ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ステークホルダーとの関わり

 

企業はさまざまなステークホルダーとかかわりながら活動を行っています。CSRの基本は、企業が自ら抱える課題と社会が抱える課題を同じ視点で捉え、ステークホルダーとの調和を図りながら、解決に努め、成長していくことであると考えています。ここでは、ステークホルダーごとのコミュニケーションという視点で、対話の手段や、労働環境・社会会計をご紹介します。

ステークホルダーとの対話の手段

従業員

CSRを推進する上で、従業員は中心的な役割を担うステークホルダーです。

対話の手段

  • 人事部の窓口や人事部面談
  • 富士フイルムグループ・コンプライアンス・セクハラ・ヘルプライン
  • 労働組合と会社の定例会
  • ステークホルダー・ダイアログ
  • 働きがい向上に関する意識調査

調達先

調達先は、安全で環境に配慮した製品を継続的に提供するための重要なパートナーです。

対話の手段

  • 資材部門(お問い合わせ窓口)
  • CSR部門(お問い合わせ窓口)
  • 調達先向けの説明会(グリーン調達、含有化学物質管理)や企業環境グリーン度調査
  • 調達先との定期的な協議
  • 資材調達のウェブサイト

コミュニティ(地域社会)

特に生産活動を行う事業所では、地域共生・環境保全は、CSRの重要な要素と考え、地域とのコミュニケーションを推進しています。

対話の手段

  • 各工場・事業所の窓口(お問い合わせ窓口)
  • 環境対話集会
  • 工場見学
  • 地域でのボランティア活動
  • 地域での講演会や説明会
  • 自治体(市役所や市長、自治会長など)との定期的な協議

株主・投資家

企業価値を正しくご理解いただくことを常に意識し、国内・海外に向けたIR情報のタイムリーな開示に努めています。

対話の手段

  • IR室(お問い合わせ窓口)
  • 投資家向け説明会や投資家訪問
  • 株主総会
  • IR情報のウェブサイト

お取引先

お取引先は、新しい価値創造を社会に提案していく上で、重要なパートナーであり、協働と支援の両面で製品開発を行っています。

対話の手段

  • 販売会社、営業・販売部門(お問い合わせ窓口)
  • お取引先との定期的な協議
  • 製品、材料開発時のご相談や共同開発
  • 展示会、イベント、学会への参加

NGO・NPO

環境保全や教育活動に取り組むNGO・NPOへの支援活動を継続的に行っています。

対話の手段

  • 総務部門(お問い合わせ窓口)
  • CSR部門(お問い合わせ窓口)
  • 公益信託富士フイルム・グリーンファンド事務局
  • ステークホルダー・ダイアログ
  • ピンクリボン運動

お客さま

お客さまのご意見・ご要望を製品やサービス、そして企業活動へと反映する活動は、メーカーとしての重要な課題です。

対話の手段

  • カスタマー・センター(お問い合わせ窓口)
  • FUJIFILM SQUARE(ショールーム)
  • 技術サポートセンター
  • 修理サービスセンター
  • サービスステーション
  • ユーザビリティ評価会やモニター調査
  • フォトコンテスト、写真展、写真教室
  • イベント、展示会、セミナー

将来世代

未来社会を担う将来世代に向けた教育活動も、企業の社会的責任の一つであると考え、教育支援には力を注いで進めています。

対話の手段

  • 授業への講師派遣や学校イベントへの参加
  • 課外授業などでの工場見学受け入れ
  • NGOと協働した環境教育活動

業界団体・行政・ビジネスパートナー

RoHS指令・REACH規則などの法規制に対応するため、各業界団体とともに積極的に活動しています。

対話の手段

  • 業界ガイドラインづくりへの参画
  • 業界団体を通じてパブリックコメントの表明
  • 病院・大学との共同研究や寄付講座の開設

労働環境・社会会計

2016年度の概要

  • 労働環境の整備や社会貢献に要した費用をステークホルダー別に分類集計したものです。
  • 従業員に対しては、労働安全衛生の確保や、社員教育をはじめとした人材育成などに力を注いでいます。
  • コミュニティに対しては、日本写真保存センター設立支援などの費用が含まれています。
    また「社会への文化芸術振興」として、写真文化の保存と発信基地としてのフジフイルム スクエアやフォトコンテストの費用も含まれています。
対象期間
2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)
集計範囲
富士フイルムグループ国内69社(富士フイルムホールディングス、富士フイルム、富士フイルムの関係会社19社、富士ゼロックス、富士ゼロックスの関係会社46社、富山化学工業)
基本事項
  • 労働環境・社会会計の目的
    従業員の労働環境の整備および社会貢献に費やした金額を集計し、富士フイルムグループとしてこれらの分野の取り組み状況を把握します。
  • 集計方法
    当該年度の支出(投資も含む)を集計しました。投資設備に関する減価償却費は含まれません。なお、従業員への教育や社会貢献などは、一部環境会計と重複する数字も含まれます。

労働環境・社会会計の内訳

(金額単位:百万円)
ステークホルダー 目的 コスト合計
2015年度 2016年度
従業員 労働安全衛生 1,903 1,694
人材育成 3,011 3,037
多様性の確保 829 705
働きやすい職場づくり 1,194 1,119
お客さま お客さま対応・安全確保 258 266
将来世代 将来世代への教育活動 12 80
コミュニティ(地域社会・行政) 地域社会との調和 94 221
社会への文化芸術振興(国内) 902 985
国際社会 国際社会の文化・社会への配慮 103 134
NGO・NPO NGO・NPOとの協働 17 62
調達先 製品への配慮 57 59
合 計 8,382 8,363

就業日のボランティア

(金額単位:百万円)
  2014年度 2015年度 2016年度
ボランティア時間 1,435時間 1,505時間 1,117時間
ボランティア費用 4 4 6
ボランティア活動について

従業員が就業日に行った地域の清掃などのボランティア活動の時間とそれに相当する賃金およびその活動にかけた経費を集計。

関連情報

生活の質の向上を目指す、わたしたちの企業理念をご紹介します。

皆さまから信頼される企業を目指し、健全な経営に取り組んでいます。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る