ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧

→ニュース画像へ

ケータイプリンタ「Pivi」MP-300
手のひらサイズで持ち運びが便利!デジタルカメラからのプリントもより簡単に!
ケータイプリンタ「Pivi」MP-300
世界初、高速赤外線通信機能も搭載し、瞬時の画像受信が可能に!
新 発 売


平成18年5月30日
富士写真フイルム株式会社

 富士写真フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、赤外線通信でカメラ付き携帯電話などから撮影した画像を高画質にプリントする「Pivi(ピヴィ)」のニューラインアップとして、デジタルカメラからのプリント機能を強化したケータイプリンタ「Pivi」(MP-300)を、富士フイルムイメージング株式会社(社長:田中 康夫)を通じて6月下旬より発売いたします。

 ケータイプリンタ「Pivi」は、小型・軽量・薄型で、カメラ付き携帯電話と一緒に持ち歩くことができ、撮った画像をその場でカードサイズのプリントにして楽しめるコミュニケーションツールとして、若い女性を中心に高く評価されています。また、それと同時に、「デジタルカメラで撮った画像も『Pivi』で簡単にプリントしたい」という数多くのご要望をいただいております。

 今回発売しますケータイプリンタ「Pivi」(MP-300)は、持ち運びに便利な手のひらサイズで重さ225g(電池・フィルム別)の軽量コンパクトなボディに、従来の赤外線インターフェースに加え、USB(PictBridge専用)インターフェースを搭載しました。USBインターフェースを使えば、PictBridge対応のデジタルカメラであれば、簡単に「Pivi」に画像を転送しプリントすることができます。また、電源に電池を使用しており、室内はもとより屋外にプリンターを持ち出し、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮った画像をその場で簡単にプリントすることもできます。

 また、ケータイプリンタ「Pivi」(MP-300)は、瞬時に※1 画像を受信できる最新の高速赤外線通信機能(IrSimple™)※2 をモバイルプリンターとしては世界で初めて※3 搭載しました。今回「Pivi」(MP-300)と同時発売を予定している「デジタルカメラ FinePix Z3」など、高速赤外線通信機能(IrSimple™)に対応したデジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影・送信した画像データを、わずか1秒以下で受信することができます。

 さらに、ケータイプリンタ「Pivi」(MP-300)には、従来どおり、当社独自の画像処理技術「Image Intelligence™」※4 を搭載しており、超高画質のプリントが楽しめます。今回、新たに、プリントに撮影日付を写しこむ「DATEボタン」や、プリント画質をよりくっきりした仕上がりにする「SHARPENボタン」など、より楽しんでいただける機能も充実させました。

 パーティやイベント、旅先などで撮った写真をその場でプリントすれば、人と人とのコミュニケーションがより楽しく、また思い出深いものになります。富士フイルムは、ケータイプリンタ「Pivi」(MP-300)をはじめとしたPiviシリーズを通じ、今後もお客さまにより楽しく豊かなフォトコミュニケーションを提案してまいります。

※1
FinePix Z3の場合、約0.6秒。NTTDoCoMo FOMA SH902iS,DOLCE SL(FOMA SH902iSL)の場合、約0.3秒で受信可能。
従来に比べ、最大60倍の速度の高速通信を実現。Pivi推奨画像サイズ640×480(VGA)受信時、当社試験条件による。
 
※2
IrSimple™ はInfrared Data Association® の商標です。
 
※3
平成18年5月30日現在、モバイルプリンターにおいて(当社調べ)
 
※4
「Image Intelligence™」は、当社独自の「撮影および被写体条件を自動的に解析し、用途・媒体に合った最適画像を表現する」超高画質デジタル画像ソフトウェア技術です。Piviには「プリントに合った最適画像を表現する」技術が搭載されています。





1. 製品名フジフイルム モバイルプリンター MP-300

2. 発売日平成18年6月下旬

3. メーカー希望小売価格  オープン

4. 主な特長
 
(1) USB(PictBridge専用)インターフェースを標準装備
赤外線インターフェースに加え、USBインターフェースを装備したことにより、PictBridge対応のデジタルカメラからも、ダイレクトにプリントすることが可能。
 
(2) 高速赤外線通信機能(IrSimple™)を搭載し、瞬時に画像を受信
高速赤外線通信機能を搭載したデジタルカメラやカメラ付き携帯電話から、高画質画像を瞬時にワイヤレスで受信することが可能。
 
