ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

 

人間の眼のメカニズムに近づけた画期的なデジタルカメラ用画像センサー

「スーパーCCDハニカムEXR」が「EISAアワード」を受賞!

2009年8月17日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)の、デジタルカメラ用画像センサー「スーパーCCDハニカムEXR」が、このたび「EISA(European Imaging and Sound Association)アワード」の「Best Imaging Innovation 2009-2010」賞を受賞いたしました。

EISAは、ヨーロッパ19か国の専門誌50誌が加盟している団体で、「EISAアワード」は、映像関連製品の中からカテゴリー別に最も優れた機種に対して贈られる、ヨーロッパを代表する権威ある賞です。

「スーパーCCDハニカムEXR」は、人間の眼のメカニズムに近づけた画期的なデジタルカメラ用画像センサーです。新配列のカラーフィルターと3つの電荷制御技術により、「高解像度」、「豊かな階調を実現するワイドダイナミックレンジ」、「ノイズの少ない高感度」の3種類の撮像方式を1つのセンサーで実現しました。

今回の受賞は、撮影環境に応じて、「高感度・低ノイズ優先」/「ダイナミックレンジ優先」/「高解像度優先」の3つのモードを自動的に選択し、あらゆるシーンで最適な画質を提供するよう設計されていることが、革新的と高く評価されたものです。

なお、「スーパーCCDハニカムEXR」は、同じくヨーロッパの権威ある団体「TIPA(Technical Image Press Association)」の「Best Imaging Innovation」賞にも選ばれており、今回と合わせてダブル受賞となります。

富士フイルムは、今後もユーザーニーズをとらえた新しい製品・サービスをご提供するための技術革新に努め、豊かなデジタル映像の世界をご提供していきます。

[写真]EISAアワード「Best Imaging Innovation 2009-2010」賞[写真]<「スーパーCCDハニカムEXR」搭載機種> FinePix F200EXR / FinePix F70EXR

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 電子映像事業部
  • TEL 03-6271-2132
  • 報道関係 広報部
  • TEL 03-6271-2000

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る