ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

 

世界初の新機能が満載!
画面を2つに分けて表示・操作できる「2画面サクサク再生」で、画像検索がさらにカンタン!
犬と猫の顔を自動で見つける「ペット自動検出」機能で、ペット撮影にも最適!

高機能スリムデジタルカメラ 「FinePix Z700EXR」

新発売

2010年2月2日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、液晶画面を上下2つに分けて表示・操作できる「2画面サクサク再生」機能と、再生時の画像表示をカメラの向きに合わせて自動で回転させる「タテヨコオート」、さらに、カメラが犬や猫を自動判別し、顔にピントを合わせる「ペット自動検出」機能という、3つの世界初(*1)の機能を搭載したデジタルカメラ「FinePix Z700EXR」を、平成22年2月20日より発売いたします。

「FinePix Z700EXR」は、3.5型約46万ドットのワイド・タッチパネル液晶を搭載しています。撮影時のモード設定や再生時の画像送りなど、軽く触れるだけでスムーズに操作でき、どんな時でも快適にお使いいただけます。

ワイド・タッチパネルを生かした新機能「2画面サクサク再生」とは、カメラを縦向きにして画像を見る際に、上下2画面に分けて画像を表示し、それぞれ独立して操作できる機能です。2つの画像を見比べたい時や、上にプレビュー画面、下にサムネイル画面を表示して多くのデータの中から目的の画像を検索したい時に便利で、カメラをポータブルアルバムとしてお使いいただけます。

「タテヨコオート」とは、カメラの縦向き・横向きを自動で判別し、それに合わせて液晶画面の表示を回転させる機能です。表示された操作ボタンも回転するので、撮影時も再生時も、カメラの向きを気にせず操作できます。

さらに、「FinePix Z700EXR」は、犬と猫の顔を自動で素早く検出し、ピントを最適化する世界初の「ペット自動検出」機能を搭載しています。この機能を使えば、正面を向いた犬または猫の顔を、上下逆さまを含め、360°どんな向きに傾いていても、最大10匹まで検出できます。犬や猫が正面を向いた瞬間にピントを合わせて自動でシャッターを切る「ペットオートシャッター」を使えば、シャッターチャンスを逃さずにペットのかわいい表情を簡単に撮影できます。

このほか、イメージセンサーは、ノイズの少ない高感度と優れた描写力で高い評価をいただいている1200万画素の「スーパーCCDハニカムEXR」をZシリーズに初搭載。撮影状況により、「逆光&人物」など6つのシーンと3種類の撮像方式(「高感度・低ノイズ優先」/「ダイナミックレンジ優先」/「高解像度優先」)を自動的に切り替える「EXR AUTO」を使えば、カメラ任せで簡単に高画質撮影がお楽しみいただけます。また、カメラに登録した人物の顔を認識し、優先してピントを合わせる「個人認識」機能も新たに搭載しています。

本体は、光学式5倍ズームレンズを搭載しながら薄さ20.3mm(最薄部16.9mm(*2))のスリムボディと、角に丸みを持たせた手になじむフォルムを実現しています。スライド式レンズカバーには柔らかなカーブの曲線を、ボディ表面には艶やかなトップコート処理を施すことで、エレガントで洗練されたデザインに仕上げました。レッド・ピンク・シルバー・ブラックの4色と、別売のネックストラップ付きケースをご用意し、オリジナルのコーディネートをお楽しみいただけます。

*1 すべて、コンパクトデジタルカメラにおいて。2010年1月現在。当社調べ。 「2画面サクサク再生」: 縦表示のマルチ再生において、上下2画面で独立して操作できる機能として。

