ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

廃棄物の削減/ゼロエミッション

 

富士フイルム(日本)および関係会社(日本)では2003年度にゼロエミッションを達成してからも、引き続き廃棄物管理レベルの向上に努めています。今後の課題として、生産拠点ごとに外部委託している廃棄物の処理および有価物化を富士ゼロックスと協働して全体最適化(*1)に取り組んでいます。

富士フイルムの海外生産拠点である関係会社、新しく富士フイルムホールディングスグループに加わった会社でのゼロエミッション達成で、特に廃棄物発生量の多いサイトを中心に改善を進めています。なお、ゼロエミッションの定義は、「事業活動で発生する廃棄物を再資源化し、廃棄物の単純償却、単純埋立をゼロにすること」としています。

  • *1 拠点ごとでは少量で再資源化出来ない廃油や廃プラスチックをエリアごとにまとめることで高度な再資源化を可能にする。

廃棄物発生量の推移(富士フイルムおよび関係会社)

(単位:千トン/年)
  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
国内連結 25.5 26.6 25.9 24.0 23.6
海外連結 30.6 36.1 33.7 34.1 31.6
国内外連結合計 56.1 62.7 59.6 58.1 55.2

廃棄物の主なリサイクル方法

廃棄物 リサイクル方法
プラスチック(分別品) パレット、配管、衣服、断熱材
プラスチック(混合品) 高炉原料
磁気テープ 高炉原料・畳床材・断熱材
フィルター 高炉原料
水酸化アルミ アルミナ、硫酸バンド
無機汚泥・研磨剤 セメント、路盤材、建築用資材
有機溶剤 塗料用シンナー
酸・アルカリ 中和剤
可燃性廃棄物の混合品 固形燃料、発電・温水製造
蛍光灯 グラスウール、水銀
電池 亜鉛、鉄精錬
残飯・生ゴミ・有機汚泥 肥料、飼料
書類、空箱 再生紙
鉄、アルミ、銅など、金属類 金属精錬

産業廃棄物処理委託先調査・評価システムの運用

富士フイルムおよび関係会社の展開

2004年度より、産業廃棄物の処理を委託している産業廃棄物処理業者を調査・評価する全社的システムを構築し、産業廃棄物処理委託先の協力を得ながら、厳正な調査・評価を実施しています。自治体の条例で義務づけられた産業廃棄物処理委託先の現地確認も、2006年度から同じシステムで対応しています。また、調査項目の改善や、調査担当者の力量を保証する調査・評価資格認定制度を2007年度に導入しました。現在、認定を受け調査・評価を行う者は、富士フイルムグループでは57名(平成28年10月)となっています。必要に応じてシステムを見直し、継続的に改善を進めています。調査した委託先の評価はすべて、「産業廃棄物処理委託先調査・評価データベース」に登録し、富士フイルムグループ共通の廃棄物管理情報として、廃棄物管理ガバナンスの強化に役立てています。

「産業廃棄物処理委託先調査・評価システム」の導入実績

(平成29年1月)

富士フイルム
(一部関係会社も含む)
販売系グループ会社 生産系グループ会社
神奈川工場
(足柄サイト)
(小田原サイト)
富士宮工場
吉田南工場
R&D 開成
東京本社
富士フイルム
 オプトマテリアルズ
富士フイルム九州
大宮事業所
富士フイルムメディカル
富士フイルム
 グローバルグラフィック
 システムズ
富士フイルムテクノプロダクツ
富士フイルムファインケミカルズ
富士フイルムビジネスサプライ
富士フイルムビジネスエキスパート
富士フイルムロジスティックス
富士フイルムソフトウエア
富士フイルムイメージング
 システムズ
富士フイルムオプティクス
富士フイルムRI ファーマ
富士フイルムエレクトロニクス
 マテリアルズ
富士フイルムテクノサービス
富士フイルムメディアクレスト
ペルセウスプロテオミクス


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る