ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

年表コーナー 2005年~

 

2005年

1月 フジカラー映画用カラーネガティブフィルム「ETERNA 500」発売
2月 スクリーン印刷・パッケージ印刷用インクや産業用インクジェット用インクのビジネスを展開するSericolグループの英国持株会社Sericol Group Limited(現 FUJIFILM Sericol Limited)を買収
液晶ディスプレイ用材料「フジタック」の生産会社、富士フイルム九州株式会社を設立
富士フイルムロジスティックスの香港現地法人、FUJIFILM LOGISTICS SOLUTIONS (HONG KONG) LIMITEDを設立
デジタルカメラ「Q1 DIGITAL 4.0Ir」発売
フジクローム「fortiaSP」プロフェッショナル限定発売
3月 インクジェットペーパー「画彩」シリーズ「写真仕上げPro」発売
容量を大幅アップした「アルカリ乾電池(単3形)」、「単4リチウム電池」発売
35mmコンパクトカメラ「NATURA BLACK F1.9」発売
デジタルカメラ「FinePix F10」「FinePix A345」「FinePix A350」発売
富士写真フイルム株式会社、イーストマン・コダック カンパニー、コニカミノルタフォトイメージング株式会社が、コンシューマーイメージングとエレクトロニクス産業に向けたデジタル写真の保管と共有の規格「PASS(Picture Archiving and Sharing Standard)」仕様 Ver.1.0完成
デジタルカメラ用記録メディア「xD-Picture Card™ M1GB」発売
フジカラー映画用カラーネガティブフィルム「ETERNA 400」発売
4月 富士フイルムの機器生産会社5社を統合し、富士フイルムテクノプロダクツ株式会社を設立
中国・蘇州にPS版/CTP版の生産会社、FUJI PHOTO FILM PRINTING PLATE (SUZHOU) CO., LTD.(現 FUJIFILM Printing Plate (Suzhou) Co., Ltd.)を設立
DTP用自動組版ソフトやバリアブル印刷ソフト分野のトップメーカー、株式会社シンプルプロダクツ(現 富士フイルムシンプルプロダクツ株式会社)の発行済み全株式を取得、100%子会社化
株式会社富士グラフィックサービスと富士プレゼンテック株式会社、株式会社富士フオトサービスを合併し、富士フイルムプレゼンテック株式会社を設立
富士フイルムメディカル ドライイメージャ「DRYPIX 4000」発売
世界銀行「コミュニティ開発炭素基金」に出資
FUJINON多目的カメラ用ハイビジョンズームレンズ「XA4 × 7.5」発売
フジノンと瑞穂医科工業株式会社が「コンピュータ支援鉗子システム」を共同開発
※東芝株式会社と慶應義塾大学医学部の共同開発技術を導入し、製品化を推進
宗雪元社長 旭日重光章受章
5月 中国・蘇州に電子材料製造会社、FUJIFILM Electronic Materials (Suzhou) Co., Ltd.を設立
プラズマディスプレイ用「電磁波シールドフィルム」開発
デジタルカメラ「FinePix Z1」発売
フジカラー「PRO160NC」プロフェッショナル発売
ネットワーク医用サービス「C@Rna(カルナ)」発売
フジノンと千葉大学が内視鏡画像診断支援機能「FICE」を共同開発
6月 液晶パネル用偏光板メーカー、株式会社サンリッツの株式を追加取得し、出資比率を約30%に拡大
「カレイダ GP13III・GP17III・GP17IIIS」発売
35mmコンパクトカメラ「CLEAR SHOT S AF」発売
富士フイルムグループの3生産拠点へのエネルギー供給事業を新日本石油株式会社に全面委託することで合意
FUJINONハイビジョン用ズームレンズ「DIGI POWER 26PF」発売
7月 デジタルミニラボ「フロンティア550E」発売
8月 ネオ一眼デジタルカメラ「FinePix S9000」発売
大容量データストレージテープ「FUJIFILM Super DLTtape™ II データカートリッジ」発売
「カレイダ GP24III・GP44III・GP24IIIS・GP44IIIS」発売
9月 ネオ一眼デジタルカメラ「FinePix S5200」発売
フジカラー映画用カラーネガフィルム「ETERNA 250/250D」発売
経鼻内視鏡電子スコープの超高画質タイプ「EG-530N」発売
フジカラー映画用カラーポジティブフィルム「ETERNA-CP XD」発売
自動核酸抽出システム「QuickGene-610L」発売
シミック株式会社と合弁で、富士フイルム・シミック ヘルスケア株式会社を設立
10月 足柄・小田原工場の組織を統合し、神奈川工場として再編
記録型DVDドライブのデータ記録用レーザーでディスク面への描画を実現した「Labelflash™技術」をヤマハ株式会社と共同開発
デジタルカメラ「FinePix F11」発売
富士フイルムグラフィックシステムがドイツのUV照射システムメーカー、Dr. Honle AG社および同社UV照射システムのオフセット印刷分野への供給メーカー、GRAFIX GmbH社と日本国内の独占販売契約を締結し、UV照射システム事業に参入
11月 デジタルカメラ「FinePix Z2」「FinePix F460」発売
写ルンです「Room & Day Super Flash 27」発売
35mmコンパクトカメラ「Zoom Date 70V」発売
12月 フジクローム「T64」プロフェッショナル発売
マルチ画像解析システム「フルオロ・イメージアナライザー FLA-7000」発売
「Labelflash™」対応1~16倍速記録「データ用DVD-R」発売
FUJINON小口径レーザー干渉計用「自動アライメントステージ」発売

