ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

画面にタッチするだけでどんなシーンもキレイに撮影!
49パターンの中からカメラが最適な画質設定を自動で選択

EXR CMOSセンサー搭載 デジタルカメラ「FinePix Z900EXR」

広角28mmからの光学式5倍ズームレンズ・3.5型ワイドタッチパネル

新発売

2011年4月5日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、同時に2本の指で操作可能なマルチタッチ操作に対応した3.5型ワイド・タッチパネルを採用し、よりスムーズで直感的な操作性を実現したデジタルカメラ「FinePix Z900EXR」を、平成23年4月16日より発売いたします。1600万画素の「EXR CMOSセンサー」と、画像処理エンジン「EXRプロセッサー」を採用し、49パターンの画質設定からカメラが最適な設定を自動で選択する「プレミアムEXR AUTO」を搭載。快適なタッチ操作でどんなシーンも高画質に撮影できます。

「FinePix Z900EXR」に搭載した3.5型ワイド・タッチパネルは、直感的に操作できるマルチタッチ操作に対応し、画面にタッチした2本の指を広げたり狭めたりすることで再生画像を拡大・縮小表示することができます。さらに、画面にタッチするだけで、ピント合わせやそのシーンに最適な画質設定を行い、自動でシャッターを切る「タッチEXRオート」を搭載。画面に触れるだけの簡単操作でどんなシーンもキレイに撮影できます。このほか、見たい写真をすぐに探せる機能として好評の「2画面サクサク再生」や、ページをめくるようなアニメーション表現でコマ送り再生ができる新しいインターフェース採用により、カメラを快適に楽しくお使いいただけます。

また、富士フイルム独自開発の1600万画素の「EXR CMOSセンサー」と画像処理エンジン「EXRプロセッサー」を採用することで、シーンに合わせて49パターンの画質設定の組み合わせから最適なものをカメラが自動で判断する「プレミアムEXR AUTO」を実現しました。まず、色や明るさなどの情報をもとに、夕焼け・青空・緑・ビーチ・スノーなどのシーンを認識。次に、人物の有無や逆光かどうかを判断して撮影条件を最適化します。その上で、「EXR CMOSセンサー」がシーンに最適な撮像方式(高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先)に自動で切り替えます。例えば“ビーチ×人物逆光×ダイナミックレンジ”や“夜景×人物×高感度・低ノイズ”など、その組み合わせは49パターンにもなり、あらゆるシーンを最高の画質でとらえることができます。色情報も細かく認識するため、夕焼けの赤色や青空の青色、木々の緑色などを鮮やかに記録します。従来より明るさが40%アップ(*1)した、ノイズの少ないきれいなフルHD(1920×1080ピクセル)動画撮影も可能です。

新開発・広角28mm(*2)からの屈曲型フジノン光学式5倍ズームレンズを搭載し、最薄部15.2mmのスリムでスタイリッシュなボディを実現した「FinePix Z900EXR」は、レッド・ピンク・ホワイト・ブルー・シルバーの5色のカラーバリエーションよりお選びいただけます。

*1 CMOSセンサー(EXR CMOSセンサーを除く)を搭載した当社デジタルカメラと比較して。

*2 35mmフィルム換算。

製品名 カラーバリエーション 発売日 希望小売価格
デジタルカメラ「FinePix Z900EXR」 レッド・ピンク・ホワイト・ブルー・シルバー 平成23年4月16日(土) オープン

[写真]デジタルカメラ「FinePix Z900EXR」レッド[写真]デジタルカメラ「FinePix Z900EXR」ピンク[写真]デジタルカメラ「FinePix Z900EXR」ホワイト[写真]デジタルカメラ「FinePix Z900EXR」ブルー[写真]デジタルカメラ「FinePix Z900EXR」シルバー

