ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

 

世界でただひとつ、ハイビジョン動画も撮れる3Dデジタルカメラ(*1)
自分だけの3D映像をテレビやパソコンで楽しめる!

3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」

カメラ背面には専用メガネ不要で楽しめる115万ドット「プレミアムクリア3D液晶」搭載

新発売

2010年8月17日

2013年7月9日更新

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、高画質で自然な3D映像が撮影できる3Dデジタルカメラの新製品として、3Dハイビジョン動画の撮影を可能にした「FinePix REAL 3D W3」を、平成22年9月4日より発売いたします。

撮影した映像は、カメラ背面に搭載した3.5型115万ドット「プレミアムクリア3D液晶」で、専用メガネを使わずにその場で観賞できます。

結婚式や運動会、旅行やイベントなどご家族やご友人との楽しいひとときを臨場感ある映像で残し、3Dで撮る楽しさ、観る楽しさをご提供いたします。

本年は3D元年とも呼ばれ、映画の普及をはじめ、ハイビジョンテレビやパソコン、モニター、プロジェクターなど民生用機器の3D対応が進み、3D映像を「観る」環境が急速に整いつつあります。一方で、表示するコンテンツはいまだ少なく、誰でも簡単に3Dコンテンツを作り出せる「撮る」入力機器が求められています。

富士フイルムは、世界初の3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」(W1)を開発し、「FUJIFILM FinePix REAL 3D System」(*2)として平成21年8月より販売しています。シャッターを押すだけで誰でも簡単に、高画質で自然な3D映像が撮影でき、背面の液晶モニターで専用メガネを使わずに観賞できる画期的な製品として、大きな反響をいただいております。

今回、第2弾として発売する「FinePix REAL 3D W3」は、2つのレンズと2つのCCDを搭載し、被写体を異なる角度から同時に撮影した2枚の画像を取り込んで瞬時に3D映像に合成。自然で高画質な3D画像が撮影できる「W1」の特長はそのままに、信号処理能力を強化した新開発「リアルフォトエンジン3D HD」を搭載することにより、3Dハイビジョン動画のオート撮影が可能になりました。撮影したオリジナルの3D映像は、背面の液晶モニターに表示して専用メガネを使わずにその場で観賞できるほか、HDMIケーブルを使ってカメラを直接3Dハイビジョンテレビに接続し(*3)、迫力の大画面でお楽しみいただけます。3Dパソコンでの再生も可能(*4)で、楽しみ方の選択肢が広がりました。

背面の液晶モニターには、新たに3.5型ワイド115万ドット「プレミアムクリア3D液晶」を搭載。3D表示には、微細な凸レンズを並べて両眼視差を生み立体感を感じさせるレンチキュラーレンズ方式を採用することで、画面のちらつきやクロストーク(2重写り)を抑えています。明るさを従来比約1.5倍、色再現性を従来比約1.8倍に向上させ、撮影時のスルー画や再生画像を、より色鮮やかに美しく表示します。

カメラの発売に合わせ、「FUJIFILM 3Dプリント」についても、本年2月に開発発表した新しい「FUJIFILM 3Dプリントシステム」を使ったサービスのご提供を開始いたします。当社サイト、または写真店でご注文いただけます。

富士フイルムは、「撮影」から「出力」に至るすべての製品・サービスを手がけるイメージング分野のリーディングカンパニーとして、今後も3D映像をより身近に楽しめる新製品開発を進め、豊かな映像ライフをご提供していきます。

*1 2つのCCDで3Dハイビジョン動画を撮影できる民生用デジタルカメラとして。平成22年8月17日現在。当社調べ。

*2 世界で初めて高画質で自然な3D映像を撮影、専用メガネ不要で観賞できる3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」、3Dビューワー「FinePix REAL 3D V1」、3D画像を写真プリントにする「FUJIFILM 3Dプリント」を総合システムとして提供しています。

*3 「FinePix REAL 3D W3」はHDMI1.4(3D)対応のため、別途市販のHDMIケーブル(ハイスピード対応)を使って3Dテレビへの接続が可能です。

*4 「FinePix REAL 3D W3」で撮影した画像データに対応するソフトウェアがインストールされている必要があります。

製品名 発売日 希望小売価格
フジフイルム 3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」 平成22年9月4日(土) オープン

[写真]3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」

1. 主な特長

(1) 新開発「リアルフォトエンジン3D HD」搭載で、3Dハイビジョン動画撮影がオートで簡単に楽しめる!