*2 バリアおよびその周辺の突起部を除く最薄部。

1. 製品名 フジフイルム デジタルカメラ 「FinePix Z700EXR」
2. 発売日 平成22年2月20日(土)
3. メーカー希望小売価格 オープン
4. 主な特長
(1) 世界初!液晶画面を上下2つに分けて画像を表示・操作できる「2画面サクサク再生」で、画像検索がさらに簡単に!
  • カメラを縦向きに持って画像を見る際に、上下2画面に分けて画像を表示し、それぞれ独立して操作可能な「2画面サクサク再生」。2つの画像を見比べたい時に非常に便利。
  • 上にプレビュー画面、下にサムネイル画面を表示することもでき、大量のデータの中から簡単に手早く目的の画像を検索可能。
  • 3.5型のワイド・タッチパネル液晶を採用。約46万ドットの高解像度と上下左右160°の視野角で、明るいところや斜めから見ても、いつでも見やすい。
(2) 世界初!カメラの向きに合わせて液晶画面の表示を自動で回転させる新機能「タテヨコオート」。
  • カメラの縦向き・横向きを自動で判別し、それに合わせて液晶画面の表示を回転。
  • 画像だけでなく、表示された操作ボタンも回転し、いつでもカメラの向きを気にせず操作可能。
(3) 世界初!犬と猫の顔を見つけてピントを合わせる「ペット自動検出」機能で、ペット撮影に最適!
  • 「いぬ」モードまたは「ねこ」モードに設定すると、カメラが自動で犬や猫の顔を素早く検出し、ピントを最適化。上下逆さまを含め、360°どんな向きに傾いていても、正面向きの顔を最大10匹まで検出可能。
  • 被写体が正面を向いた瞬間にピントを合わせて自動でシャッターを切る「ペットオートシャッター」。シャッターチャンスを逃さずにペットの良い表情を簡単に撮影可能。
(4) 人の眼のメカニズムに近づけた「スーパーCCDハニカムEXR」搭載。どんなシーンも最適画質でキレイに撮れる!
  • 3種類の撮像方式(「高感度・低ノイズ優先」/「ダイナミックレンジ優先」/「高解像度優先」)を1つのCCDで実現した1200万画素の「スーパーCCDハニカムEXR」をZシリーズに初搭載。
【 EXR AUTO 】
  • カメラを被写体に向けるだけで、「人物」「風景」「夜景」「マクロ」「逆光&人物」「夜景&人物」の6つのシーンを自動的に認識し、シーンに合った最適な撮影条件に設定。さらに、シーンの明るさを元に、CCDの3つの撮像方式を自動で設定し、それぞれのシーンに最適な画質で撮影可能。
【 EXR 優先モード 】
  • 3つの撮像方式から、撮りたいイメージに合わせた設定に手動で切り替え可能。
(5) 撮影・再生を楽しく便利にする充実の機能満載。
  • カメラに登録した人物の顔を認識し、優先してピントを合わせる「個人認識」機能を新搭載。
  • たくさんの画像の中から、日付別・シーン別・画像タイプ別・顔別に検索できる「ピクチャーサーチ」。撮影画像を最大4つのフォルダに分けることも可能。4桁のパスワードを設定できるプライベートフォルダも搭載。
  • 指先で触れた液晶画面上の被写体に自動的にピントを合わせ、シャッターが切れる「タッチショット」。どんな構図でも簡単にキレイな写真を撮影可能。
  • 顔検出機能「顔キレイナビ」を生かした好評の「恋するタイマー」「みんなでタイマー」。
  • 最適なフィルムを選ぶ感覚で色彩や階調を表現意図に合わせて選べる「フィルムシミュレーション」。
  • 1280×720ピクセルのHD動画撮影や16:9の静止画撮影が可能。別売予定(*3)のHDプレーヤー「HDP-L1」を使用すれば、大画面のTVで鑑賞できる。
  • 高速赤外線通信(IrSimple™/IrSS™ (*4))に対応。この機能を搭載した「FinePix」シリーズ(*5)やその他電子機器(携帯電話、大型液晶テレビ)(*5)に画像送信が可能。

*3 発売日が決まり次第、当社ウェブサイトでご案内いたします。

*4 IrSimple™/IrSS™ はInfrared Data Associationの商標です。

*5 対応機種については当社ウェブサイトをご参照ください。

【 フジカラーデジカメプリントで美しいプリントをお手元に 】
フジカラーのお店にメモリーカードを持っていけば、気軽にフジカラーデジカメプリントが注文可能。大伸ばしプリントも美しく仕上がります。
【 さまざまな写真の「楽しみ」を提供する写真総合サイト「Fotonoma」(フォトノマ) 】
「Fotonoma」は富士フイルムがインターネットを通じて、デジタルカメラや写真に関するさまざまな情報と、コミュニケーションサービスを連動させた、便利で、楽しめる写真総合サイトです。
<サービス内容>
  • デジタルカメラで撮影した写真の公開・共有・交換や、フォト日記の作成が可能な参加型フォトコミュニティサービス「シェアリングコミュニティ」。新たな写真の楽しみ方が体験できる。
  • アップロードした写真は、バラエティあふれるプリントネット注文も可能。
  • 写真撮影テクニック、撮影スポット、フォトコンテストなど、写真に関する便利な情報提供。
【 撮影後の画像の楽しみ方をさらに広げる画像ビュアーソフトウエア「MyFinePix Studio」(*6) 】 NEW
デジタルカメラで撮影した大量の画像を簡単に管理、閲覧、プリントでき、またアップロード、画像編集などを楽しむことができるソフトウエアです。
  • お気に入りの画像を簡単に“YouTube™”や“FACEBOOK”へアップロードできる。
    FinePixでアップロード予約した画像は取り込んだ際に簡単にアップロードすることが可能。
    (本機能は、2010年3月初旬以降に自動更新することでご使用いただけます。)
  • FUJIFILMの写真コミュニケーションサイト「Fotonoma」(日本)または「MyFinePix」(海外)にリンク。
    写真を中心とした「情報・サービス」と「コミュニティ」の機能が楽しめる。
  • 富士フイルムの70年以上にわたる写真技術やノウハウが凝縮された“Image Intelligence™”の画像補正技術を利用-自動画像補正機能を搭載。
  • 好きな写真を選んで、簡単にホームプリントやネットプリント注文(2010年4月サービス開始予定)が可能。

