ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧

→ニュース画像へ

FCR デジタルマンモグラフィ CAD 「MV-SR657」
富士フイルム コンピューター乳がん検出支援システムを発売!
乳がん早期発見に向け、医師の読影を強力にサポート
FCR デジタルマンモグラフィ CAD 「MV-SR657」


平成20年2月6日
富士フイルム株式会社

 富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、コンピューター乳がん検出支援システム FCR デジタルマンモグラフィ CAD 「MV-SR657」を、富士フイルムメディカル株式会社(社長:加藤 久豊)を通じ、2月6日より発売いたします。

 「FCR デジタルマンモグラフィ CAD(Computer Aided Detection)」は、乳がん検診時に「FCR」(*1)で撮影されたマンモグラフィ画像をコンピューターが解析し、乳がんの特徴を示す部位を表示することで、診断をサポートするコンピューター検出支援システムです。日本人女性の乳房は、欧米人に比べ乳腺構造が発達しているという特徴があります。富士フイルムは、日本国内の豊富な症例をもとに独自のプログラムで検出アルゴリズムを開発し、微小石灰化や腫瘤など、乳がん患部の特徴を示す部位の高い検出率を実現しました。さらに各々の部位をワンクリックで容易に拡大表示することが可能です。乳がん診断は、「雪山で白うさぎを見つけるに等しい」と例えられるほど、画像の読影が難しいとされており、CADによって、医師の診断精度への貢献が見込まれます。国が、がん検診率50%を目指す中、昨今の乳がん検診受診者の増加により、大量の読影が必要とされる医師の読影業務を支援して、乳がんの早期発見に寄与していきます。

 当社は、1983年に世界に先駆け医療用デジタルX線画像診断システム「FCR」を発売し、医療用画像のデジタル化を実現。2003年にはマンモグラフィ対応の「FCR PROFECT CS」(*2)を発売し、乳がんの早期発見に貢献しています。この「FCR PROFECT CS」は世界での総販売台数がすでに5,000台を超え、国内外の多くの医療機関から高い信頼と評価を得ています。また、当社はピンクリボン運動(*3)への協賛や、最近ではテレビ企業コマーシャルを通じて、乳がん早期発見の重要性を訴求しておりますが、「FCR デジタルマンモグラフィ CAD」の発売により、乳がん診断をさらに強力にサポートし、がんの早期発見・診断精度の向上に取り組んでまいります。

 富士フイルムは、『先進・独自の技術をもって、人々のクォリティ オブ ライフのさらなる向上に寄与していく』という企業理念のもと、重点事業分野である「メディカル・ライフサイエンス事業」の取り組みを強化しています。今後も、幅広い画像診断ニーズに対応した最適なソリューションをご提供し、医療の質や効率の向上、人々の健康の維持増進、クォリティ オブ ライフのさらなる向上に貢献してまいります。

*1 
Fuji Computed Radiographyの略。イメージングプレート(IP)に記録したX線画像情報を読み取り、診断目的に合わせて最適なデジタル画像処理を行うことで高精度の診断画像を生成する医療用デジタルX線画像診断システムです。
*2 
マンモグラフィ用としてイメージングプレート(IP)に記録したX線画像情報を50μmスキャンの高精細読取と両面集光読取技術により、20pix/mmの高解像度を実現。微小石灰化を鮮明に描出した高画質画像を提供できる医療用デジタルX線画像診断システムです。
*3 
ピンクリボン運動は乳がんの撲滅、検診の早期受診を啓蒙・推進するために行われる世界規模のキャンペーンです。





1. 発売日平成20年2月6日
2. 製品名FCR デジタルマンモグラフィ CAD 「MV-SR657」
(薬事販売名:医療用画像処理表示装置 MV-SR657)
3. 標準価格 : 「MV-SR657」 一式(*4)   20,000,000円(税別)
*4 
商品構成はCAD内蔵のPC1台+操作画面表示用モニター(3メガピクセル)1台です。SYNAPSE用の専用のマンモビューワは別オプションです。

4. CADの使い方 : 
CADは検出支援システムで、医師による読影実施後に使用されるものです。 使用方法は以下のとおりです。
CADは検出支援システム 使用方法

5. 主な特長
(1) FCRで撮影されたマンモグラフィに対して、CAD処理を行うことが可能です。
(2) 本装置を経由してSYNAPSE(*5)に画像保存すれば、SYNAPSEでもCADの結果を表示できます(*6)
*5 
SYNAPSEは富士フイルムが販売しているPACS(医用画像情報システム)の販売名称です。
*6 
別途専用のマンモビューワが必要です。


FCR デジタルマンモグラフィ CAD 「MV-SR657」




本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
お客さま 富士フイルムメディカル株式会社 営業統括本部 TEL 03-6419-8033
報道関係 富士フイルム株式会社 広報部 TEL 03-6271-2000
関連リンク 関連リンク更新日 平成20年2月6日
最新のニュースリリース
ニュースリリース一覧へ
ページ先頭へ戻る