ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

排水

 

環境への化学物質の排出を抑制するため、富士フイルムおよび関係会社では、水質に関して法規制値より厳しい基準値を設け、徹底した自己管理を行っています。

水質汚濁物質負荷・排出量(*1)の推移(富士フイルムおよび関連会社)

(単位:トン)
  2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
COD排出量(*2) 日本 84.1 93.2 85.0 85.2 82.3
海外 15.3 21.7 24.4 31.3 57.0
グループ合計 99.4 115.0 109.5 116.5 139.4
BOD排出量(*3) 日本 45.5 46.7 43.6 43.3 38.3
海外 5.5 6.2 2.9 1.6 10.1
グループ合計 51.0 52.8 46.5 45.0 48.3
総窒素排出量 日本 282.3 254.5 259.0 246.5 223.3
総リン排出量 日本 9.1 5.2 2.5 3.4 5.3
  • *1 公共用水域に排出した量
  • *2 COD(化学的酸素要求量):水の汚れを示す指標です。水中の汚れ(主に有機性汚濁物質)が、酸化剤によって酸化されるときに消費される酸素の量を示す。
  • *3 BOD(生物化学的酸素要求量):水の汚れの程度を示す尺度のひとつで、汚れを分解する微生物がどのくらい水中の酸素を使ったかを指し、酸素の減った量で表します。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る