*6 Windows 7/Vista/XPに対応。Mac OS Xは「FinePixViewer」がご利用いただけます。

※ 社名、商品名などは、日本および海外における各社の商標または登録商標です。

別売アクセサリー

製品名 メーカー希望小売価格
SDメモリーカード SD-002G-C4 (2GB) オープン
SDHCメモリーカード SDHC-004G-C4 (4GB) オープン
SDHCメモリーカード SDHC-008G-C4 (8GB) オープン
ソフトケース SC-G20 (ホワイト/ピンク/ダルメシアン/ブラック) (新製品) オープン
充電式バッテリー NP-45 (リチウムイオンタイプ) 5,000円 (税込み 5,250円)
ACパワーアダプター AC-5VX 4,000円 (税込み 4,200円)
DCカプラー CP-45 (ACパワーアダプター接続用) 3,500円 (税込み 3,675円)
バッテリーチャージャー BC-45W 4,800円 (税込み 5,040円)
HDプレーヤー HDP-L1 (発売予定) オープン

「FinePix Z700EXR」
SD/SDHCメモリーカード 標準撮影枚数/記録時間

撮影枚数/記録時間は被写体により多少の増減があります。

画像サイズ L(4:3) L(16:9) M(4:3) M(16:9) S(4:3) S(16:9) 動画☆ 動画☆
記録画素数
(ピクセル)
4000 × 3000 4000 × 2248 2816 × 2112 2816 × 1584 2048 × 1536 1920 × 1080 1280 × 720 640 × 480
内蔵メモリー
(約30MB)
6 8 10 13 19 29 23秒
SDメモリーカード 1GB 200 270 330 440 620 930 5分 12分
2GB 410 550 670 880 1230 1870 10分 25分
SDHCメモリーカード 4GB 830 1110 1340 1770 2480 3760 20分 50分
8GB 1680 2240 2700 3550 4980 7540 42分 100分

※ 静止画の撮影枚数は画質モードが FINEの場合。

☆:動画を連続して記録する場合、1280×720のときは約10分、640×480のときは約15分で自動的に撮影停止します。
HD動画を撮影する時は、書き込み速度がSDスピードクラス4(4MB/秒)以上のメモリーカードをご使用ください。