2006年

1月 三協化学株式会社(現 富士フイルムファインケミカルズ株式会社)を完全子会社化
創薬系ベンチャーの株式会社ペルセウスプロテオミクスに出資
「ホログラム用銀塩フィルム」米国市場で販売開始
富士フイルムイメージテックが大容量画像データを高精細かつ高速閲覧可能なソフト「EzMaper」を株式会社マイクロサービスセンターと共同開発、デジタルデータ化サービス開始
2月 Avecia Inkjet Limitedを買収し、FUJIFILM Imaging Colorants Limitedに商号変更
デジタルX線画像診断システム「FCR CAPSULA SYSTEM」発売
インクジェットペーパー「画彩」シリーズ「写真仕上げHi」「写真仕上げValue」発売
デジタルカメラ「FinePix A500」発売
富士写真フイルム株式会社、イーストマン・コダック カンパニー、コニカミノルタイメージング株式会社の3社でデジタル画像管理規格「EVERPLAY」を開発、無償ライセンスプログラム開始
3月 フランスの医療用機器販売会社TSR HOLDING S.A.と、医療用機器サービス・メンテナンス会社FUJI MEDICAL SYSTEMES FRANCE S.A.(現 FUJIFILM Medical Systems France S. A.)を100%子会社化
デジタルカメラ「FinePix V10」発売
ノーリツ鋼機株式会社と、フォトフィニッシング分野におけるグローバルな提携に合意
「LCDパネル用視野角拡大フィルムの生産技術の開発」が「第52回(平成17年度)大河内記念技術賞」受賞
富士フイルムマイクロデバイス株式会社を富士写真フイルム株式会社が吸収合併
4月 インド支店設立
フジクローム「PROVIA 400X」プロフェッショナル発売
FUJINONハイビジョン用ズームレンズ「DIGI POWER 27/DIGI POWER 27 PF」発売
新世代医療用デジタルX線画像診断システム「FUJIFILM DR PRELIO U」開発
FUJINON監視カメラ用バリフォーカルレンズ「YV2.8 × 2.8L」「YV 2.4 × 2.5」発売
富士フイルムグループのR&Dの中核となる「富士フイルム先進研究所」がオープン
デジタルX線画像読取装置「FCR XL-1」発売
携帯電話向けFlashコンテンツ生成サービス「Keitai Picture FLASH生成サービス」提供開始
35mmフィルムカメラ「NATURA NS」発売
中期経営計画「VISION75(2006)」発表
5月 オフセット印刷用サーマル無処理CTPプレート「ECO & FREE SYSTEM 『ET-S』」発売
中国のFUJIFILM Electronic Materials (Suzhou) Co., Ltd.稼働開始
デジタルカメラ「FinePix F30」発売
写ルンです「1600Hi・Speed Flash 27/39」発売
6月 富士写真フイルムと富士ゼロックスが共同開発したゼログラフィー方式による「デジカメプリント出力システム」が「平成17年度日本画像学会技術賞」(主催:日本画像学会)受賞