[写真]2つのフジノン光学式3倍ズームレンズ
[写真]新開発「リアルフォトエンジン3D HD」

  • 2つの有効画素数1000万画素CCDと、2つのフジノン光学式3倍ズームレンズ、画像処理能力を向上させた新開発「リアルフォトエンジン3D HD」を搭載。左右2組の撮像システムから、焦点・明るさ・色調などが均一な画像を取り込み、瞬時に3D映像に合成。カメラまかせのオートモードで、どなたでも簡単に、高画質で自然な3Dハイビジョン動画や静止画を撮影できる。
  • 動画音声は、その場の臨場感をそのまま記録することのできるステレオ記録方式を採用。
  • 立体感の強弱度合いを調整できる「視差調整機能」。
  • 2つのレンズユニットをマウントするステンレスフレームを採用し、光軸を高精度で保持。
(2) 高精細・高コントラストで映像を表示する「プレミアムクリア3D液晶」。専用メガネなしで3D映像を観賞可能。
  • 微細な凸レンズを並べることで両眼視差を生み立体感を感じさせる、レンチキュラーレンズ方式の3D液晶を採用。画面のちらつきやクロストーク(2重写り)を低減。
  • 3.5型ワイド、高精細115万ドット、WVGA解像度で細部までクリアに描写。明るさは従来比約1.5倍、色を再現できる領域を表す色再現性は従来比約1.8倍に拡大し、より色鮮やかで美しい3D映像を楽しめる。
(3) HDMI1.4(3D)対応で、オリジナル映像を簡単に3Dテレビで観賞できる!パソコンなど周辺機器にも出力可能。
  • HDMI1.4(3D)に対応。ハイビジョンテレビにHDMIケーブルをつなぐだけで、自分で撮影したオリジナルの3D映像を大画面で再生可能。臨場感ある迫力の映像をご体験いただけます。
  • 3Dパソコンでの再生や3Dプロジェクター(*5)を使った表示もでき、楽しみ方の選択肢が広がる。
  • 高速赤外線通信(IrSimple™/IrSS™)に対応。3Dビューワー「FinePix REAL 3D V1」のほか、高速赤外線通信対応テレビへ撮影した3D静止画をワイヤレスで転送できる。
  • 同梱の画像ビュアーソフトウェア「MyFinePix Studio」で、撮影した3D動画をカットしたり、つなげたりして編集できる。さらに、YouTube™3D対応サイトへアップロードできるファイル形式への変換も可能。

*5 3Dプロジェクターに対応するソフトウェアがインストールされたパソコンが必要です。

(4) 全く同じタイミングで2枚の異なる画像が得られる「ツインカメラモード」
  • 「テレ/ワイド同時撮り」
    2つのレンズの設定を変え、被写体をズームアップした画像と、ワイドな画像を同時に撮影する機能。
  • 「2カラー同時撮り」
    2つの信号処理の設定を変え、同じシーンでも色調(スタンダード、色鮮やかなクローム、モノクロ)の異なる2枚の画像を撮影する機能。
  • 「高/低感度同時撮り」
    2つの撮影システムの感度設定を変え、シャッタースピードの異なる2枚を同時に撮影する機能。ニュアンスの異なる画像を2枚残すことができる。
(5) そのほか、多彩な撮影が楽しめる充実の機能
  • 13種類のシーンポジション、連写、マニュアル撮影、絞り優先、プログラムモードなど豊富な撮影機能を搭載し、2Dはもちろん3D撮影においても、撮影者の意図を反映した表現が可能。約38cmまでの近接3D撮影にも対応。
  • シーンに合わせてフラッシュの発光量を自動で調整するスーパーiフラッシュ。
  • オート撮影よりも自由度が高く、高度な3D撮影が可能な「アドバンスド3Dモード」。

