ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

PCB

 

ポリ塩化ビフェニール(PCB)の管理

2001年に成立した「ポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」に基づくPCB含有機器類の処理が日本環境安全事業(株)ならびに環境大臣の許可をうけた処理会社で始まっており、富士フイルムでは、現在厳重に保管・管理しているそれら廃棄物の早期処理を目指しています。
一方、富士フイルムが製造していた感圧紙(ノーカーボン紙)は、発色材溶解オイルに一時期PCBを使用していました。1971年からはPCBを一切使用しない感圧紙に切り替えましたが、PCBを使用していた時代に発生した低濃度PCBを含む浚渫物10,394m3を富士宮工場で保有・管理しています。富士フイルムは富士宮市と共同で毎年定期的に観測用井戸水のPCB調査を実施し、地下水への漏えいがないことを確認するとともに、適正な処理計画の検討を進めています。地域にお住まいの皆さまには定期的に進捗状況をご報告いたしております。

PCBを含む(*1)機器などの保管・管理状況(2015年6月時点)

PCBを含む機器などの区分 単位 保管・管理数量
日本 グループ合計
高圧トランス 18 32
高圧コンデンサー 297 387
廃PCB油など kg 188.1 188.1
蛍光灯の安定器 14,225 14,225
蛍光灯以外の低圧コンデンサー 117,092 117,092
低圧トランス 20 20
ウエスなど kg 914.4 914.4
その他機器 14 14
  • *1 PCB特別措置法に基づく高濃度PCB含有物のみ


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る