ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


スキンケア化粧品「ASTALIFT(アスタリフト)」テレビCM

 

「水の壁・ローション」篇

※画面をクリックするとムービーが再生されます。音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

  • 放映開始日:2017年4月8日より

ストーリー

新製品の「アスタリフト ホワイト ブライトローション」は、美白(*1)有効成分「アルブチン」に加え、くすみ(*2)をケアする「フェルラ酸(*3)」を組み合わせた複合成分「ナノAMA+(エーエムエープラス)(*4)」を新たに配合した美白化粧水です。「ナノAMA+」が、肌にみずみずしいうるおいを与えるとともに、くすみもケア。また、独自技術でナノ分散した「ナノアスタキサンチン(*5)」が肌にハリを与えます。一般的にスキンケア化粧品の中で、最も使用率が高いとされる化粧水に、新たな成分を配合してリニューアルすることで「アスタリフト ホワイト」シリーズをさらに強化し、より多くのお客さまにご愛用いただけることを目指します。

「アスタリフト ホワイト パーフェクトUVクリアソリューション」で紫外線を防ぎ、「アスタリフト ホワイト ブライトローション」でくすみをケアしていただくことで、輝くような透明感とハリを、ぜひご体感ください。

今回のTVCMでは、昨秋に引き続きブランドミューズとして、「高畑充希さん」が登場。潤いと輝きをイメージした「水の壁に覆われた世界」と、強い日差しが差し込む天空まで伸びる柱が並ぶ「回廊の世界」での、彼女の高い演技力と透き通るような美しい素肌にぜひご注目ください。

  • *1 美白とはメラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐこと。美白有効成分としてアルブチンを配合。パーフェクトUVクリアソリューションによる美白とは、メイクアップ効果によるもの。
  • *2 くすみとは、乾燥によって肌が暗く見えること。くすみケアとは、肌にうるおいを与え明るい印象に導くケアのこと。
  • *3 うるおい成分。フェルラ酸は、米や小麦などの穀物に多く含まれ、優れた保湿力を有するポリフェノールの一種。
  • *4 うるおい成分。独自技術でナノ分散したナノAMAとフェルラ酸からなる複合成分。
  • *5 「アスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリス油、うるおい成分)」の乳化物を、100ナノメートル以下のサイズにしたもの(うるおい成分)。

アスタリフト「水の壁・ローション」篇

水でできた壁の中を、ゆっくりと歩く高畑さん。水面に映る自分の肌を見て、肌の「くすみ」にはっと気づきます。すると水面から「ブライトローション」が登場。しっかり浸透するローションによって透明感とハリを実感した高畑さんは、自信に満ちた笑顔で、美白の未来を思い描きます。

スタッフ

CD/PL 高柳 謙介(電通)
CW/PL 小野 麻利江(電通)
檀上 真里奈(電通)
AD 勝又 祐子(電通)
CP 近田 理英(電通クリエーティブフォース)
Pr 西村 哲一(21 インコーポレーション)
中村 充男(21 インコーポレーション)
石渡 健二(21 インコーポレーション)
PM 伊藤 菜月子(21 インコーポレーション)
野口 克樹(21インコーポレーション)
演出 佐藤 有一郎
撮影 正田 真弘(WHITNEY)
照明 HIGASIX(WHITNEY)
美術 酒井 俊英(TATEO)
特機 小笠原 康人(Arrive)
DIT 瀧 祐介(レスパス)
CG Animation Café
音楽制作会社 Syn USA,Inc.
音楽プロデューサー 松宮 聖也(Syn USA,Inc.)
ミキサー/MA 品川 大
オフラインエディター 餌取 志保(SPEC)
オンラインエディター 辻 高廣
スタイリスト 梅山 弘子(kiki INC)
ヘア・メイク 中野 明海(ピースデリック)
出演者 高畑 充希
ナレーター 高畑 充希/牛水 里美
キャスティング 増田 恵子(Gambit)
石田 光俊(Gambit)
広告会社 (株)電通

関連情報

広告に使われていた製品・サービスを探したい方はこちら。

エイジングケアを目的とした化粧品シリーズ。

エイジングサインが気になる方へ。アスタリフトをぜひお試しください。

光の「色」と「角度」による肌色の印象の変化を抑制して、どんな光環境下においても肌を美しく見せるベースメイクシリーズ。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る