ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


スキンケア化粧品「ASTALIFT(アスタリフト)」テレビCM

 

「歌う、聖子さんと松さん」篇

[写真] 「歌う、聖子さんと松さん」篇

  • 放映開始日:2014年10月25日より

ストーリー

「ASTALIFTスキンケアシリーズ」は、当社が写真フィルムの研究開発を通じて長年蓄積してきた独自技術によって生まれた商品であり、今回のTVCMでも、赤い天然の成分アスタキサンチンが当社独自のナノ化技術で、肌に浸透する(*1)こと、ひいては、そのようなサイエンスに裏付けられた根拠があってこその、ASTALIFTがお客さまに提供する価値である、いつまでも輝きにあふれた人生「幸せなエイジング。」を高らかに謳ってまいります。

今回のCMでは、ブランドミューズとして松田聖子さん、そして松たか子さんのご両名が登場します。
お二人がそれぞれ、赤の力で幸せにエイジングケア(*2)を朗らかに実践し、実に生き生きと過ごされている姿を、聖子さんの名曲「赤いスイートピー」を歌いつなぎ、ASTALIFTブランドがお客さまに提供する価値である、いつまでも輝きにあふれた人生「幸せなエイジング。」を表現する という見応えのある内容となっております。

また、WebのASTALIFT Special Siteでは、聖子さん、松さん、それぞれが単独で歌うSpecial Movieも公開されます。

  • *1:角層まで。
  • *2:エイジングケアとは、保湿による年齢に応じたお手入れを示します。

アスタリフト「歌う、聖子さんと松さん」篇(30秒)

真っ白な抽象空間で、赤いワンピース姿の松田聖子さんが、名曲「赤いスイートピー」を歌っています。

そして、次のフレーズでは、赤いシャツに身を包んだ松たか子さんが、歌いつないでいきます。

【タイトル : ナノアスタキサンチン 赤の力で】&【ナレーション : 赤の力で、】
【タイトル&ナレーション : 浸透感がちがう】

お二人の、鏡の前での肌のお手入れシーンのインサート後、お二人の歌唱は盛り上がりを迎え、そこに、ASTALIFTブランドが提供する価値を示したコピー「幸せなエイジング。」が入ってきます。

【タイトル&ナレーション : 幸せなエイジング。 ASTALIFT FUJIFILM】

TVCMの見どころ

何といっても、聖子さんと松さんが、それぞれに「赤いスイートピー」を、生き生きと、情感たっぷりに見事に歌い上げてくれていることにつきます。

誰もが知っている、聖子さんの名曲「赤いスイートピー」を歌う、お二人の輝くような肌と、生き生きとした表情は、まさにASTALIFTブランドが提供する「幸せなエイジング。」への共感を獲得します。

お二人の歌については、スタッフ一同、素晴らしい歌唱力に圧巻で、立ち上がっての拍手がわき起こりました!

松田聖子さんのコメント

赤い化粧品ASTALIFTの新しいCMの中で、「赤いスイートピー」を、松さんと一緒に歌わせていただくことができてとても嬉しかったです。「幸せな気持ち」を感じながら歌うことができました。

松たか子さんのコメント

このCMで聖子さんと一緒に私の歌が入ること、光栄に思いますが、かなり、緊張しました。 「幸せなエイジング。」、私もこの考え方、とても素敵だと思います。

スタッフ

CD 佐々木 宏
企画 福里 真一
コピーライター 児島 令子
福里 真一
アートディレクター 浜辺 明弘
プロデューサー 玖島 裕
菅原 江美
プロダクションマネージャー 橋本 夏
間下 みのり
ディレクター 関谷 宗介
撮影 清家 正信
照明 高田 一郎
美術 斉藤 松太郎
スタイリスト 竹内 道江(松田 聖子)
梅山 弘子(松 たか子)
ヘア・メイク 神尾 貞延(松田 聖子)
中野 明海(松 たか子)
楽曲 「赤いスイートピー」
出演者 松田 聖子
松 たか子
ナレーター 松田 聖子
松 たか子
キャスティング 増田 恵子
石田 光俊
音楽 緑川 徹
河副 洋之
制作 (株)電通

関連情報

広告に使われていた製品・サービスを探したい方はこちら。

エイジングケアを目的とした化粧品シリーズ。

エイジングサインが気になる方へ。アスタリフトをぜひお試しください。

光の「色」と「角度」による肌色の印象の変化を抑制して、どんな光環境下においても肌を美しく見せるベースメイクシリーズ。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る