    - 異なる角度から2D撮影を2回行い、1枚の3D画像に合成する「3D2回撮り」。花や小物などの小さな被写体はより自然な立体感で、遠くの山や高層ビルなど大きな被写体では立体感をより強調した3D画像が得られる。

    - 電車や飛行機などで撮影者が移動しながら、視点の異なる2枚を連写することで、超遠景を立体的に写し出すことができる「3D時間差撮り」。

[写真]専用セミハードケース

  • 撮影時に指がレンズにかかっていると、モニターに警告表示が点灯する「指がかり警告機能」を新搭載。はじめての人でも失敗せずに、上手に撮影できる。(3Dのみ)
  • 「顔キレイナビ」や、赤目を自動で検出し補正する「自動赤目補正」搭載。(2Dのみ)
  • 撮影も再生も、2D/3Dをワンタッチで瞬時に切り替えられる「2D/3D切り替えボタン」。
  • 軽量で丈夫な専用セミハードケースを用意(別売)。SDカード収納ポケット付きで便利。
【 思い出のシーンを、リアルなプリントで残せる「FUJIFILM 3Dプリント(クリアタイプ)」 】 [New]
富士フイルムが長年培ってきた写真プリント技術の応用により、専用メガネ無しで高画質な3Dプリントをお楽しみいただけます。自然な立体感を生み出す効果を持つ専用のレンチキュラーシートに、熱昇華型方式で3D画像を直接プリントする「FUJIFILM 3Dプリントシステム」を使用したサービスの展開を開始いたします。
  • プリントサイズは、2L/KGの2サイズをご用意。
  • Fujifilm mall (http://fujifilmmall.jp) または写真店で注文可能。
【 さまざまな写真の「楽しみ」を提供する写真総合サイト「Fotonoma(フォトノマ)」 】
「Fotonoma」は、富士フイルムがインターネットを通じて、デジタルカメラや写真に関するさまざまな情報と、コミュニケーションサービスを連動させた、便利で、楽しめる写真総合サイトです。
【 撮影後の画像の楽しみ方をさらに広げる画像ビュアーソフトウェア「MyFinePix Studio」 】
デジタルカメラ撮影した大量の画像を簡単に管理、閲覧、プリントでき、またアップロード、画像編集などを楽しむことができるソフトウェアです。

2. 別売アクセサリー

製品名 型番 希望小売価格(税込)
SDHCメモリーカード (4GB) SDHC-004G-C6 オープン
SDHCメモリーカード (8GB) SDHC-008G-C6 オープン
SDHCメモリーカード (16GB) SDHC-016G-C6 オープン
ソフトケース (新製品 ) SC-Y20BK オープン
充電式バッテリー (リチウムイオンタイプ) NP-50 5,250円
ACパワーアダプター AC-5VX 4,200円
DCカプラー (ACパワーアダプター接続用) CP-50 3,675円
バッテリーチャージャー BC-45W 5,040円

「FinePix REAL 3D W3」
SD/SDHCメモリーカード 標準撮影枚数/記録時間

画像の撮影枚数は、MPO+JPEGのときの枚数です。
MPOのみのときは、下表のおよそ1.5倍の撮影枚数です。
また2D撮影のときは、下表のおよそ3倍の撮影枚数となります。

