ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


LCA(ライフサイクルアセスメント)分析

 

2016年度のLCA分析

富士フイルムグループの2016年度の実績

[図]2016年のLCA分析

(富士フイルムホールディングス「サステナビリティレポート2017」 35ページより引用)

解説

富士フイルムおよび関連会社(以下、富士フイルムと記します)では、LCA手法(*1)を用いて、環境負荷(CO2に換算した地球温暖化ガス)の全体像を把握しています。製品製造のための原料などの「調達」から製品の「製造」、「輸送」、ユーザーの製品「使用」、「廃棄」に到るまでの各ステージにおいて生じる環境負荷を俯瞰することで、どのライフステージにどの程度の環境負荷が生じるかを知ることができます。これにより、効果的な環境負荷低減に向けてどのような施策を行うべきかが分かるようになります。

*1 LCA手法: Life Cycle Assessmentの略で、製品製造について、原料等の「調達」から「製造」、「輸送」、「使用」、「廃棄」までのライフステージ全体の環境影響を定量的に評価する手法です。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る