「2006FIFAワールドカップ™ ドイツ」のオフィシャルスポンサーとして契約。サッカー日本代表サポーティングカンパニーとして日本代表チームに協賛
データ用ブルーレイ・ディスク「BD-R(追記型)」「BD-RE(書き換え型)」発売
富士写真フイルム株式会社と株式会社電通の合弁で、eマーケティングに特化した「エフツーエム株式会社」を設立
日本最大級の参加型写真展「『PHOTO IS』10,000人の写真展」を全国7都市で開催
デジタルカメラ「FinePix Z3」発売
ケータイプリンタ「“Pivi”MP-300」発売
7月 産業用インクジェットプリンター用ヘッドメーカー、米国Dimatix, Inc.(現 FUJIFILM Dimatix, Inc.)を買収
デジタルミニラボ「フロンティア500E」発売
8月 富士フイルムメディカル ドライイメージャ「DRYPIX 2000」発売
9月 核酸抽出システム「QuickGene-Mini80」発売
ネオ一眼デジタルカメラ「FinePix S9100」「FinePix S6000fd」発売
デジタルカメラ用記録メディア「xD-Picture Card™ M2GB」発売
ヘルスケア分野参入第一弾、機能性スキンケア化粧品「エフ スクエア アイ」シリーズ、機能性体内ケア食品「エフ キューブ アイ」発売
10月 富士フイルムホールディングス株式会社が、二大事業会社 富士フイルム株式会社・富士ゼロックス株式会社を傘下に束ねる持株会社体制に移行
富士フイルムのコーポレートブランドロゴ一新
フジノンを完全子会社化
株式会社第一ラジオアイソトープ研究所(現 富士フイルムRIファーマ株式会社)の全株式を取得し、完全子会社化
オーダーメイド銀写真プリント「ARGENTO(アルジェント)」発売
富士フイルム九州の第一工場本格稼働
11月 TFT液晶用カラーフィルター製造会社として、上海広電電子股份有限公司と合弁で、上海広電富士光電材料有限公司を設立
デジタルカメラ「FinePix F31fd」「FinePix A600」発売
古森社長がドイツ連邦共和国より「ドイツ大功労十字章」受章
12月 35mmフィルムコンパクトカメラ「KLASSE(クラッセ) W」発売
FUJINONハイビジョン用ズームレンズ「DIGI POWER 88/DIGI POWER 88 PF」発売
デジタルカメラ「FinePix Z5fd」発売
冷却CCDカメラ方式の画像解析システム「ルミノ・イメージアナライザー LAS-4000mini」シリーズ発売
FUJIFILM超音波画像診断装置「FAZONE M」発売
カラードキュメントスキャナー「SD-2000」発売
IBM社向け「IBM3592拡張容量データカートリッジ」出荷開始
「カレイダ GP17IIIC」発売
富士フイルムホールディングス、富士フイルムのスタッフ部門・事業部門および関連会社17社を対象に、品質マネジメントシステム「ISO9001」、環境マネジメントシステム「ISO14001」の統合を行い、「統合マネジメントシステム(IMS)」として認証取得
循環器部門向け医療画像情報システムメーカーである米国 Problem Solving Concepts, Inc.を買収