1. 主な特長

(1) スムーズで直感的な操作が可能な3.5型ワイド・タッチパネル搭載
  • 同時に2本の指で操作が可能なマルチタッチ操作に対応。画面にタッチした2本の指を広げたり狭めたりして、簡単に再生画像を拡大・縮小表示することができる。
  • 画面にタッチするだけで、ピント合わせやそのシーンに最適な画質設定を行い、自動でシャッターを切る「タッチEXRオート」を搭載。カメラを向けて画面に触れるだけの簡単操作で美しい写真が撮影できる。
  • 画像再生時、カメラを縦にすると上下2画面に分けて別々の画像を表示し、それぞれ独立して操作可能な「2画面サクサク再生」。上にプレビュー画面、下にサムネイル画面を表示することもでき、大量の画像データの中から簡単に手早く目的の画像を検索できる。
  • 3.5型ワイド・タッチパネルは、約46万ドットの高解像度。上下左右160度の広視野角で斜めからも見やすい。
(2) 当社独自の1600万画素「EXR CMOSセンサー」と「EXRプロセッサー」で、画質と高速性が格段に向上!
  • 撮影シーンに応じて3つの撮像方式(高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先)を切り替える当社独自のEXR技術を採用した、「EXR CMOSセンサー」を搭載。明るいシーンから暗いシーン、明暗差があるシーンまで、いつでも最適な画質で撮影可能。
  • 「高感度・低ノイズ優先」では、ノイズ量を最大約1/4(*3)に抑えたクリアでキレイな高感度画質を実現。夜景や光量が足りない室内での高感度撮影に威力を発揮。
  • 「ダイナミックレンジ優先」では、ダイナミックレンジ最大1600%(*4)で、白飛びと黒つぶれを防いだ階調豊かな写真が、「高解像度優先」では1600万画素をフルに使い、風景や人物の細部まで再現した写真が得られる。
  • 信号処理能力を高めた、進化した「EXRプロセッサー」を搭載。「EXR CMOSセンサー」と組み合わせることで信号の読み出し速度が高速化し、最大約12コマ/秒(400万画素)の高速連写を実現。
  • 高感度性能を生かし、従来より明るさが40%アップした、ノイズの少ないきれいなフルHD(1920×1080ピクセル)動画撮影が楽しめる。
  • 画像検索時のスピードも格段に向上し、快適な操作性を実現。

*3 1600万画素以上のCCDを搭載した当社デジタルカメラとの比較。

*4 ワイドダイナミックレンジ機能非搭載の当社機種に対して。

(3) 「プレミアムEXR AUTO」搭載!49パターンの中からカメラが最適な画質設定を自動で選択
  • 夕焼け・青空・緑・ビーチ・スノーなどのシーンを認識、さらに、人物の有無と逆光を判断して撮影条件を最適化。その上で「EXR CMOSセンサー」がシーンに最適な撮像方式に自動で切り替える。その組み合わせは49パターンにもなり、あらゆるシーンを最高の画質で美しく記録。
  • 色情報も細かく認識し、夕焼けの赤色や青空の青色、木々の緑色などをより鮮やかに記録。
(4) スリムなカメラボディに、広角28mmからのフジノン光学式5倍ズームレンズを搭載
  • 「FinePix Z900EXR」用に開発した、広角28mmからの屈曲型・フジノン光学式5倍ズームレンズを搭載。この薄型レンズにより、最薄部15.2mmのスリムなボディを実現。
  • ポケットに入れて持ち運びやすいコンパクトサイズながら、広がりのある風景をワイドな画角で撮影できる。
(5) その他の特長
  • 動画撮影中に、最大記録画素数800万画素での静止画記録が可能。
  • タッチ操作によってグルーピングした画像だけを再生できる「電子フォトアルバム」機能(フォトブックアシスト)。
  • 360度のダイナミックなパノラマ写真が簡単に撮影できる「ぐるっとパノラマ360」。
  • 犬、または猫の顔をカメラが自動で検出し、ピントや撮影条件を最適化する「ペット自動検出機能」。犬または猫が正面を向いた瞬間にピントを合わせて自動でシャッターを切る「ペットオートシャッター」も搭載。
  • フィルムを選ぶような感覚で4種類の色彩・階調表現を使い分けられる「フィルムシミュレーション」。
  • ワイヤレスで簡単に画像のやりとりが楽しめる「高速赤外線通信(IrSimple™/IrSS™(*5))」。
  • 被写体の2人の顔が顔検出機能によって検出され、2人の顔の距離が接近した時にセルフタイマーがスタートする「恋するタイマー」。
  • カメラ本体との組み合わせによりコーディネートが楽しめるソフトケース(別売)を用意。高級感のあるクロコ柄のホワイト・ブラック、キラキラのグリッター素材のピンク、牛毛のファー本革を使用したダルメシアン柄の4種類。

