ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

デジタルカメラテレビCM

 

FUJIFILM X-T1「安珠」篇、「ハービー・山口」篇、「HABU」篇

[写真]FUJIFILM X-T1「安珠」篇、「ハービー・山口」篇、「HABU」篇

  • 放映開始日:2014年3月15日より

ストーリー

「FUJIFILM X-T1」は、当社の創立80周年記念モデルとしても位置づけており、X-T1の「T」には、画質と性能への信頼を表す「Trust」、堅牢(ろう)性の「Tough」の意味を込め、画質と機動性を両立したプレミアムミラーレスカメラの決定版といえます。
世界最大0.77倍(*1)の表示倍率という大きさに、世界最短0.005秒(*2)のタイムラグで映像が表示される電子ビューファインダーを搭載。さらに、防塵・防滴・-10℃の耐低温性能や、世界最速0.08秒(*3)の高速AF、高級一眼レフに匹敵する最速8.0コマ/秒のAF追従連写を実現し、幅広い撮影領域で「Xシリーズ」ならではの高画質撮影を楽しんでいただくことのできるモデルです。

  • *1 デジタルカメラで最大。35mm判換算 50mmレンズ、無限遠、視度-1.0m-1の時。2014年1月現在。当社調べ。
  • *2 2014年1月現在。当社調べ。
  • *3 APS-C型以上のセンサーを搭載したデジタルカメラにおいて。CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、ハイパフォーマンスモードON時。フジノンレンズ「XF14mmF2.8 R」装着時。2014年1月当社調べ。

今回のTVCMでは、当社が80年間、写真フィルムのメーカーとして研究し続けてきた色や画質へのこだわり。その原点に立ち返った、FUJIFILMの色。FUJIFILMの写真。そこから、プロの写真家が認めている「X シリーズ」の画質というものを伝えるべく、3人の写真家の方々にご出演いただきます。

出演いただく3人の写真家は、HABUさん、ハービー・山口さん、安珠さん。3人には、実際に「X-T1」を使い込んで頂き、「X-T1」で撮った写真作品とともに、「X-T1」の圧倒的な高画質と色の素晴らしさを語って頂きます。

「写真家 安珠」篇(30秒)

写真家 安珠さんが、その小さく華奢な手に自然に収まるX-T1とともに、富士フイルムならではの「肌の色の再現性」について語って頂きました。人物を撮る際に、肌の色や質感の描写力は重要なポイント。富士フイルムの「X」シリーズは、肌の色がキレイに再現できるので、ぜひ人物を撮ってみたい。安珠さん自らおっしゃってくださいました。そして、若々しくも妖艶なバレリーナを被写体に撮影。安珠さんが、バレリーナの素晴らしい表情を引き出してくれます。

Na : 「X-T1は肌の色をキレイに再現できるので、ぜひ人物を撮りたいと思いました。」
(安珠さん)

Na : 「肌の色の再現性が、すごく、なんて言うんだろう、
内側から、こう、輝いてみえるっていうのかな。」(安珠さん)

Na : 「生命力がある、っていうふうに見えますので、それは、とても気に入っていますね。」
(安珠さん)

Na : 「FUJIFILMの色。FUJIFILMの写真。」
「X-T1。」(ナレーター)

Na : 「記憶に残る、美しい肌の色が撮れますね。」(安珠さん)

CI & NA : FUJIFILM

制作秘話

安珠さんがカメラを持ち、撮影する姿。綺麗なカメラマンが、カッコよく、美しい女性を撮る。そんな狙い通りの映像になりました。今回のCMでは、バレリーナの写真が登場。その写真を撮る風景シーンもCMで流しております。
実際に、安珠さんが写真を撮影する雰囲気も垣間見れるのではないでしょうか。まさに作品を生み出す、真剣で緊迫した空気というものが現場に漂わせながら、安珠さんがバレリーナに言葉を掛けることで、ふわっと緊張をほどき、ドキッとするような表情を引き出します。その写真の中の表情、肌の質感からは、人間の活力や生命力が伝わってきます。
ちなみにCM制作現場では、撮影のオン・オフに関わらず、安珠さんが発する言葉で、被写体だけでなく、現場スタッフ全員も明るく、前向きな気持ちになってしまう雰囲気を作ってくださいました。撮影終了の際も、安珠さんの発案で、当日スタッフ全員による“変顔”記念撮影!(こちらは非公開)。
そんな安珠さんは、東北の被災地および東京の希望あふれる若者を撮影した写真展を準備中。これもまた見る人に明るく前向き、希望を与えてくれる写真展になるはずです。

「写真家 ハービー・山口」篇(30秒)

新製品X-T1を携え、写真家 ハービー・山口さんが愛着を持ってX-T1を触りながら、富士フイルムのレンズのボケ味やピントのキレ味をしみじみと語っていただきます。そして、ハービーさん行きつけの花屋では、店内に並ぶ色彩豊かな花に囲まれながら、女性のポートレートを撮るシーン。そのシーンで実際に撮った写真を眺めながら、「色のキレイさ」を実感していただきました。
BGMは、シンディ・ローパーの「True Colors」。まさに、真実の色。

