ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

RECRUITMENT 2018

踏み出せ、道を拓け。
踏み出せ、道を拓け。

常に競争にさらされる中で、高い水準の技術の蓄積と、世界をリードする製品、そしてマーケティング力が求められるグローバル市場。富士フイルムは創業以来、そのグローバル市場を舞台に、ビジネスを展開してきました。創業して4年後の1938年に輸出を開始。その後、1958年には販売会社をブラジルに設立。1960年代後半からは世界規模で輸出を拡大し、1990年代には、日本・米国・欧州・中国のグローバル4極生産体制を築き上げました。

富士フイルムの海外ビジネスは、“ローカライゼーション”、つまり自ら市場の中に入ってニーズを掘り起こし、市場そのものを創造していくスタイル。世界各地で、現地に根差した、生産・販売・サービスの強力なネットワークづくりに取組んできました。

富士フイルムが現在、成長戦略として重視しているのは、世界経済を牽引する新興国市場や、当社シェアが低い地域での拡販・シェアアップです。これらの市場に、人材をはじめとする経営資源を集中投入し、現地のニーズに合った良質でコストパフォーマンスの高い製品をタイムリーに提供することで、事業部・現地法人一丸となって、積極的に拡販を進めています。

富士フイルムのグローバル展開

富士フイルムは、駐在員として現地で活躍する若手社員の力に期待しています。すでに多くの若手社員が、米州・欧州を始め、新興国などでアグレッシブに市場での拡販に挑んでいます。駐在員に求められるのは、国内では考えられないほど広範な役割を担う力、文化・商習慣・価値観が異なる国で自らの意志・富士フイルムとしての方針を伝えて共感させる力。そのためには、チャレンジしていく強いマインドと行動力が必要とされます。その道のりは困難の連続ですが、世界を舞台にビジネスを成功に導く経験は、若い社員に確実に自らの成長と桁違いの達成感をもたらしています。

海外経験を持つ、若手社員を増やすと同時に、グローバル化に対応するための人事施策を拡充しています。「海外トレーニー制度」「短期テーマ派遣制度」を新設し、1カ月〜1年程度の短期派遣を実施。社員一人ひとりがグローバルスケールで物事を考え、世界を舞台に活躍すること。それが富士フイルムのさらなる成長に繋がっていきます。

世界に広がる富士フイルムグループ

グローバル人材育成 Global Training

変化の激しいグローバル市場で勝ち抜くためには、グローバル社会における多様性を前提に、論理的に物事を考え、自分の考えを筋道立てて主張することのできる「グローバル人材」の育成が必要です。

富士フイルムの「グローバル人材」育成に向けたプログラムをご紹介します。

短期テーマ派遣制度 約1ヶ月~半年間、海外現地法人でローカルスタッフと共に働いて実情を把握し、今後の業務に生かすことを目的としています。
トレーニー制度 海外の語学学校など専門教育機関への通学、研修プログラムへの参加を通じて、富士フイルムの各分野におけるグローバルビジネスリーダーおよび高度専門家を育成します。
海外留学制度 (1)専門留学:現在携わっている業務と関連した専門的知識の獲得を目的として実施する留学です。
(2)一般留学:今後の当社の事業展開に有益な知識・スキル・見識を備えた人材の育成を主目的とし、広範な知識の獲得を目的として実施する留学です。
欧米ビジネススクール
短期MOT(技術経営)
欧米ビジネススクールにおける海外上級マネージャーとのMOT討議を通じて、英語交渉力と最新の技術マネジメントスキルを有したグローバル研究開発マネージャーを育成します。
インドMOT研修 インドの厳しい環境下での語学研修・MOT履修を通じて、高い英語運用能力・異文化適応能力と実践的なMOTスキルを有したグローバル研究開発リーダーを育成します。
海外赴任前研修 海外で求められる役割を遂行し、ビジネス拡大に寄与するために必要な基礎知識、スキルを学びます。
グローバル・
プレゼンス
異文化と相対した際に自分の力を最大限発揮するためのマインドセット、スキルをプレゼンテーション実践を通して学びます。
語学強化 英語や中国語の通信教育コースを受講したり、定時後、社内に講師を招いたレッスンを受けることが出来ます。各自のレベルに合わせてコースを選択することが可能です。
with Passion
with Passion

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る