2007年

1月 FUJINONハイビジョン対応小型情報カメラシステム「City Sight HD」発売
録画用ブルーレイ・ディスク「BD-R(追記型)」「BD-RE(書き換え型)」発売
工事現場用デジタルカメラ「FinePix BIGJOB HD-3W」発売
アスタキサンチン配合 真浸透美容液「エフ スクエア アイ インフィルトレート セラム リンクル エッセンス」発売
デジタル一眼レフカメラ「FinePix S5 Pro」発売
2月 富士フイルムホールディングス、富士フイルム、富士ゼロックスの本社機能を東京ミッドタウンに移転
メディカルシステム・ライフサイエンス分野を中心に次世代材料として期待される「ハニカムフィルム」の製造技術を開発、試験販売開始
携帯電話向け動画変換・配信サービス「Keitai Video」サービス開始
デジタルカメラ「FinePix F40fd」「FinePix A800」「FinePix A610」発売
3月 産業分野の開発・実験用インクジェット用プリンター「DMP-2831」国内販売開始
新しいフォトライフを提案するショッピングサイト「FUJIFILM MALL」開設
中国のFUJIFILM Printing Plate (Suzhou) Co., Ltd.が本格稼働
国内の貴重な写真作品をデジタルアーカイブした写真ウェブサイト「富士フイルム ウェブ写真美術館&ショップ」開設
「Super DLT規格」の第三世代データストレージテープ「FUJIFILM DLTtape® S4データカートリッジ」発売
フジノンがイスラエルのGiven Imaging Ltd.と、カプセル内視鏡の販売・部品供給、および次世代内視鏡システムの研究開発において戦略的提携契約を締結
米国バイオベンチャー企業Cangen Biotechnologies, Inc.と抗がん剤DDS(ドラッグデリバリーシステム)の共同開発の契約締結
東京ミッドタウンに「写真文化」の新たな情報発信拠点「FUJIFILM SQUARE」オープン
4月 「ポスタープリンター 5000WIDE」発売
冷却CCDカメラ方式の画像解析システム「ルミノ・イメージアナライザー LAS-4000」シリーズ発売
CR搭載移動型X線装置「Sirius Ubiquitas」発売
東京・銀座二丁目の富士フイルム所有地に「銀座Velvia館」オープン
サプリメントドリンク「エフ キューブ アイ 12」発売
フジカラー映画用カラーネガフィルム「ETERNA Vivid 160」発売
35mmフィルムコンパクトカメラ「KLASSE(クラッセ) S」発売
LTO規格 第4世代「FUJIFILM LTO Ultrium4 データカートリッジ」発売
「Adobe PDF Print Engine」搭載の次世代ハイブリッドワークフローシステム「FUJIFILM WORKFLOW XMF」欧州で販売開始
中期経営計画「VISION75(2007)」発表
5月 住商情報システム株式会社より内視鏡・超音波・病理の各部門システム事業を譲受
6月 映画用のデジタルインターメディエイト用レコーディングフィルム「ETERNA-RDI」、カラー用デュープフィルム「ETERNA-CI」発売
非標識創薬スクリーニングシステム「AP-3000」発売
デジタルカメラ「FinePix A900」発売
7月 富士フイルムグループ共通の総務/人事関連業務を集約し、富士フイルムビジネスエキスパート株式会社を設立
富士フイルムとノーリツ鋼機株式会社の合弁で、フォトフィニッシング機器の両社のメンテナンス部門を統合した「N&Fテクノサービス株式会社」を設立
直接変換方式FPD(フラットパネルディテクタ)を採用したデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR BENEO-CORE」「FUJIFILM DR BENEO」発売
非破壊検査用デジタルX線画像検査システム FUJIFILM COMPUTED RADIOGRAPHY「AC-7 HR SYSTEM」発売
先進的なソフトウェア技術をインターネットで一般公開し、体験するラボ(実験室)サイト「FUJIFILM Internet Technology Labs」開設
8月 写真事業強化・国際競争力強化に向け、写真印画紙を中心とした写真分野において、三菱製紙株式会社との提携に合意
富士フイルム九州の第2工場本格稼働
デジタルカメラ「FinePix F50fd」発売
9月 超高流量タイプの洗浄水ろ過フィルター「AstroPore(アストロポア) PSEカートリッジUXL/PPEカートリッジUXL」と各ハウジング発売
デジタルX線画像読取装置「FCR CAPSULA-2」発売
ロングズームデジタルカメラ「FinePix S8000fd」発売
カラードキュメントスキャナー「SD-1500/SD-1500FE」発売
スキンケアシリーズ「ASTALIFT(アスタリフト)」発売
写真総合インターネットサイト「Fotonoma(フォトノマ)」開設
フジノンが開発した3種の衛星光学系レンズが月周回衛星「かぐや」に搭載
デジタルカメラ「FinePix Z100fd」発売
10月 オフセット印刷用の主要製品「PS版/CTP版」生産工程における廃材アルミニウムのクローズドループリサイクル技術を確立し、吉田南工場に導入、本格稼働開始
生活習慣改善したい人の健康をサポートするマルチサプリメント「メタバリア」「オキシバリア」発売
コンパクトフォトプリンター「FinePix Printer QS-70/QS-7」発売
11月 出張胃がん検診を実現する経鼻内視鏡検診車「楽診号」発売
生化学分析システム「富士ドライケム4000シリーズ」発売
デジタルカメラ「FinePix Z10fd」「FinePix F480」発売
デジタルミニラボ「フロンティア700」シリーズ発売
12月 生体物質解析用の画像解析システム「フルオロ・イメージアナライザー FLA-9000 STARION(スタリオン)」発売
国内小規模病院向けの完全パッケージ型医用画像情報システム「SYNAPSE Mini-X」発売

