ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ISO10002の自己適合宣言

 

国内のイメージング事業およびヘルスケア事業に関わる、富士フイルムおよび関係会社2社は、「お客さま満足」を経営の基本とし、国際規格ISO10002(苦情対応マネジメントシステム)に適合したお客さま応対を進めていくことを宣言します。

国内のイメージング事業(カラーフィルム、デジタルカメラを中心とする事業)に関わる富士フイルムおよび富士フイルムテクノサービスは、2006年8月24日、国際規格であるISO10002(苦情対応マネジメントシステム)(*1)への自己適合宣言(*2)をしました。また、2008年9月30日、国内のヘルスケア事業に関わる富士フイルムおよび富士フイルムヘルスケアラボラトリーは、ヘルスケア事業について自己適合宣言をしました。

2012年2月および6月の組織変更により、ISO10002自己適合宣言の対象事業および組織は以下の通りです。
対象事業:イメージング事業、ヘルスケア事業
対象組織(2017年1月現在)

  • 富士フイルム株式会社
  • 株式会社富士フイルムテクノサービス
  • 株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー

今後ともISO10002 を活用して、お客さま応対品質の向上を図り、お客さまに更にご満足をいただけるよう、信頼につながる活動を推進してまいります。

  • *1 ISO10002:2004 年にISO(国際標準化機構)によって制定された、苦情対応に関する国際規格です。お客さま応対品質の向上のために、2000 年に日本で制定された苦情対応マネジメントシステム「JIS Z 9920」に代わる新しい規格として制定されました。
  • *2 自己適合宣言:ISO10002 は、苦情対応のための指針(ガイドライン)です。ISO9001 やISO14001 のように、審査機関による第三者認証を受ける規格とは異なり、組織は、規格に適合したシステムを自ら構築し、自らの意思と責任において適合を宣言することができます。そのため、システムの実際の運用過程や内部監査などを通じ、その適合レベルを継続的に高めていく活動が求められます。

関連情報

生活の質の向上を目指す、わたしたちの企業理念をご紹介します。

FAQや各種ダウンロードファイルなど、製品・サービスに関するサポート情報を発信しています。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る