ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


化学物質の安全性評価

 

富士フイルムでは、企画・開発・製品化・製造・販売など全ての工程において適切な化学物質管理を徹底しています。ここでは、そのために必要な化学物質の安全性評価を行っている安全性評価センターの活動を紹介します。

富士フイルムおよび関係会社の安全性評価
-製品の安全性を評価した上で社会に提供-

富士フイルム安全性評価センターは、富士フイルムで開発・使用される各種の化学物質・材料・製品の安全性全般を評価する役割を果たしています。以下のようなさまざまな製品に使用されている化学物質の安全性を評価した上で、地球環境やヒトの健康に配慮した製品を社会にお届けしています。このような安全性評価を担っているのが、国際的にも通用する信頼性の高い施設である「安全性評価センター」です。

[写真]フォトブック製品

フォトブック製品

[写真]高機能化学品

高機能化学品

[写真]ディスプレイ材料

ディスプレイ材料

安全性評価センターの役割

安全性評価センターは、昭和50年に化学物質の安全性試験の実施のため、当時の環境管理部の試験部門として設立され、富士フイルムで開発・使用される各種の化学物質・材料・製品の開発初期から製品化に至る各段階で、地球環境やヒトの健康にかかわる安全性を評価する役割を果たしています。具体的には、国際的に通用する信頼性の高い“GLP試験施設”として、“化学物質の法対応試験”“製品の安全性試験”“労働安全衛生のための試験”などの幅広い試験を実施しています。これらの試験は、富士フイルムだけでなく外部からの受託試験としても実施しており、GLP試験施設としての機能を社会に役立てています。(*1)

近年、富士フイルムでは高機能材料やヘルスケア分野などに事業が拡大しており、“環境品質”の高い新製品創出のために、安全性評価技術も強化・拡充しています。具体的には、“材料開発者が利用しやすい安全性データベース環境を整備”し、“細胞毒性・遺伝子発現などの毒性スクリーニング”や“毒性の定量的構造活性相関による予測”の技術を構築し、安全な製品の開発に取り組んでいます。

  • *1 平成20年度には経済産業省から「POPS条約への議論」のための試験(分解度・分配係数・加水分解)を受託しました。(POPS条約:残留性有機汚染物質から、人の健康の保護および環境の保全を図るため、2001年5月に採択された「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」)

お問い合わせ

化学物質の安全性試験の受託サービスに関するお問い合わせは富士フイルム(株) CSR推進部 環境・品質マネジメント部 安全性評価センター(〒250-0193 神奈川県南足柄市中沼210)が承っております。
本サービスの詳細・お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム(株)
CSR推進部 環境・品質マネジメント部 安全性評価センター
TEL : 0465-73-7440 FAX : 0465-73-7975
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

化学物質の安全性試験の受託サービスに関するお問い合わせは富士フイルム(株) CSR推進部 環境・品質マネジメント部 安全性評価センターが承っております。
本サービスの詳細・お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム(株)
CSR推進部 環境・品質マネジメント部 安全性評価センター
TEL : 0465-73-7440 FAX : 0465-73-7975
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る