ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

製品使用時の化学物質管理

 

富士フイルムでは、社会の要請にこたえ、常に一歩先行した取り組みを行い、製品・商品に含有化学物質管理をグローバルで徹底させ、取引先やお客さまとの情報共有を図っていきます。ここでは、製品使用時の取り組みについてご紹介します。

含有化学物質管理の世界的な潮流

近年、世界の環境関連の法規制は厳しさを増し、なかでも化学物質に関する規制は、市場への参加権に関わる事項であり、事業の存続を維持するため、企業は緊急の対応に迫られています。
1992年のリオサミットを皮切りに、21世紀に向けた化学物質管理の方向が示され、2002年のヨハネスブルグサミットでは、「2020年までに有害な化学物質の使用を最小にする」との具体的な目標が採択されました。この世界的な潮流を受け、欧州では2003年にRoHS指令(*1)(2006年7月施行、2011年7月改正)、2006年にはREACH規則(*2)(2007年6月施行)が公布されました。製品に含まれる化学物質(含有化学物質)の管理の強化(情報収集および情報開示)が厳しく要請され、企業には具体的な行動が求められるようになってきています。
富士フイルムは、このような社会の要請にこたえ、世界基準をクリアするため、常に一歩先行した化学物質管理の対応で、枠組み作成や運用規定の整備、システム構築など、グループ全体で高度な製品含有化学物質管理に計画的に取り組んでいます。

  • *1 RoHS指令(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment):欧州における電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令。2006年7月1日から電気・電子機器へのカドミウム、水銀、鉛、六価クロムおよび臭素系難燃剤(PBB、PBDE)の使用を禁止。2011年7月1日改正。
  • *2 REACH規則(The Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals):欧州の化学物質管理に関する法律。新規化学物質だけでなく、既存化学物質やアーティクル(機器や材料など成型品)に含有する化学物質も管理対象。化学品の登録、評価、認可および制限により管理する。

サプライチェーン全体に関わる情報管理

RoHS指令やREACH規制が求める含有化学物質管理に、迅速かつ的確に、無駄なく対応するためには、サプライチェーン間の情報共有が不可欠となり、そのための仕組みの構築が重要となります。
富士フイルムでは、原材料からアーティクル、完成品など、サプライチェーンのすべての領域に関わっていることから、対応すべき事項の幅が非常に広くなっています。この点を考慮し、産業界を横断して製品に含まれる化学物質の管理方式の共通化を目指して設立されたJAMP(アーティクルマネジメント推進協議会)が策定した共通書式JAMP MSDSplusおよびJAMP AISを採用し、サプライチェーンの川上に位置する化学メーカー、川中に位置するアーティクルメーカー(部品・部材)、川下に位置するセットメーカーなど、お取引先と協力しながら取り組み、必要な情報収集と開示を進めています。

サプライチェーンにおける製品含有化学物質情報の流れ

[図]サプライチェーンにおける製品含有化学物質情報の流れ



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る