ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

グラフィックシステム

 

[写真]印刷の刷版までの工程に必要な材料・機器・サービスなどを提供しています。

印刷業界に対し、印刷物を刷るための版を作成するまでの工程に必要な、さまざまな業務用の材料・機器・サービスなどを提供しています。

概要

印刷の工程に必要な機器や材料を全世界で販売

[写真]CTPシステム

CTPシステム

印刷物の大半は、【コンピューター上での印刷紙面データの編集】→【製版フィルムへの出力】→【製版フィルムから刷版への焼付け】→【印刷】という流れで印刷されています。富士フイルムはこの工程の中で、コンピューターへの原稿の入力機(スキャナ等)、編集ソフト・編集データのチェック用プルーフ機器・製版フィルムへの出力機といった機器や、製版フィルム・プルーフ材料・刷版(PS版・CTP版)といった材料を、全世界の印刷会社・新聞社・出版社などに販売しています。


オフセット印刷の「省資源」をサポートする独自のソリューション

[写真]SUPERIA

SUPERIA

材料やエネルギーの使用量、あるいは排出物を減らすことで、環境負荷削減に貢献すると同時に、印刷会社の収益性アップも実現するオフセット印刷向けの省資源ソリューション『SUPERIA』を全世界で提供。CTPシステムや印刷関連薬品、ソフトウエア、コンサルティングなど、さまざまな製品の相乗効果によって、材料・工数・水・エネルギー・排出のムダを削減していきます。


インクジェット用材料・機材

[写真]産業用インクジェットヘッド

産業用インクジェットヘッド

需要の拡大が続く民生用・産業用インクジェットビジネスにおいて、インクジェットプリンター向けインク染料・顔料などの開発・製造・販売をグローバルに展開しています。その中でも、キーとなるプリンターヘッドとインク関連で積極的なM&Aを実施し、2005年には、産業用インクジェットプリンター用 UVインクで世界トップシェアの英国Sericol社を買収。2006年には民生用インクジェットプリンター用インク染料で世界トップシェアの英国 Avecia社を買収し、さらに2007年には、産業用インクジェットプリンター用ヘッドのトップメーカーである米国Dimatix社を買収してきました。

富士フイルムの持つ高度なインク技術との融合により、民生用・産業用インクジェットビジネスにおいて高品質画像出力や、さまざまな新素材への画像出力を実現していきます。

成長分野「デジタルプリンティング」への注力

[写真]「Jet Press720S」

「Jet Press720S」

現在、商業印刷分野では少量多品種印刷のニーズが高まっており、その製作工程においても印刷の立ち上がりが早く刷版工程が不要なデジタル印刷が適しています。2011年12月に発売した、富士フイルムの水性インクジェット材料技術とFUJIFILM Dimatix,Inc.開発の高速・高精細の新プリントヘッドを、富士ゼロックスが印刷機器としてシステムアップしたインクジェットデジタルプリントシステム「Jet Press720S」は、菊半サイズの高速印刷を世界で初めて可能にし、オフセット印刷を凌駕する高画質を実現しました。そのため、「印刷工程の生産効率を大幅に高め、印刷業界にイノベーションをもたらす画期的なシステム」として業界で大きな注目を集めています。富士フイルムは、「Jet Press720S」のワールドワイドでの拡販や、大型ポスターやウィンドウディスプレーの製作などに使用する「ワイドフォーマットUVインクジェットシステム」のラインアップ充実、ハイブリッドワークフロー「XMF」によるワークフローの最適化をもたらすシステムの提供など、今後一層の普及が進むデジタル印刷分野においても画期的な製品を開発・提供し、世界の印刷産業の発展に貢献していきます。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る