画像サイズ L <4:3> L <3:2> L <16:9>
記録画素数(ピクセル) 3648 × 2736 3648 × 2432 3584 × 2016
画質モード FINE NORMAL FINE NORMAL FINE NORMAL
1コマのデータサイズ MPO + JPEG 約 14.7MB 約 7.4MB 約 13.1MB 約 6.6MB 約 10.7MB 約 5.4MB
MPO 約 9.8MB 約 4.9MB 約 8.7MB 約 4.4MB 約 7.1MB 約 3.6MB
JPEG 約 4.9MB 約 2.5MB 約 4.4MB 約 2.2MB 約 3.6MB 約 1.8MB
内蔵メモリー(約34MB) 2 4 2 5 3 6
SDHCメモリーカード 4GB 260 530 300 590 370 730
8GB 530 1070 600 1200 740 1470
16GB 1070 2120 1200 2380 1470 2920
画像サイズ M <4:3> M <3:2> M <16:9>
記録画素数(ピクセル) 2592 × 1944 2592 × 1728 2560 × 1440
画質モード FINE NORMAL FINE NORMAL FINE NORMAL
1コマのデータサイズ MPO + JPEG 約 7.5MB 約 3.8MB 約 6.7MB 約 3.4MB 約 5.5MB 約 2.8MB
MPO 約 5.0MB 約 2.5MB 約 4.5MB 約 2.3MB 約 3.7MB 約 1.9MB
JPEG 約 2.5MB 約 1.3MB 約 2.2MB 約 1.1MB 約 1.8MB 約 0.9MB
内蔵メモリー(約34MB) 4 8 4 10 6 12
SDHCメモリーカード 4GB 530 1040 590 1170 710 1400
8GB 1060 2090 1190 2340 1430 2820
16GB 2110 4150 2360 4660 2850 5610
画像サイズ S <4:3> S <3:2> S <16:9>
記録画素数(ピクセル) 2048 × 1536 2016 × 1344 1920 × 1080
画質モード FINE NORMAL FINE NORMAL FINE NORMAL
1コマのデータサイズ MPO + JPEG 約 4.7MB 約 2.4MB 約 4.1MB 約 2.1MB 約 3.1MB 約 2.1MB
MPO 約 3.1MB 約 1.6MB 約 2.7MB 約 1.4MB 約 2.1MB 約 1.4MB
JPEG 約 1.6MB 約 0.8MB 約 1.4MB 約 0.7MB 約 1.0MB 約 0.7MB
内蔵メモリー(約34MB) 7 14 8 16 10 16
SDHCメモリーカード 4GB 830 1630 960 1880 1250 1880
8GB 1680 3270 1940 3770 2510 3770
16GB 3330 6500 3860 7480 4990 7480
画像サイズ 3D動画 2D動画
HD(*6) VGA(*7) QVGA(*7) HD(*7) VGA(*7) QVGA(*7)
記録画素数(ピクセル) 1280 × 720 640 × 480 320 × 240 1280 × 720 640 × 480 320 × 240
画質モード 24フレーム/秒 30フレーム/秒 30フレーム/秒 24フレーム/秒 30フレーム/秒 30フレーム/秒
内蔵メモリー(約34MB) 26秒 46秒
SDHCメモリーカード 4GB 10分 27分 50分 20分 50分 87分
8GB 21分 54分 100分 42分 100分 176分
16GB 42分 107分 199分 83分 200分 349分

