ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


スキンケア化粧品「ASTALIFT(アスタリフト)」テレビCM

 

「衝撃の出会い 2012年冬」篇

[写真] 「衝撃の出会い 2012年冬」篇

  • 放映開始日:2012年12月7日より

ストーリー

今冬のTVCMでは、「アスタリフト ベースメイクシリーズ」の特長である、地下鉄、直射日光、蛍光灯の下などのさまざまな光源下でも、肌をくすみ知らずのライトアップ肌へ導くことを伝えてまいります。また、今春発売し好評を博している「アスタリフト ライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラー」から、新たに限定品が発売したこともアピールしていきます。

「アスタリフト ライトアナライジング メラノレタッチコンシーラー」は、写真分野で培った「光をコントロールする技術」を駆使し、シミ特有の光の吸収と反射をコントロール。あらゆる色や明るさのシミを、1色でカバーします。

CMのバックで流れる、巨匠ミッシェル・ルグランが制作し、1967年に公開したフランスの名作ミュージカル映画「ロシュフォールの恋人たち」で使われた名曲「ARRIVEE DES CAMIONNEURS(邦題:キャラバンの到着)」が、大物タレント二人の登場感を盛り上げ、よりCMを魅力的に仕上げています。

「衝撃の出会い 2012年冬」篇(30秒)

バックに軽快な音楽が流れる中、丸の内のオフィス街をかばんを持ちながらさっそうと歩く、松田聖子さん。「光を操る技術」「ファンデーション」というタイトルが次々と現れる中、同じくオフィス街の反対側から小泉今日子さんが軽快に歩いてきます。
「富士フイルム独自の、光を操る技術と、ファンデーションの…」とナレーションが流れる中、歩道の真ん中で松田さんと小泉さんのお二人がバッタリと出会い、お互い見つめ合いながら、松田さんが「衝撃の」、小泉さんが「出会い」とつぶやきます。
画面は変わり、「アスタリフト ベースメイクシリーズ」というナレーションとともに、「ファンデーション」が映ります。
出会った二人が、「バンッ」「バーンッ」と格好良く撃つようなしぐさをすると、「地下鉄」「直射日光」「蛍光灯の下」というタイトルが撃たれてはじけ飛びます。同時に、「地下鉄の窓際に立つ小泉さん」「地下鉄のホームに立つ松田さん」「直射日光の下にいる小泉さん」「暗い蛍光灯の下にいる松田さん」、照明の異なるさまざまな場所にいても美しい二人の姿が映る中、「光コントロールパウダーで どんな光の下でも あなたの肌を、くすみ知らずのライトアップ肌へ」というナレーションが流れ、「光コントロールメイク術」のテロップと、ベースメイクシリーズ3商品が登場します。
続いて、「さらに、どんな肌色でもこれ一本でシミをカバー」というナレーションとともに、「コンシーラー」が登場します。
最後に、ゴールドのコンシーラーが登場し、限定品が新発売したことをアピールします。

スタッフ

CD 佐々木 宏
企画 福里 真一
プロデューサー 玖島 裕
菅原 江美
プロダクションマネージャー 西脇 大我
屋代 竜太郎
コピーライター 児島 令子
福里 真一
アートディレクター 水口 克夫
浜辺 明弘
ディレクター 田中 秀幸
撮影 内田 将二
照明 米井 章文
美術 柳町 建夫
スタイリスト 竹内 道江(松田 聖子)
宇都宮 いく子(小泉 今日子)
ヘア・メイク 神尾 貞延(松田 聖子)
宮坂 和典(小泉 今日子)
タレント 松田 聖子
小泉 今日子
ナレーター 椙本 滋
制作 (株)電通

関連情報

広告に使われていた製品・サービスを探したい方はこちら。

光の「色」と「角度」による肌色の印象の変化を抑制して、どんな光環境下においても肌を美しく見せるベースメイクシリーズ。

エイジングケアを目的とした化粧品シリーズ。

エイジングサインが気になる方へ。アスタリフトをぜひお試しください。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る