ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

IMS活動の紹介

 

各活動組織体における、IMS構築から現在に至るまでのストーリーを紹介します。

はじめに

富士フイルムグループでは、本社部門より2004年から、品質マネジメントシステム(以下QMS)と環境マネジメントシステム(以下EMS)の統合運用による統合マネジメントシステム(以下IMS)の構築に取り組みました。2006年にIMSの運用証明を取得しています。その後、QMSやEMSが個別活動であった生産部門や、グループ会社へのIMSの適用拡大を進めました。富士フイルムグループでは、7つの活動組織体(図表を参照ください)があります。また組織の特長に合わせて、情報セキュリティマネジメントシステム(以下ISMS)や労働安全衛生マネジメントシステム(以下OHSAS)を組織の特長に合わせ統合運用の規格拡大も進めています。
富士フイルムでは、IMSを単にISO規格要求への対応ではなく、経営に役立てる業務変革や業務改善のツールとして継続的に進化させ、業務に密着・一体化し運用しています。

富士フイルムグループのIMS活動組織体概要(2017年1月時点)

活動組織体名称 参画会社・部門 活動人数 IMS運用証明取得年 特長
富士フイルム本社グループIMS 富士フイルムホールディングス/富士フイルム 本社部門/グループ会社 約6600名 2006年 国内最大のIMS活動人数規模。本社部門・販売や生産のグループ会社が参加。
QMS、EMS、OHSAS、ISMS、苦情対応MSの5規格統合マニュアルで運用。
富士フイルム神奈川事業場IMS 富士フイルム 神奈川工場部門/研究所/グループ会社 約3100名 2009年 国内生産拠点では最大のIMS活動人数規模。QMS、EMS、OHSASの3規格統合運用。
富士フイルム富士宮事業場IMS 富士フイルム 富士宮工場部門/研究所/グループ会社 約1300名 2011年 QMS、EMS、OHSASの3規格統合運用。
富士フイルム吉田南事業場IMS 富士フイルム 吉田南 研究所/グループ会社 約650名 2011年 QMS、EMS、OHSASの3規格統合マニュアルで運用。
富士フイルム九州IMS 富士フイルム九州 約330名 2008年 QMS、EMS、OHSASの3規格統合運用。
富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズIMS 富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ 約200名 2008年 OHSASを営業部門にも適用したQMS、EMS、OHSASの3規格統合運用。
富士フイルムオプトマテリアルズIMS 富士フイルムオプトマテリアルズ 吉田工場 約320名 2004年 富士フイルムグループで初のIMS認証取得。

関連情報

皆さまから信頼される企業を目指し、健全な経営に取り組んでいます。

公正な企業活動を営むための5つの原則。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る