◎ 撮影枚数/時間は多少の増減があります。

*6 動画を連続して記録する場合、4GBで自動的に撮影が停止したあと、続けて別ファイルで4GB撮影されます(ファイルが2つ記録されます)。

*7 動画を連続して記録する場合、約2GBで自動的に撮影停止します。

3. 「FinePix REAL 3D W3」の主な仕様

型番 FinePix REAL 3D W3
有効画素数 1,000万画素
撮像素子 1/2.3型CCD ×2
記録メディア 内蔵メモリー(約34MB)/SD/SDHC対応メモリーカード(*8)
記録方式 静止画3D マルチピクチャーフォーマット準拠
「MPO+JPEG」/「MPO」
静止画2D DCF(*9)準拠
圧縮 : Exif Ver.2.3 JPEG準拠/DPOF(*10)対応
動画3D 映像2チャンネル、ステレオ音声 AVI
動画2D DCF(*9)準拠 (ステレオ音声 AVI形式、Motion JPEG)
記録画素数 [L] <4:3> 3648×2736 / <3:2> 3648×2432 / <16:9> 3584×2016
[M] <4:3> 2592×1944 / <3:2> 2592×1728 / <16:9> 2560×1440
[S] <4:3> 2048×1536 / <3:2> 2016×1344 / <16:9> 1920×1080
レンズ 名称 フジノン光学式3倍ズームレンズ ×2
焦点距離 f=6.3mm~18.9mm (35mmフィルム換算 : 約35mm~約105mm相当)
開放F値 F3.7(広角)~F4.2(望遠)
絞り F3.7~F8(広角)、F4.2~F9(望遠)
撮影可能範囲
(レンズ先端面からの距離)
標準 : 約60cm~∞
マクロ〔3D〕 : [広角]約38cm~約70cm   [望遠]約1.1m~約2.3m
マクロ〔2D〕 : [広角]約8cm~約80cm   [望遠]約60cm~約3m
3D撮影推奨距離範囲(*11) 標準 : [広角]約1.3m~∞   [望遠]約3.7m~∞
マクロ : [広角]約48cm~70cm   [望遠]約1.4m~2.2m
撮影感度(*12) AUTO(400)/AUTO(800)/AUTO(1600)、ISO100/200/400/800/1600 (標準出力感度)
測光方式 TTL256分割測光 マルチ/スポット/アベレージ
露出制御 プログラムAE/絞り優先AE/マニュアル
撮影モード SPモード : 高感度2枚撮り(*13)/ナチュラルフォト/人物/風景/スポーツ/夜景/夜景(三脚)/夕焼け/スノー/ビーチ/水中/パーティー/ブレ軽減
Adv.3Dモード : 3D時間差撮り、3D2回撮り
ツインカメラモード : テレ/ワイド同時撮り、2カラー同時撮り、高/低感度同時撮り
顔キレイナビ(顔検出機能) 2D時有効
露出補正 -2.0EV ~ +2.0EV 1/3EVステップ(Pモード、Aモード時)
シャッタースピード(*14) オート、SP(高感度2枚撮り/ナチュラルフォト/人物/風景/スポーツ/夕焼け/スノー/ビーチ/水中/パーティー/ブレ軽減) : 1/4秒~1/1000秒、
夜景 1/8秒~1/500秒、
夜景(三脚) : 3秒~1/500秒、
P : 1/4秒~1/1000秒、
A : 1/4秒~1/1000秒、
M : 1/2秒~1/1000秒
連写 3D 連写 約2コマ/秒(*15)、最大40コマまで
2D 連写 約1コマ/秒、最大40コマまで
高速連写 約3コマ/秒(*15)、最大40コマまで
フォーカス モード シングルAF
AF方式 TTLコントラストAF
AFフレーム選択 3D : センター固定
2D : センター固定/オートエリア(顔キレイナビがOFF時のみ)
ホワイトバランス シーン自動認識オート/
プリセット(晴天/日陰/昼光色蛍光灯/昼白色蛍光灯/白色蛍光灯/電球/水中)
セルフタイマー 約10秒/約2秒
フラッシュ 方式 : CCD調光によるオートフラッシュ
撮影可能範囲
(感度ISO800時)  広角 : 約60cm~約3.6m   望遠 : 約60cm~約3.1m
(マクロ時) 広角 : 約30cm~約80cm   望遠 : 約60cm~約1.5m
フラッシュ発光モード 赤目補正OFF時 : オート/強制発光/発光禁止/スローシンクロ
赤目補正ON時 : 赤目軽減オート/赤目軽減+強制発光/発光禁止/赤目軽減+スローシンクロ
液晶モニター 3.5型〔3D/2D両用〕高精細カラー液晶、レンチキュラー方式、約115万ドット(視野率約100%)
動画 1280×720ピクセル(24フレーム/秒) / 640×480ピクセル(30フレーム/秒) / 320×240ピクセル(30フレーム/秒)
音声付き(ステレオ)
※ 撮影中のズームはできません。内蔵メモリーに保存する場合は320×240ピクセルのみ
※ 3Dハイビジョン動画を撮影するときは、書き込み速度がSDスピードクラス6(6MB/秒)以上のメモリーカードをご使用ください。
撮影時機能 3D オート視差調整、パフォーマンス、フレーミングガイド、コマNO.メモリー
2D 顔キレイナビ (顔検出機能)、赤目補正、パフォーマンス、フレーミングガイド、コマNO.メモリー
再生時機能 3D 視差調整、マイクロサムネイル、トリミング、リサイズ、スライドショー、マルチ再生、日付再生
2D 顔キレイナビ (顔検出機能)、赤目補正、マイクロサムネイル、トリミング、リサイズ、画像回転、スライドショー、マルチ再生、日付再生
赤外線通信機能(対応規格) IrSimple™/IrSS™
その他の機能 PictBridge対応、Exif Print対応、PRINT Image Matching II対応、言語設定(日/英)、世界時計(時差設定)、マナーモード
入出力端子 HDMI出力 HDMI 1.4- 3D対応、HDMI Miniコネクター *
* HDMI1.4または1.3(ハイスピード対応)のケーブルがご利用いただけます。
ビデオ出力 NTSC/PAL方式 (モノラル音声付き)
デジタル入出力 USB2.0 High-Speed
電源 充電式バッテリー NP-50 (付属)
専用DCカプラー CP-50(別売) と 専用ACアダプター AC-5VX (別売) を組み合わせて使用可能
寸法・質量 本体外形寸法 (幅)124.0mm×(高さ)65.9mm×(奥行き)27.8mm (最薄部21.0mm)
本体質量 約230g (付属バッテリー、メモリーカード含まず)
撮影時質量 約250g (付属バッテリー、メモリーカード含む)
動作環境 温度 0℃~40℃
湿度 80%以下(結露しないこと)
標準撮影枚数(*16) 充電式バッテリー NP-50 約150枚 (3Dオート時、節電モード1)
付属品 充電式バッテリー NP-50 (リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャー BC-45W、専用USBケーブル、ストラップ、CD-ROM (画像ビュアーソフトなど)、使用説明書・保証書一式

