工場を完成
シングル-8 システム 発売
フジマイクロフィルムネガティブHS(輸出用)発売
5月 耐熱結晶性ガラス ヒートロン 発売
米国のPHOTO EXPOショーに初参加,シングル-8システムを発表

[写真]フジカシングル-8P1

足柄工場にフジリスフィルム加工工場 設置
6月 ラピッドシステム 発売
中央研究所設立に伴い、研究所を足柄研究所と改称

[写真]設立当初の中央研究所

株式会社富士サービス 創立
7月 足柄研究所3号館完成
8月 フジカラーN100(35mm判)発売,カラーフィルムの販売価格から現像料を分離

[写真]フジカラーN100(35mm判)

PS版(OM,ID,RK,SK,GKN)発売
10月 米国に現地法人Fuji Photo Film U.S.A.,Inc. 設立
映画用35mmフジカラーネガティブフィルム(タイプ8514)発売
富士オートプリンター 発売
フジカシングル-8 Z1 発売
11月 目標管理制度を導入
富士フイルムメモリーテープ 発売
富士フイルムホワイトテープ,富士フイルムサウンドテープ 発売
富士写植フィルム 発売
12月 フジカスコープSM1,フジカスコープSM2 発売
ニュータイプフジカラーネガティブフィルム(シート)発売

1966年

2月 PS版プラノポジティブグレンコート(GKP)発売
リスフィルム用処理剤 ハイリソドール 発売
3月 富士デラックスプリンター 発売
4月 ニュータイプフジカラーR100(35mm判)発売(オイルプロテクト型カプラー使用の最初の製品)
6月 足柄工場社宅用地で馬場遺跡の発掘調査 開始
ミニコピーフィルムHR 発売

[写真]ミニコピーフィルムHR

富士フイルムエンドレステープ 発売
通商産業省から、産業用新種透明結晶性ガラスの新加工技術の研究で工業化試験補助金を受ける
7月 デュッセルドルフに現地法人 Fuji Photo Film(Europe)G.m.b.H. 設立
足柄工場に機器部を設置
8月 足柄工場にX-レイフィルム加工工場を設置
9月 副社長藤澤信,紫綬褒章を受章
映画用16mmフジカラーポジティブフィルム(タイプ8828)発売
フジカラーネガティブフィルム タイプL,タイプS(ロール,シート)発売

[写真]フジカラーネガティブフィルム タイプL

3交代勤務者の実働時間を短縮(週実働41時間)
フジカラーペーパープロフェッショナル 発売
10月 営業部門組織変更,全営業部を統括する営業本部長を置き、その下に営業部を市場別に細分化する
フジカラーGプリント 受注開始
西独ケルンのフォトキナ'66に初参加

[写真]初参加したフォトキナでの当社ブース

足柄工場でRM活動 スタート
富士写真フイルム厚生年金基金 発足
12月 資格制度 発足

1967年

4月 感圧紙販売組織「富士グリーンサークル」結成
ミニコピーアパーチュアカード 発売
5月 富士機器販売株式会社,富士エックスレイ株式会社と改称
ミニコピーフィッシュフィルム 発売
DRUPA(印刷総合機材展)に初参加
6月 フジカラーRT50シングル-8フィルム 発売
7月 フジカシングル-8 P300 発売

[写真]フジカシングル-8 P300

8月 X-レイフィルム用自動現像機 富士X-レイプロセサーR 発売
東芝-富士フイルム放送用ビデオテープH700(カラー用ハイバンド)発売

[写真]東芝-富士フイルム放送用ビデオテープH700

富士カラーロールプロセサー2 発売
富士カラーデラックスプリンターA1 発売
10月 フジカコンパクト35 発売

[写真]フジカコンパクト35

富士スキャナーフィルムSC-11 発売
医療用X-レイフィルム販売部門を当社から分離して、富士エックスレイ株式会社に移管
11月 富士スキャナーフィルムSC-21 発売
12月 富士板金工房株式会社,富士機器工業株式会社と改称
株式会社大化洋紙店,富士特殊紙株式会社と改称

1968年

1月 竹松工場 設立
富士医療用X-レイフィルムRX(90秒処理)発売

[写真]富士医療用X-レイフィルムRX

2月 足柄工場カラー新工場建設,D号塗布機 稼動開始
スペインのサリオ社と感圧紙製造技術輸出契約を締結
3月 映画用16mmフジカラーポジティブフィルム(タイプ8829)発売
4月 フィリップス社とコンパクトカセットの特許使用に関する契約 締結
PS版プラノスーパーポジティブグレンコート(SGP)発売
ミニコピーフィッシュカメラプロセサーS105B 発売

[写真]ミニコピーフィッシュカメラプロセサーS105B

5月 16mmフジカラーリバーサルTVフィルムRT100(タイプ8424)発売
9月 富士オーディオ株式会社(現富士フイルム アクシア株式会社の前身)創立
富士宮工場に感圧紙2号塗布機 設置
プラノPSオートプロセサー1000 発売
映画用35mmフジカラーポジティブフィルム(タイプ8819)発売
10月 今泉工場 閉鎖(富士宮工場へ設備移設)
フジリスオルソフィルムタイプA 発売
11月 フジカシングル-8Z600 発売
12月 フジカラープリントフィルム 発売
プロフェッショナル用中判カメラ フジカG690 発売

[写真]プロフェッショナル用中判カメラ フジカG690

1969年

1月 ろ過用フィルム 富士フイルムミクロフィルター 発売

[写真]富士ミクロフィルター群とろ過器

2月 富士医療用X-レイフィルムFX(間接撮影用)発売
3月 英国ディッキンソン・ロビンソン・グループと感圧紙製造技術輸出契約を締結
4月 改訂労働協約 締結
富士宮工場に新鋭抄紙機が完成 稼動
足柄工場にPETベース第2工場しゅんエ 本稼動
株式会社フジカラーサービス五反田現像所 設立

[写真]株式会社フジカラーサービス五反田現像所

富士フイルムカセットテープ 発売

[写真]富士フイルムカセットテープ

6月 新社歌 制定
本社ビル 落成

[写真]東京本社ビルとその周辺 1971年(昭和46年)当時

PS版プラノネガティブアノダイズドグレンコート(GAN)発売
アルフォトプレート 発売
ブラジル現地法人リオデジャネイロ支店 営業開始
8月 当社株式のADRがニューヨークでモルガン・ギャランティ・トラスト社により発行
プライスウォーターハウス会計事務所公認会計士による監査 開始
富士ロールプリンター3B350S,3B350R 発売
10月 人像用印画紙 白銀 発売
11月 会長春木榮,勲三等旭日中綬章を受章
映画用35mmフジカラーネガティブフィルム(タイプ8515)発売
12月 フジカラーリバーサルプロフェッショナルフィルムデーライトタイプ(シート)発売

[写真]フジカラーリバーサルプロフェッショナルフィルムデーライトタイプ

フジカスコープMG90 発売
X-レイフィルムの全面PET化 完了

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る