ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

人材育成と活躍

 

成長事業の創出・育成し、それをグローバルに展開する原動力となる人材を育成し、最大限に能力を発揮できる活躍の場を提供しています。

多様な社員一人ひとりが最大限能力を発揮し、自分の強みを持ち、効率的な働き方で成果を出す

富士フイルムは、変化が激しい事業環境の中で、変化を恐れず勇気を持って挑戦し、コーポレートスローガン「Value from Innovation」の実現を目指しています。
そのために、多様な社員一人ひとりが個人の持つ能力を最大限発揮し、自分の強みを持ち、効率的な働き方で成果を出す企業風土を醸成しています。強みを伸ばし個性豊かな社員がぶつかり合うエネルギーでイノベーションを起こします。

富士フイルムが目指す人材

富士フイルムでは、目指す人材として、6点を挙げています。

  1. グローバルに活躍できる
    富士フイルムの多岐に亘る事業は、グローバルに展開しています。そのグローバル市場で活躍するためには、語学の習得、相手の文化的背景を理解し、意見をきちんと聞き、そして自分の考えをはっきりと主張することが必要です。
  2. 高い専門力を発揮する
    プロフェッショナルグローバル市場に限らず、仕事をする上では、自分が関わる事業領域、機能領域、技術領域での専門軸を持ち、その専門力を磨き、高いレベルで発揮するプロフェッショナルな仕事のやり方を身につけることが重要です。
  3. オーナーシップを持つ
    一人ひとりが自分の仕事にオーナーシップを持ち、自分の守備範囲を狭めることなく主体的に行動することによって、大きな成果を生み出します。
  4. 素早く学び直す
    ICT技術の急速な発達とグローバル化の伸展など、これまで経験の無いスピードで企業環境が変化している中では、市場価値の高い自分の強みを身につけ、学び直しながら社会環境の変化に対応していくことが求められています。
  5. 変革のためのリーダーシップを発揮する
    グローバル化、多事業化が進む中、組織を率いて、大きな成果を上げる強いリーダーが必要です。(1)従来の延長線上でなく、さらなる変化を作り出しイノベーションを起こす。(2)多様な部下を育て、組織を前向きにモチベートする。これらを実践する変革のためのリーダーシップが求められています。
  6. 短い労働時間で高い成果を上げる
    これまでの働き方を見直し、社員一人ひとりが短い労働時間でより高い成果を生み出す働き方に変えて、生産性の高い組織を目指します。

ビジネスにおける人のあらゆるパフォーマンスはその人の持つ人間力の総和です。何事からも謙虚に学び、仕事を通しての経験が人間としての成長につながり、成長した自分がより価値のある仕事を成し遂げるというポジティブなスパイラルを実現することが求められています。

[写真]富士フイルムが求める人材像のイメージ

富士フイルムが求める人材像のイメージ

関連情報

富士フイルムグループの幅広い事業や経営戦略をご紹介します。

富士フイルムで働くことにご興味ある方はこちらから。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る