2008年

1月 FUJJIFLM Internet Technology Labs 第2弾 Webサイト「顔ラボ」開設
大西元会長逝去
オンラインフォトサービスのシステム開発ベンダー、IP Labs GmbHを買収
圧力測定用フィルム「プレスケール 微圧用ツーシートタイプ」発売
2月 FCRデジタルマンモグラフィCAD「MV-SR657」発売
富士フイルム、大正製薬および富山化学による戦略的資本・業務提携の基本合意
デジタルカメラ「FinePix S100FS」「FinePix S8100fd」「FinePix J50」発売
3月 インド現地法人、FUJIFILM India Private Limited設立
スキンケアシリーズ「ASTALIFT」 デイプロテクター、クレンジングジェル、リキッドソープ、美容ドリンク、美容サプリメント 発売
デジタルカメラ「FinePix F100fd」「FinePix J10」発売
富山化学工業株式会社を株式公開買付により連結子会社化
4月 ポータブル超音波画像診断装置「FAZON M/Brain」発売
デジタルマンモグラフィ用「直接変換型 新方式X線検出センサー」開発
スキンケアシリーズ「nanofilt(ナノフィルト)」5品種7品目発売
高機能スリムデジタルカメラ「FinePix Z20fd」発売
神奈川工場 足柄サイト 第4工場で、超広幅「フジタック」生産開始
5月 「フジカラー フォトブック」サービス 本格展開
次世代インクジェットデジタルプリンティング技術、インクジェットデジタルプリンティングシステム「Jet Press 720(仮称)」開発
6月 FTS電子内視鏡システム「Justia(ジャスティア)」発売
高機能スリムデジタルカメラ「FinePix Z200fd」発売
7月 3次元画像解析システム「ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT」発売
多機能ワークステーション「FCR CAPSULA VIEW」を三洋電機と共同開発
LTOデータカートリッジ診断機器システム「DCアナライザー」開発、報映産業を通じて「メディアヘルスチェックサービス」開始
任天堂と共同で、写真注文サービス「Wii デジカメプリントチャンネル」サービス開始
8月 富士フイルムオプトマテリアルズに天然ガスコジェネレーション設備を導入。その結果として達成された「国内主要6工場全ての天然ガスガスコジェネレーション設備導入完了により16万トンのCO2削減」
「抗菌・抗ウイルス 多機能バイオフィルター」開発
デジタルカメラ「FinePix F60fd」発売
9月 デジタルカメラ「FinePix J150w」発売
3Dデジタル映像システム「FUJIFILM FinePix Real 3D System」開発
「スーパーCCDハニカム EXR」開発
10月 フジノンの内視鏡事業を富士フイルムに統合
2008年PGAシニアツアー競技「富士フイルム シニア チャンピオンシップ」開催
電子カルテ連動型「FCR CAPSULA VIEW」発売
インクジェット方式「フロンティア ドライミニラボ DL410」発売
11月 フルデジタル電子内視鏡システムの最上位シリーズ「Advancia(アドバンシア)」発売
高機能スリムデジタルカメラ「FinePix Z250fd」「FinePix J15fd」発売
空気清浄システム「空間清浄機 KPD1000」発売
12月 中国の医療ITシステム会社、北京健源達科技有限公司を株式取得により子会社化
米国 放射線情報システムメーカー、Empiric Systems, LLC社の発行済全株式を取得、子会社化
乳がん検査用デジタルX線撮影装置「AMULET(アミュレット)」発売

