ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

事業場の環境保全

 

富士フイルムおよび関係会社では、「富士フイルムグループグリーン・ポリシー」の重点実施事項のひとつとして、積極的に「生産サイト等での環境保全」を進めています。

  • (1) 開発・生産・ラボなどの法規制対象物質使用事業場においては、土壌・地下水、排水、揮発性有機化合物大気排出量のモニタリングを定期的に実施するとともに、管理体制の維持向上を進めています。
  • (2) 国内生産会社は化学物質漏えい対策として、配管・ピット・タンクなどの地上化、二重化などの早期発見を可能とする施策を継続して実施しています。
  • (3) 国内グループ各社は、ゼロエミッションを継続させています。さらに資源リサイクルの質的な改善も実施しています。海外グループ会社は国別の状況に対応して別途目標を定めています。
  • (4) 国内グループ各社は、廃棄物関連教育の充実および適正管理の徹底を図っています。また処理委託先の実態調査を実施し、法規制を順守した廃棄物管理の確実化を進めています。海外グループ各社は、国別の状況に合わせた適正管理を徹底させています。

環境法規制動向の把握やその対応、環境保全および環境負荷削減活動の策定やチェック、過去の負の遺産処理などを進めています。

大気質に関して法規制値より厳しい基準値を設け、徹底した自己管理を行っています。

水質に関して法規制値より厳しい基準値を設け、徹底した自己管理を行っています。


化学物質の漏えいリスクに対して、未然防止と早期発見を可能とする施策を継続して実施しています。

PCB

厳重に保管・管理しているPCB含有機器類について、早い段階での処理完了を目指しています。

法規制の強化を踏まえて、アスベストを含有する製品、建物、設備の調査は実施済みです。


関連情報

生活の質の向上を目指す、わたしたちの企業理念をご紹介します。

人々の生活の質の向上と、社会の持続可能な発展に貢献するために。

グループ全体で、製品・サービス・企業活動における高い「環境品質」を目指しています。

富士フイルムの幅広い事業領域についてご紹介します。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る