ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

 

世界初!光学ファインダーのクリアな視野と電子ビューファインダーの多彩な情報表示を両立
「ハイブリッドビューファインダー」搭載で、狙いどおりのフレーミングが楽しめる

デジタルカメラ「FinePix X100」

APS-C CMOSセンサーと高性能単焦点レンズの組み合わせでプレミアムな高画質を実現

新開発

2010年9月21日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、新開発のフジノン23mm(*1) F2レンズと、同レンズに最適化した専用のAPS-Cサイズ CMOSセンサー(1,230万画素)の採用によって、デジタル一眼レフを凌駕する高画質と表現力を実現した高級コンパクトデジタルカメラ「FinePix X100」を開発しました。新開発の「ハイブリッドビューファインダー」は、光学技術とデジタル技術の利点を世界で初めて融合させ、被写体を目で見たままにとらえたクリアな視野の中に、シャッタースピードや絞り値などの多彩な情報を表示します。“ファインダーを覗く”ことで被写体と向き合い、瞬間をしっかりととらえるという写真撮影の原点に立ち返った撮影スタイルをご提案いたします。

「FinePix X100」は、プロの写真家や熱心なカメラファンに向けて、「写真を撮る歓びを喚起させる」ことをコンセプトとした新たなFinePixシリーズとして、平成23年春に発売予定です。

「FinePix X100」は、コンパクトデジタルカメラのカテゴリーで、プロ仕様のカメラに比肩しうる卓越した画質を実現するため、総合写真メーカーとして長年培ってきた画像に関する高度な技術とノウハウを結集し、その表現力や操作性など細部にわたり徹底的にこだわり抜いたデジタルカメラです。描写性能を高めたフジノン23mm F2の高画質レンズと、そのレンズの性能を極限まで生かすAPS-Cサイズの1,230万画素CMOSセンサー、そして、高度な信号処理を行う進化した「EXRプロセッサー」が、一眼レフカメラに匹敵する高画質を実現しています。

また、カメラのデザインにおいても、露出を設定するダイヤル類を天面にシンプルに配置し、電源を入れなくても設定状態が分かるようにするなど、写真を撮る道具としての使いやすさを追求しました。

*1 35mmフィルム換算:35mm相当。

1. 世界初!光学技術とデジタル技術の利点を融合させた新開発「ハイブリッドビューファインダー」

現在のコンパクトデジタルカメラでは、小型化・薄型化と同時に、背面の液晶モニターの高画素化・大型化が進み、ファインダーを覗きながらではなく液晶モニターを見ながら構図を決める撮影スタイルが主流になっています。一方で、従来のフィルムカメラでは、光学ファインダー(Optical Viewfinder:OVF)を覗いて撮影するスタイルが基本であり、ファインダーを覗くことで両脇を締めて手振れを防止し、構図づくりに集中できるというメリットがありました。また、液晶画面を使った電子ビューファインダー(Electronic Viewfinder:EVF)は、レンズでとらえた実像にシャッタースピードや露出などの撮影情報を表示できる点で機能的ですが、OVFほどのクリアな映像で見ることが困難でした。

「FinePix X100」に搭載した新開発「ハイブリッドビューファインダー」は、被写体を目で見たままの実像でとらえ、クリアな見えでフレーミングができるというOVFのメリットと、ファインダーの中にシャッタースピードや絞り値、ホワイトバランスなどの多彩な情報を表示できるEVFの利便性を両立させたものです。ファインダーを覗きながらの撮影条件設定や撮影者の意図に合わせたさまざまな撮影を楽しめるようになり、作品づくりの幅をより一層広げます。

<従来の「採光式ブライトフレームファインダー」と新開発「ハイブリッドビューファインダー」の構造比較>

[図]構造比較:従来の「採光式ブライトフレームファインダー」[図]構造比較:新開発「ハイブリッドビューファインダー」

「ハイブリッドビューファインダー」では、レンジファインダータイプのフィルムカメラに搭載されていた「採光式ブライトフレームファインダー」の採光窓と、撮影範囲を示すブライトフレームに当たる部分を、144万ドットの液晶パネルに置き換えています。この液晶パネルにブライトフレームや多彩な情報を表示し、プリズムを用いてファインダー窓から得られる光学像に重ね合わせることで、被写体をクリアな実像でフレーミングしながら撮影情報も同時に確認することができる仕組みです。搭載した液晶パネルは、高画質なEVFとしても使用でき、ワンタッチで自由に切り替えられます。

■ 「ハイブリッドビューファインダー」 : その他の特長
  • 逆ガリレオ方式(*2)、ファインダー倍率0.5倍のOVFを搭載。すべて高屈折硝材を使用したガラス製のため、色収差や歪みの極めて少ない見えを実現。
  • OVFモード時には、ブライトフレーム、文字の明るさを周囲の明るさに合わせて変化させ、常に見やすい情報を表示。また、シャッタースピード・絞り・感度などの設定値変更に合わせて表示データも変化。ファインダーを覗いたまま自在に操作可能。
  • EVFモード時には、144万ドットの高画質でスルー画・再生画像を表示。露出設定や被写界深度確認、ホワイトバランス確認、マクロ撮影時などに最適。