(3) 高速出力
受信したデータに最適な画像処理(処理時間約3秒程度)を加え、その後、約20秒でフィルムが送り出されます。
(Pivi推奨画像サイズ640×480(VGA)受信時、当社試験条件による。処理時間は画像サイズにより変わります)
 
(4) 持ち運びに便利なリチウム電池使用
リチウム電池を電源として使用するため、屋外への持ち出しが可能。
なお、別売のACパワーアダプターAC-5VXもご利用いただけます。
 
(5) 撮影日付をプリントに刻印※5
“DATEボタン”を押すことにより、撮影した日付をプリントに写しこむことが可能。
プリントされる日付は、送信されたデータに含まれている日付です。(EXIF形式に対応)
※5
画像を加工した場合(撮影後にフレームを合成するなど)は、画像の日付記録が書き換わる場合があります。
 
(6) 画質の向上
“SHARPENボタン”を押すことにより、受信した画像データを解析し、人物の顔や肌などは柔らかく自然な雰囲気を維持しながら、画像全体をクッキリと仕上げるために、最適なシャープネス処理を施します。

5. 赤外線送信対応機種 (平成18年5月30日現在)
 
(1) 高速赤外線通信機能(IrSimple™)対応
<デジタルカメラ>
 FUJIFILM : FinePix Z3
<携帯電話>
NTT DoCoMo : FOMA SH902iS、DOLCE SL(FOMA SH902iSL)(株式会社NTTドコモより発売予定)
 
(2) 通常赤外線(IrDA)対応
<デジタルカメラ>
 FUJIFILM : FinePix Z2/FinePix Z1/nexia Q1 digital
<携帯電話>
赤外線通信可能なカメラ付き携帯電話
詳しくは、「http://pivi.jp」をご覧ください。

6. 主な仕様
 
使用フィルム
フジフイルム インスタックス デジタルフィルム (Pivi専用フィルム)
プリント画面サイズ
61mm×46mm (フィルムサイズ86mm×54mm)
表示
フィルムカウンター(残数表示)
電源(POWERボタン)
ERRORランプ
LOW BATTERYランプ
SHARPENランプ
DATEランプ
PictBridgeランプ
操作ボタン
POWERボタン(電源)
REPRINTボタン(最後の画像を再プリント)
SHARPENボタン(SHARPENモード/画像補正)
DATEボタン(DATEモード/日付プリント)
インターフェース
赤外線(IrSimple™、IrDA)※6
USB(PictBridge専用)
記録方式
液晶シャッターによる3色(RGB)LED露光方式
プリント階調
RGB各色256階調
プリント可能
 画像フォーマット
JPEG
プリント可能
 画像サイズ
60×60 〜 6400×6400ピクセル
プリント可能
 最大データ容量
FIR/IrSimple™ 双方向通信モード、SIR/IrSimple™ 双方向通信モード、IrDA、
PictBridgeの場合、無制限
FIR/IrSimpleShot™ ※7 (片方向通信モード)の場合、1MBまで
画像補正機能
Image Intelligence™
SHARPENモード
画像書き込み時間
画像データ受信完了後、書き込みから送り出しまで約20秒(標準VGA 画像使用時)
電源
リチウム電池CR2 2本
ACパワーアダプター(別売:AC-5VX)
プリント可能枚数
(リチウム電池使用時)
赤外線通信のみ使用時:約100枚(当社試験条件による)
PictBridge通信のみ使用時:約70枚(当社試験条件による)
消費電力
3.0W(プリント時)
オートパワーオフ時間
電源にリチウム電池使用時:3分
電源にACパワーアダプター使用時:10分
動作温度
+5 ℃〜+40 ℃(結露のないこと)
大きさ
146mm×102mm×29mm
本体質量 (電池・フィルム別)
225g
 
※6
SIR/IrSimpleShot™(片方向通信モード)には対応しておりません。
※7
IrSimpleShot™ はInfrared Data Association® の商標です。
仕様・性能は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。


ケータイプリンタ「Pivi」MP-300




本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
お客さま お客様コミュニケーションセンター TEL 03-3406-2981
報道関係 コーポレートコミュニケーション部 広報部 TEL 03-3406-2490

関連リンク 関連リンク更新日 平成19年10月11日
最新のニュースリリース
ニュースリリース一覧へ
ページ先頭へ戻る