ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

化学物質管理の基本的な考え方

 

富士フイルムグループは、「富士フイルムグループ グリーン・ポリシー」に基づき、化学物質管理および製品含有化学物質管理のレベルアップを行動指針の一つとして定め、製品のライフサイクルにおける自然環境への影響、製品使用時のお客さまの安全、製品製造時の従業員の安全等を評価し、継続的に化学物質のリスク低減に努めています。
化学物質の管理には、化学物質自体を安全に取り扱うこと、および製品のライフサイクルを通じて原料、部品や製品自体に含まれる化学物質の情報を正確に把握することの2つの側面があります。
そこで、リスク評価の高精度化や管理規則の順守徹底により化学物質取り扱い時の安全管理レベル向上を図るとともに、サプライチェーンでの化学物質情報共有の積極的取り組みや、化学物質規制に先駆けた自主基準導入により、製品含有化学物質管理の強化を進めています。

化学物質管理総合的リスク管理の仕組み

[図]化学物質管理総合的リスク管理の仕組み

関連する基準・規則

  • 化学物質管理基準(化学物質環境安全管理規則、アーティクル含有化学物質管理規則)
  • 事業所の環境・安全管理および運営管理基準(化学物質リスク評価および管理手順、製品含有化学物質管理ガイドライン)
  • 製品管理基準(環境配慮設計規則)

管理対象とする化学物質の範囲(富士フイルム)

化学物質および混合物(化学物質約8,000種)
  1. 富士フイルムとその関係会社が販売・提供する製品の原材料化学物質
  2. 化学製品
  3. 富士フイルムまたは、関係会社の処方による製造で使用される溶剤、原料および中間体
  4. 製造設備や施設の運転、操作、維持に関わる化学物質
  5. 研究開発および検査用化学物質
製品(アーティクル)に含まれる化学物質 材料製品、包装材料、機器に含まれる管理すべき化学物質

化学物質の分類と分類の基準(富士フイルム)

製品の原材料に限らず洗浄液など、製造設備の操作・維持に関わる化学物質も含め、富士フイルムで取り扱うすべての化学物質について、下記の分類に基づき管理しています。

化学物質および混合物の分類と分類の基準

化学物質分類 化学物質分類の基準 管理内容
禁止 中止または使用量・排出量削減の計画立案と実施 密閉化または限定管理の実施 リスク評価に基づく管理 一般管理(法およびFMSDS(*1)に基づく管理)
C0
  1. 法律により取り扱い禁止
  2. 管理方針により取り扱い禁止(水銀化合物、カドミウムおよびその化合物など)
C1
  1. 管理方針により、中止、使用量・排出量削減(六価クロム化合物、ホルマリン、ジクロロメタンなど)
C2
  1. 法律による届け出/認可が必要
  2. 作用が著しく強い特定のハザードを有する(発がん性、爆発性など)
  3. 管理方針により取り扱い限定(鉛化合物、メチルセロソルブなど)
C3
  1. 特定の法規制などに該当する
  2. 特定のハザードを有する
C4 C0~C3分類化学物質以外
S 特別管理物質 代替化、使用・排出・暴露量低減などを目標とする研究開始、保護具などの防護装置
  • *1 FMSDS(Fujifilm Material Safety Data Sheetの略)とは社内独自のSDSのことです。

製品(アーティクル)に含まれる化学物質の分類と基準

化学物質分類 化学物質分類の基準
含有制限化学物質 法令、または方針により、製品(アーティクル)への含有を禁止または制限する。
含有量把握管理化学物質 製品(アーティクル)に含有されている場合に、その含有量を把握、管理する。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る