ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

コンプライアンス教育

 

富士フイルムでは各階層に向けたコンプライアンス教育を実施しています。役員向けには外部講師を招きコンプライアンスセミナーを実施、実例を多数盛り込み、社会の動向を睨みながら、リスク管理することの重要性について解説しています。

新たに管理職になった新任マネージャーにはCSRを管掌する役員、もしくはCSR部門の役職者から毎年講話を行い、新入社員にはコンプライアンス&リスク管理部が研修を実施しています。
さらに、富士フイルムと国内関係会社の役職者に対しては、事例を使用したケースメソッド研修も継続的に実施しています。

国内の全従業員向けの教育としては、行動規範の徹底を目的に、2003年から全役職者に、さらに2006年からは国内関係会社の役職者にも対象を広げ、コンプライアンス&リスク管理部が年1回コンプライアンス説明会を実施しています。
この説明会の後は、役職者が各職場で自分の部下に、コンプライアンス説明会の内容を少しかみ砕いた形で説明すると共に、コンプライアンス事例研究シートなどのツールを利用して、身近なコンプライアンス問題について、ディスカッションを行っています。

合わせて、日常業務の遂行により密接な法律基礎知識の周知と、法務リスクへの感度向上を目的として、2009年から年1回、法務部により富士ゼロックスグループを含めた従業員に対して「法律基礎知識 理解度チェック」を実施しています。

海外については、現地でのコンプライアンス推進施策の実態調査を行い、その結果を参考に、現地と連携を取りながら、現地事情も考慮した新たな推進施策を支援しています。

関連情報

生活の質の向上を目指す、わたしたちの企業理念をご紹介します。

公正な企業活動を営むための5つの原則。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る