ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


企業広告「世界は、ひとつずつ変えることができる。」テレビCM

 

アイス・チャレンジ 節電篇

※画面をクリックするとムービーが再生されます。音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

  • 放映開始日:2011年6月18日より

ストーリー

「富士フイルムグループは、2008年から地球温暖化対策を推進する活動「アイス・チャレンジ」を実施し、従業員の家庭でのCo2削減に取り組んできました。今年の「アイス・チャレンジ」では、「節電」をテーマとし、富士フイルムグループ従業員の各家庭において電力削減目標を設定して節電に取り組み、削減率15%以上を目指します。

このTVCMは、2009年に放映した富士フイルムの企業広告「世界は、ひとつずつ変えることができる。」シリーズ「デジタルカメラEXRセンサー」篇の一部を、冒頭のシーンで使用しています。同シリーズの内容を活用することで、会社での「デジタルカメラ開発」と家庭での「節電」の2つの挑戦を印象的に表現し、「世界はひとつずつ変えることができる。」という当社グループの姿勢や思いをお伝えしています。

撮影現場レポート

今回の撮影は、実在する民家をお借りして撮影しました。昭和を感じさせるノスタルジックな外観に、立派な縁側と庭のある日本家屋の懐かしさと温もりを感じながら、現場はとても良い雰囲気で撮影を進めることが出来ました。
2度目の出演となる研究員は、約2年ぶりの撮影という事で最初は緊張気味でしたが、撮影が進むにつれてその緊張もほぐれたようで、監督の指導のもと積極的に演技に挑戦していました。
古き良き日本家屋の雰囲気と実在するデジタルカメラの研究員が臨場感ある日常を演出し、家庭での「節電」に積極的に取り組む様子を印象的に表現しています。

ナレーターに、THE BOOM「宮沢和史さん」を起用

ナレーターは、ロックバンドのTHE BOOM、GANGA ZUMBAのボーカリスト、シンガーソングライター、俳優として幅広く活躍されている宮沢和史(みやざわかずふみ)さんです。
自身が作詞・作曲した大ヒット曲「島唄」は、日本国内だけでなく世界各国の人を魅了し、現在も多くのアーティストにカバーされています。
宮沢さんの誠実かつ心に響く力強い声で、社会に貢献する当社の企業姿勢と思いをお伝えします。

スタッフ

クリエイティブディレクター TUGBOAT
コピーライター TUGBOAT
CMプランナー TUGBOAT
ディレクター 山本一麿
撮影 辺見法久
美術 相馬直樹
照明 渡邉隆伺
スタイリスト 伊藤佐智子
ヘアメイク 筒井智美
音楽 MR.MUSIC
ナレーター 宮沢和史
プロデューサー 森崎 秀嗣
豊岡 将和
制作会社 ビスポークフィルム
広告会社 (株)電通

関連情報

「生活の質の向上」のために、富士フイルムグループが果たす社会的責任とは。

先進独自の技術を分かりやすくご紹介します。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る