ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

記録メディア

 

[写真]データストレージメディアをはじめ、多彩な記録メディア製品を展開しています。

IT化の進展で、世界各国の企業・政府・金融機関・研究機関などが保有するデジタルデータは膨大な量になっています。これに伴い、サーバなどハードディスクの障害や地震などの災害による万一のデータ消失のリスクに備え、バックアップの重要性が高まっています。

概要

主力はデータストレージメディア

[写真]データストレージメディア

データストレージメディア
※LTO Ultriumは、IBM社、Hewlett-Packard社、Quantum社の米国およびその他の国における登録商標です。

記録メディア事業の主力は、データストレージメディアです。金融機関や研究機関など、重要データを扱うコンピューターシステムは、1年間にわずか5分程度のシステムダウンしか許されません。また、データ量の増大に伴い、省スペース化へのニーズも高まっています。このため、データストレージメディアには高容量化・高速化など、極めて高い性能が求められています。


「ナノキュービック技術」で高容量化を実現

[図]データのバックアップ活用事例

データのバックアップ活用事例

こうしたニーズに対応できる記録メディアは、磁気テープ以外に存在しません。富士フイルムは、バックアップ用データテープの開発を業界に先駆けて行い、世界中のテープドライブメーカーに対して高性能で信頼性が高い製品を提供してきたことで、世界市場でも高いシェアを誇っています。今後も、独自の「バリウム フェライト磁性体技術」と「ナノキュービック技術」をさらに進化させ、さらなる高容量化を実現するバックアップ用データテープの開発を目指します。


多彩な生活シーンを記録するメディア製品

その他、世界中のテレビ局や報道現場で、映像を記録する放送用・業務用ビデオテープ、SDカードなど、皆さんの生活のさまざまなシーンを残すための記録メディア製品を数多く展開しています。


製品・サービス

関連情報

富士フイルムの磁気メディアに込められた驚異の技術とは。

ビッグデータを支える当社独自開発のBaFe(バリウムフェライト)磁性体技術のご紹介。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る