*8 動作確認機種は、http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/compatibility/index.html で掲載予定です。
(3Dハイビジョン動画を撮影するときは、書き込み速度がSDスピードクラス6(6MB/秒)以上のメモリーカードをご使用ください。)

*9 「DCF」は電子情報技術産業協会(JEITA)の登録商標で規格「Design rule for Camera File system」の略称です。

*10 「DPOF(Digital Print Order Format)」はデジタルカメラで撮影した画像の中からプリントしたいコマや枚数などの指定情報を記録メディアに記録するためのフォーマットです。

*11 安定した3D画像に撮影・観賞するための推奨撮影距離です。

*12 撮影モードによりISO感度は異なります。

*13 3Dの高感度2枚撮りは、画像サイズが「S」となります。

*14 撮影モードによりシャッタースピードは異なります。

*15 画像サイズは「S」となります。

*16 撮影モード 3D AUTO時 CIPA対応

バッテリーは付属のものを使用。液晶モニターON、温度(23℃)、30秒ごとに1回撮影。撮影ごとに光学ズームを広角側と望遠側で交互に繰り返して端点まで移動し、2回に1回フラッシュをフル発光、10回に1回電源OFF/ONして撮影。撮影枚数はバッテリーの保存状態や使用条件によって多少変わります。

注意 : 電池の充電容量により撮影可能枚数の変動があるため、ここに示す電池作動可能枚数を保証するものではありません。低温時では電池作動可能枚数が少なくなります。

※ 社名、商品名などは、日本および海外における各社の商標または登録商標です。

[写真]3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 03-5786-1712
  • 報道関係 広報部
  • TEL 03-6271-2000

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る