「FinePix Z700EXR」の主な仕様

型番 FinePix Z700EXR
有効画素数 1200万画素
撮像素子 1/2型 スーパーCCDハニカムEXR 原色フィルター採用
記録メディア 内蔵メモリー(約30MB)/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード(*7)
記録方式 静止画 DCF(*8)準拠 圧縮:Exif Ver.2.2 JPEG準拠
動画 DCF(*8)準拠(AVI形式、Motion JPEG)
記録画素数(ピクセル) L: <4:3>4000×3000  <16:9>4000×2248
M: <4:3>2816×2112  <16:9>2816×1584
S: <4:3>2048×1536  <16:9>1920×1080
レンズ 名称 フジノン光学式5倍ズームレンズ
焦点距離 f=6.4mm~32.0mm (35mmフィルム換算:35mm~175mm相当)
開放F値 F3.9(W)~F4.7(T)
デジタルズーム 最大約4.4倍 (光学5倍と併用して最大約22倍)
絞り F3.9/F6.4(W)、F4.7/F8.0(T)
撮影可能範囲
(レンズの先端から)
標準 : [広角]約60cm~∞/[望遠]約1.0m~∞
マクロ : [広角]約9cm~80cm/[望遠]約40cm~80cm
撮影感度(*9) AUTO、ISO100/200/400/800/1600/3200* (標準出力感度)
* ISO3200は最大記録画素数[M]
測光方式 TTL256分割測光 マルチ
露出制御 プログラムAE
シーンポジション ナチュラルフォト/高感度2枚撮り/人物/美肌/風景/スポーツ/夜景/夜景(三脚)/花火/夕焼け/スノー/ビーチ/パーティー/花の接写/文字の撮影/ペット検出(いぬ)/ペット検出(ねこ)
ブレ防止機能 ブレ防止モード(CCDシフト式)
露出補正 -2.0EV~+2.0EV  1/3EVステップ
シャッタースピード(*10) 1/4秒~1/1000秒(AUTO時)、 4秒~1/1000秒(全モード合わせて)
メカニカルシャッター併用
連写 最短約1.6コマ/秒で、連続5コマまで
フォーカス モード シングルAF/コンティニュアスAF
AF方式 TTLコントラストAF
AFフレーム選択 センター固定AF/オートエリアAF/タッチショット部(タッチショットモード時)
ホワイトバランス シーン自動認識オート/プリセット(晴天/日陰/昼光色蛍光灯/昼白色蛍光灯/白色蛍光灯/電球)
セルフタイマー 約10秒/約2秒/恋するタイマー/みんなでタイマー/オートシャッター(いぬ、ねこ)
フラッシュ CCD調光によるオートフラッシュ
撮影可能範囲(感度 ISO AUTO時)
[広角]約30cm~3.9m [望遠]約40cm~3.2m [マクロ]約30cm~80cm
フラッシュ発光モード 赤目補正OFF時 : オート/強制発光/発光禁止/スローシンクロ
赤目補正ON時 : 赤目軽減オート/赤目軽減+強制発光/発光禁止/赤目軽減+スローシンクロ
液晶モニター 3.5型ワイド TFTカラー液晶モニター 約46万ドット (視野率約100%)
動画 1280×720ピクセル(24フレーム/秒)、640×480ピクセル(30フレーム/秒)、音声付き(モノラル)、撮影中のズームはできません
撮影時機能 EXRモード(EXRオート、高解像度優先、ダイナミックレンジ優先、高感度低ノイズ優先)、ダイナミックレンジ、タッチショット、顔キレイナビ機能(自動赤目補正機能付き)、個人認識機能、フレーミングガイド、コマNo.メモリー、フィルムシミュレーション
再生時機能 顔キレイナビ機能(自動赤目補正機能付き)、個人認識機能、画像回転、縦横自動回転再生、ピクチャーサーチ、マルチ再生(マイクロサムネイル機能付き)、スライドショー、トリミング、リサイズ、画像加工、アップロード先設定
赤外線通信機能 対応規格 IrSimple™、IrSS™/FIR
通信対象機器 IrSimple™/IrSS™対応機器
その他の機能 PictBridge対応、Exif Print対応、PRINT Image Matching II対応、言語設定(日/英)、世界時計(時差設定)、マナーモード
入出力端子 デジタル入出力 USB2.0 High-speed
電源 充電式バッテリー NP-45A (リチウムイオンタイプ) (付属)、
専用DCカプラー CP-45(別売) および 専用ACパワーアダプター AC-5VX(別売)を併用
寸法・質量 本体外形寸法 (幅)98.1mm×(高さ)59.0mm×(奥行き)20.3mm 最薄部16.9mm (突起部含まず)
本体質量 約141g (バッテリー、メモリーカード含まず)
撮影時質量 約158g (付属バッテリー、メモリーカード含む)
電池寿命(CIPA規格(*11)) 約170枚 (AUTOモード時)
動作環境 温度 0℃~40℃
湿度 10~85%以下(結露しないこと)
付属品 ・充電式バッテリー NP-45A ・バッテリーチャージャー BC-45W ・ストラップ ・専用USBケーブル ・CD-ROM(画像ビュアーソフトなど) ・使用説明書・保証書一式

*7 動作確認機種は、http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/compatibility/index.html で掲載予定です。

*8 「DCF」は電子情報技術産業協会(JEITA)の登録商標で規格「Design rule for Camera File system」の略称です。

*9 撮影モードにより ISO感度は異なります。

*10 撮影モードによりシャッタースピードは異なります。

*11 CIPA(カメラ映像機器工業会:Camera & Imaging Products Association)規格による電池寿命測定方法。(抜粋)

バッテリーは付属のものを使用。液晶モニターON、温度(23℃)、30秒ごとに1回撮影。撮影ごとに光学ズームを広角側と望遠側で交互に繰り返して端点まで移動し、2回に1回フラッシュをフル発光、10回に1回電源OFF/ONして撮影。

注意:電池の充電容量により撮影可能枚数の変動があるため、ここに示す電池作動可能枚数を保証するものではありません。低温時では電池作動可能枚数が少なくなります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 03-5786-1712
  • 報道関係 広報部
  • TEL 03-6271-2000

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る