ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

沿革・歴史

 

事業活動の沿革

1934年 1月 写真フィルム製造の国産工業化計画に基づき、大日本セルロイド株式会社の写真フィルム部の事業一切を分離継承して富士写真フイルム株式会社を設立。(資本金300万円)
2月 足柄工場の操業を開始し、写真フィルム、印画紙、乾板など写真感光材料の製造を開始。
1938年 6月 小田原工場建設(写真感光材料の硝酸銀、色素などの高度化成品部門ならびに光学硝子、写真機などの精密光学機器・材料部門充実)。
1944年 3月 (株)榎本光学精機製作所を買収し、富士写真光機(株)に商号を変更。
1946年 4月 天然色写真(株)を設立。
1958年 8月 ブラジルに現地法人Fuji Photo Film do Brasil Ltda.を設立。
1962年 2月 英国ランクゼロックス社との合弁により富士ゼロックス(株)を設立。
1963年 10月 富士宮工場建設(印画紙用バライタおよびバライタ原紙製造)。
1965年 4月 フジカラー販売(株)を設立。
12月 Fuji Photo Film U.S.A., Inc.を米国ニューヨーク州に設立。
1966年 6月 Fuji Photo Film(Europe)GmbHをドイツに設立。
1973年 9月 吉田南工場建設(オフセット印刷用材料<PS版>製造)。
1982年 8月 Fuji Photo Film B.V.をオランダに設立。
1987年 3月 Fuji Magnetics GmbHをドイツに設立。
1988年 7月 Fuji Photo Film, Inc.を米国サウスカロライナ州に設立。
1993年 10月 千代田メディカル(株)の発行済株式総数の51%を取得。
1995年 10月 蘇州富士フイルム映像機器有限公司を中国江蘇省に設立。
1996年 6月 香港富士写真物流有限公司を香港に設立。
1997年 12月 Eurocolor Photofinishing GmbH & Co.KGをドイツで買収。
2001年 3月 富士ゼロックス(株)の発行済株式総数の25%を追加取得。出資比率を75%として連結子会社化。
10月 Enovation Graphic Systems, Inc.を米国に設立。
2003年 4月 プロセス資材(株)の株式を追加取得し、連結子会社化するとともに富士フイルムグラフィックシステムズ(株)に商号を変更。
2004年 4月 富士フイルムメディカル(株)と千代田メディカル(株)が富士フイルムメディカル(株)を存続会社として合併。
4月 富士フイルムアクシア(株)と富士フイルムバッテリー(株)が富士フイルムアクシア(株)を存続会社として合併。
10月 富士フイルムイメージング(株)を設立。(株)フジカラーイメージングサービスと富士フイルムアクシア(株)を新会社に統合。
11月 米国Arch Chemicals, Inc. より同社Microelectronic Materials部門と同社所有の富士フイルムアーチ(株)の株式全数を買収。
2005年 2月 Sericolグループの英国持株会社Sericol Group Limitedを買収。
2006年 1月 三協化学(株)を完全子会社化。
2月 Avecia Inkjet Limitedを買収。
4月 富士フイルム先進研究所設立。
7月 産業用インクジェットプリンター用ヘッドメーカー、米国Dimatix, Inc. (現 FUJIFILM Dimatix, Inc.)を買収。
10月 富士フイルムホールディングス(株)が、二大事業会社 富士フイルム(株)・富士ゼロックス(株)を傘下に束ねる持株会社体制に移行。

2006年10月 持株会社体制移行後の沿革・歴史は、富士フイルムホールディングスのウェブサイトでご覧になれます。

富士フイルムの歴史

「THE HISTORY OF FUJIFILM」は、創立以前から2002年までを、社会情勢とともに紹介した「年表コーナー」と写真フィルムの国産化を目指してスタートした富士フイルムの「苦悩」と「果敢なチャレンジ」を記録した「ヒストリーコーナー」で、そのあゆみをご覧いただけます。

[写真]富士フイルムの歴史

関連情報

当社の歴史や写真フィルムで培ってきたコア技術、拡大する事業領域などをご紹介します。

富士フイルムの「苦悩」と「果敢なチャレンジ」を社会情勢とともにご紹介。

国内・海外にある富士フイルムの関係会社がご覧になれます。

「経営」と「商品」それぞれの視点で富士ゼロックス株式会社のあゆみをご紹介。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る