*2 接眼部に凸レンズを、被写体を見る側の対物レンズに凹レンズを置き、被写体の全範囲を見ることができるファインダー。ちょうどガリレオが作った望遠鏡を逆さに覗いたような形になるので、逆ガリレオ方式と呼ばれている。

2. 描写性能を飛躍的に向上させた新開発フジノン23mm F2レンズ

「FinePix X100」専用に、描写力を高めた単焦点23mm(*3)の明るいフジノンレンズを新開発。23mmは、撮影距離やカメラアングルによって、幅広い被写体に対応できるスタンダードな焦点距離です。レンズへの光の入射角が固定されることで、その角度に合わせた最適な光学設計が施せる固定式単焦点レンズのメリットを生かし、撮影画面の中心部はもとより周辺まで高い解像感を実現しました。さらに、独自の光学設計により開放値F2でも、絞りを1~2段絞り込んだ状態でも高い解像感が得られます(MTF曲線図参照)。

*3 35mmフィルム換算:35mm相当。

[図]MTF特性曲線

※ MTF曲線は、レンズ性能を評価する指標の1つで、被写体のコントラストをどれくらい忠実に再現できるかを示します。横軸に画面中心からの距離(mm)、縦軸にコントラスト(%)をとります。左のグラフはX100専用レンズの開放値F2とF4でのMTF曲線です。開放から高い性能を有し、絞ると(F4)さらに画質が向上します。

■ 「フジノン23mm F2レンズ」 : その他の特長

[図]X100レンズ構成図

  • 6群8枚非球面レンズ(ガラスモールド) 1枚。
  • レンズ長を抑えた非沈胴式レンズ。コンパクトさに加え、電源オン時の繰り出し動作が不要。素早く撮影がスタートできる。
  • 絞り羽根9枚を採用。開放値F2との組み合わせにより、美しいボケ味が得られます。
  • レンズ先端から被写体まで最短10cmの撮影距離を実現。小さな花やアクセサリーなどを大きくクローズアップするマクロ撮影にも威力を発揮します。
  • 3絞り相当のNDフィルターを内蔵。明るい環境でも絞りを開いて被写界深度を強調したり、シャッタースピードを落として動きのあるダイナミックな撮影(滝の流れなど)を実現し、作品の表現領域を広げます。

3. APS-Cサイズ 1,230万画素のCMOSセンサー

「FinePix X100」は、新開発フジノン23mm F2レンズの性能を最大限引き出せるよう、独自にカスタマイズした高性能APS-Cサイズ 1,230万画素のCMOSセンサーを採用しています。センサー中心部だけでなく、周辺部においても十分な光量を確保できるよう、マイクロレンズなどの構成物の配置を最適化することで、マイクロレンズからフォトダイオードへの光の入射角を拡大し、集光効率を向上しています。これにより、周辺部まで明るくシャープな撮影画像が得られます。

[図]APS-C CMOSセンサー

■ 「APS-C CMOSセンサー」 : その他の特長
  • 固定式単焦点レンズ、高感度センサー(従来比(*4)約10倍の感度特性)および画像処理エンジン「EXRプロセッサー」の最適な組み合わせによって、低感度から高感度までクオリティの高い画質を提供。
  • 静止画だけでなく、HD動画撮影時でも、高感度CMOSセンサーと開放値F2のフジノンレンズの組み合わせにより、従来のコンパクトカメラにはないボケ味を活用した撮影が楽しめる。

*4 当社コンパクトカメラ比

4. カメラのスムーズな操作性を実現した新開発「EXRプロセッサー」

「FinePix X100」は、従来の画像処理エンジンから信号処理能力を飛躍的に向上し、信号処理の応答性能を高速化させました。撮影・再生ともにスムーズな操作性を提供します。新開発の「EXRプロセッサー」は、富士フイルム独自の「スーパーCCDハニカムEXR」で実現した「高感度・低ノイズ技術」、「ワイドダイナミックレンジ技術」、「高解像度技術」をより進化させるとともに、高感度CMOSセンサーとの組み合わせにより当社最高峰の画質を実現しています。

■ 「EXRプロセッサー」 : その他の特長
  • CMOSセンサーの高速読み出しと「EXRプロセッサー」のAF駆動方式の進化により、高速AFを実現。OVFモードでシャッタータイムラグの極めて少ない快適な撮影が可能。
  • グラフィクス機能を強化し、「ハイブリッドビューファインダー」や液晶モニターに表示される文字やアイコンなどの細かな描写を実現。

5. デザイン

「FinePix X100」は、長い歴史を持つフィルムカメラの「様式美」を演出した高品位なデザインに仕上げました。

  • コンパクト性と操作性を高次元でバランスさせたボディ構成。
  • 天面軍艦部/底面はマグネシウム合金を採用し、高精度で高剛性のカメラボディを実現。
  • 電源を入れなくても設定状態がわかるシャッタースピードダイヤルと露出補正ダイヤルを天面に採用。ダイヤルはすべて金属部品で構成。
  • 高級感あふれ、手触り感を大切にした高級レザー調の仕上げで、シックなボディを演出。

[写真]デジタルカメラ「FinePix X100」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 03-5786-1712
  • 報道関係 広報部
  • TEL 03-6271-2000

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る