2009年

1月 ロシア現地法人 ZAO FUJIFILM-RUを設立
ギブン・イメージング社のカプセル内視鏡の国内販売開始
中判フィルムカメラ「GF670 Professional」発売
2月 創薬ベンチャー、株式会社ペルセウスプロテオミクスを子会社化
デジタルカメラ「FinePix F200EXR」「A100」発売
セキュアネットワークアウトソーシングサービス「beat ケータイリモートサービス」提供開始
富士フイルム デジタルフォトフレーム「DP-70SH」発売
デジタルカメラ「FinePix Z33WP」発売
内視鏡製品の国内販売子会社、フジノン東芝ESシステム株式会社を富士フイルムメディカル株式会社に統合
3月 ネットワークビデオレコーダー「FUJIFILM Clearvision FVR-100」発売
4月 循環器部門向け医用画像情報システム「SYNAPSE CardioVascular」発売
フジカラー映画用カラーネガティブフィルム「ETERNA Vivid 500」発売
5月 高画質・広角タイプの経鼻内視鏡「EG-530NW」開発
6月 高機能スリムデジタルカメラ「FinePix Z300」発売
富士フイルム先進研究所に医薬品研究所を設立
富士フイルムオプトマテリアルズ「WVフィルム」第9工場 稼働開始
7月 オフセット印刷用刷版材料「サーマルCTP版」が印刷関連資材として初めて「エコリーフ環境ラベル」取得
3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」、「3Dプリント」、デジタルカメラ「FinPix F70EXR」発売
デジタルカメラ「FinePix J30」「A220」発売
8月 放送用レンズで世界初のオートフォーカスシステム「プレシジョン・フォーカス」が、米国テレビ芸術科学アカデミーより「2009年度エミー賞」受賞
ロングズームデジタルカメラ「FinePix S200EXR」発売
9月 デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO U」発売
富士フイルム デジタルフォトフレーム「DP-7V」発売
先天異常症候群解析用DNAアレイ「GD-700」発売
10月 小型デジタルX線画像診断システム「FCR PRIMA」発売
11月 医薬品開発・販売会社、富士フイルムファーマ株式会社を設立
古森社長が旭日重光章受章
美容ドリンク「アスタリフト ドリンク コラーゲン10000」発売
デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO MT」、専用昇降型フローティング撮影台「SUD-F」発売
「富士フイルムグループ調達方針」制定
12月 富士フイルム九州「フジタック」第3工場第2ライン稼働

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る