制作秘話

「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」というテーマで写真を撮り続けているハービー・山口さん。人物を撮る、その人の自然な表情を引き出す。その雰囲気づくり、特に言葉の掛け方、ハービーさんならではのテクニックだなあと、現場スタッフは一同感心しました。今回ハービーさん行きつけの花屋さんにて、ポートレートの撮影および撮影するシーンを行いましたが、見事な話術?で女性に自然な笑みが溢れます。
ムービーでご自身が撮影されながら、撮った写真であるにもかかわらず、キレイで見事な写真作品がその場で生まれました。ハービーさんといえばモノクロ写真のイメージが持たれる方も多いと思います。この日に撮影された一枚にもモノクロの素晴らしい作品があったのですが、花の色と背景のボケがバランスよく表現された一枚がCMでは使用されました。その写真と、まさにその写真を撮るハービーさんの姿(動き)を、シンディ・ローパー「True Colors」の曲とともにご覧下さい。
ハービーさんの写真のテーマ「人間の希望を撮りたい」が胸に響き、伝わる。そんなCMとしてご覧いただければと思います。

「写真家 HABU」篇(30秒)

新製品X-T1を携え、いざオーストラリアへ。そこで出会った鮮やかな青空を写真に収めます。CMでは、HABU氏がX-T1を使ってみて感じた「画質の良さ」「色再現力」について語って頂きました。「今まではフィルムでしか表現出来なかった鮮やかな青が再現出来る」デジタルカメラであることを伝えています。

TVCM楽曲「True Colors」について

今回のTVCMで起用した楽曲『True Colors』は、1986年、全米ビルボードチャートで2週連続1位を記録した、アメリカの歌手シンディ・ローパーの代表曲。シンディの個性的なボーカルによる「True Colors」という歌詞が、写真の「色」という言葉とシンクロし、CMの映像をより印象的に演出してくれました。

制作秘話

「空の写真家」として知られるHABUさんは32歳のサラリーマン時代に出張で行ったオーストラリアに一目惚れし、写真家を目指す決心をされました。そんな原点の場所であるオーストラリアで、CMで使用する写真を撮影。しかし、滞在した今年1月は毎日40度以上の記録的な熱波。澄み渡る晴れの日が続くのですが、画になる雲が一切出ない日々。帰国日間近に、ようやく撮りたい空と遭遇。その一瞬しか見せない空の表情を切り撮り、その写真作品がこのCMで登場します。

HABUさんの写真展には、美しい空や雲の写真に癒しを求めて、たくさんの人々が訪れますが、今回の撮影スタッフ一同も、HABUさんの写真に見惚れてしまい、忙しい撮影の合間にもかかわらず、心を優しくほぐされました。
HABUさん曰く、「空を撮るということは、自分の心を撮るということ」。
一番身近にある大空。ちょっと立ち止まって空を見上げ、「Xシリーズ」で撮ってみてはいかがでしょうか?

スタッフリスト

クリエイティブディレクター 箭内 道彦(風とロック/すき あいたい ヤバい)
クリエイティブプロデューサー 平井 真央(風とロック)
デザイナー 村橋 満(すき あいたい ヤバい)
プロデューサー 内田 現/川崎 洋平(ロックンロール・ジャパン)
プロダクションマネージャー 伊藤馨吾/飯田彩子(ロックンロール・ジャパン)
ディレクター 箭内 道彦(風とロック/すき あいたい ヤバい)
カメラマン 内田 将二
照明 米井 章文
ミキサー 増富 和音
音楽 シンディ・ローパー「True Colors」
スタイリスト 安野 ともこ(「安珠」篇)
ゴウダアツコ(「ハービー・山口」篇、「HABU」篇)
ヘア・メイク 藤原 美智子(「安珠」篇)
鈴木みなこ(「ハービー・山口」篇、「HABU」篇)
出演 安珠、ハービー・山口、HABU
ナレーター スネオヘアー
制作 (株)博報堂

関連情報

世界最大0.77倍の表示倍率と、世界最短0.005秒のタイムラグで映像を表示する電子ビューファインダー「リアルタイム・ビューファインダー」を搭載したプレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」のご紹介。

富士フイルムのレンズ交換式プレミアムカメラ「FUJIFILM X-T1」のスペシャルサイト。世界中のフォトグラファーが撮影したFUJIFILM X-T1の作品、FUJIFILM X-T1の開発秘話をご覧いただけます。

プロ写真家による使用感レビューや、XFレンズで撮影された作品を掲載。

周辺解像度と周辺光量に配慮し色収差を徹底的に抑えた、非球面レンズを含む高品質なオールガラス製レンズ「フジノン XFレンズ」についてご紹介。

独自の光学技術を結集した「フジノン XFレンズ」のロードマップをご紹介。

XシリーズのカメラとFUJINON XFレンズで撮影された作品を集めたオンラインギャラリーです。

様々な分野で活躍する写真家が、「FUJIFILM Xシリーズ」で撮影した作品を集めたオンラインギャラリーです。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る