ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


企業広告「世界は、ひとつずつ変えることができる。」テレビCM

 

レントゲン差分画像技術篇

※画面をクリックするとムービーが再生されます。音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

  • 放映開始日:2012年1月28日より

ストーリー

TVCMでは、「レントゲン(*)差分画像技術」の開発に取り組んだ、実在の研究員が登場します。「過去と現在のレントゲン画像」を解析し、がんの早期発見に貢献する技術で人々の健康を守る当社の姿勢やメッセージを伝えてまいります。
※ ここでいう「レントゲン」は、「胸部単純X線画像」を指します。

「過去と現在のレントゲン」のわずかな変化を強調。早期の小さながんを見つけやすくする。

レントゲン差分画像技術とは、検診などで撮影された同じ患者さんの「過去と現在のレントゲン画像」を独自の特殊マッチング技術で重ね合わせ、過去から現在で変化している部分=異常と想定される部分を強調することができる技術です。これにより、早期の小さながんが見つけやすくなります。
過去と現在の画像には、身体の向き、体形の変化、呼吸や心拍などによってズレが生じてしまいます。
富士フイルムの画像解析技術のノウハウとレントゲン画像の膨大な解析データを活かした特殊マッチング技術は、過去と現在の画像のズレを自動補正し胸部の組織を高精度で重ね合わせることができるため、わずかな変化も抽出することが可能になります。
この技術は、医師の診断をサポートし、日本の5大がんのひとつである肺がんの早期発見に役立っています。

医師の負担軽減に貢献

企業などで行う定期検診では、医師(読影医)がたくさんのレントゲン画像を、限られた時間の中で注意深く診断するのは大変負担のかかることでした。
このレントゲン差分画像技術は、「異常と想定される部分」を分かりやすく表示し集中するポイントがはっきりするため、負担を軽減することができると多くの医師や医療関係者から高い評価をいただいています。

「不思議の国のアリス」原作の挿絵をもとにオリジナル制作。かわいい双子姉妹がわずかな違いを探す。

この技術は「わずかな違い」を探すことがテーマです。CMでは、わずかな違いはただ比べても分かりにくいことを「間違い探しの絵」に喩えて表現しています。CMで使用したのは「不思議の国のアリス」の原作に描かれていた挿絵をもとにオリジナルで描きおこしたものです。2つの絵画のどこが違うのか、よく見るとウサギが持っている時計の針がない・・・!
CMの後半では、そのわずかな違いをアリスの世界から抜けだしてきたような、かわいい双子の姉妹が拡大鏡を持って探します。わずかな違いを持つ双子が、2つの絵のわずかな違いを探している。そのちょっと不思議な光景がCMをチャーミングにしています。絵画の違いを探すシーンでは、二人の動きが自然とシンクロして息のあったところを見せ、「さすが双子!」と撮影スタッフ一同、思わず声をあげました。

TVCMで使用した楽曲について

本シリーズのCM音楽には、NEW YORK の「Q Department(キューデパートメント)」を起用しています。 「Q Department(キューデパートメント)」は、NYを拠点にする最先端の音楽制作・サウンドデザイン集団として、CM・テレビ番組・インタラクティブ・ゲームなどで幅広く活躍しています。

ナレーターに、THE BOOM 宮沢和史さんを起用

ナレーターには、ロックバンドのTHE BOOM、GANGA ZUMBAのボーカリスト、シンガーソングライター、俳優として幅広く活躍されている、宮沢和史(みやざわかずふみ)さんを起用しています。大ヒット曲「島唄」は、日本国内だけでなく世界中で知られており、日本を代表するミュージシャンの一人です。

スタッフ

クリエイティブディレクター TUGBOAT
CMプランナー TUGBOAT、町田 聖二、佐藤 雄介
コピーライター 赤石正人
ディレクター サノ☆ユタカ
撮影 石田 東
プロデューサー 森崎 秀嗣、豊岡 将和
音楽プロデュース MR.MUSIC 渡辺 秀文
音楽制作 Q Department(キューデパートメント)
ナレーター 宮沢 和史
双子の姉妹 みみ・もも
イラスト ENLIGHTENMENT(エンライトメント)
クリエーティブエージェンシー TUGBOAT
制作会社 ビスポークフィルム
広告会社 (株)電通

関連情報

肺がんの早期発見をサポートする当社の「レントゲン差分画像技術」のご紹介。

人々の健康にかかわる「予防」「診断」「治療」の3つの領域においてビジネスを展開しています。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る