*5 IrSimple™/IrSS™はInfrared Data Association®の商標です。

[写真]ソフトケース

【 迫力のある超ワイドプリントサービス「ぐるっとパノラマプリントサービス」 】
フジカラーのお店にメモリーカードを持っていけば、撮影したパノラマ写真を、超ワイドなパノラマサイズでプリントすることができます。ダイナミックな画角をそのまま生かしてプリントでき、独創的な作品に仕上がります。
【 さまざまな写真の「楽しみ」を提供する写真総合サイト「Fotonoma(フォトノマ)」 】
「Fotonoma」は、富士フイルムがインターネットを通じてデジタルカメラや写真に関するさまざまな情報・コミュニケーションサービスを利用しやすく提供する、便利で楽しめる写真総合サイトです。
【 撮影後の画像の楽しみ方をさらに広げる画像ビュアーソフトウェア「MyFinePix Studio」 】
デジタルカメラで撮影した大量の画像を簡単に管理、閲覧、プリントでき、またアップロード、画像編集などを楽しむことができるソフトウェアです。

2. 別売アクセサリー

製品名 型番 希望小売価格(税込)
SDメモリーカード (2GB) SD-002G-C4A オープン
SDHCメモリーカード (4GB) SDHC-004G-C6 オープン
SDHCメモリーカード (8GB) SDHC-008G-C6 オープン
SDHCメモリーカード (16GB) SDHC-016G-C6 オープン
ソフトケース (ホワイト/ブラック/ピンク/ダルメシアン) (新製品) SC-G30 オープン
充電式バッテリー (リチウムイオンタイプ) NP-45A 5,380円
ACパワーアダプター AC-5VX 4,200円
DCカプラー (ACパワーアダプター接続用) CP-45 3,675円
バッテリーチャージャー BC-45W 5,040円

3. 「FinePix Z900EXR」の主な仕様

型番 FinePix Z900EXR
有効画素数 1600万画素
撮像素子 1/2型 EXR CMOS 原色フィルター採用
記録メディア 内蔵メモリー(約63MB)/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)(*6)
レンズ 名称 フジノン光学式5倍ズームレンズ
焦点距離 f=5.0mm~25.0mm (35mmフィルム換算 : 28mm~140mm相当)
開放F値 F3.9(広角)~F4.9(望遠)
レンズ構成 11群13枚 (非球面4枚)
デジタルズーム 最大 約5倍 (光学5倍と併用して最大約25倍)
撮影可能範囲(レンズ先端から) 標準 : [広角]約60cm~∞/[望遠]約1m~∞
マクロ : [広角]約9cm~80cm/[望遠]約20cm~80cm
撮影感度(*7) AUTO、ISO100/200/400/800/1600/3200/6400(標準出力感度)
ISO6400は画像サイズ[M]か[S]で設定される画素数となります。
ブレ補正 光学式 (CMOSシフト方式)
液晶モニター 3.5型ワイド TFTカラー液晶モニター タッチ式 約46万ドット(視野率 約100%)
アスペクト比16:9
動画 1920×1080ピクセル/1280×720ピクセル/640×480ピクセル(30フレーム/秒)
音声付き(ステレオ)
動画撮影中の光学ズーム可能
赤外線通信機能 Ir-Simple™、Ir-SS™
電源 充電式バッテリー NP-45A (リチウムイオンタイプ) (付属)
専用DCカプラー CP-45 (別売) と専用ACパワーアダプター AC-5VX (別売)を併用
寸法・質量 (幅)100.8mm×(高さ)59.0mm×(奥行き)18.2mm 最薄部 15.2mm(突起部含まず)
約135g (バッテリー、メモリーカード含まず)
約151g (付属バッテリー、メモリーカード含む)
標準撮影枚数(*8) 約220枚 (AUTOモード時)
付属品 充電式バッテリー NP-45A(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャー BC-45C、プラグアダプター、ストラップ、専用USBケーブル、CD-ROM(画像ビュアーソフトなど)(*9)、使用説明書・保証書一式

*6 動作確認機種は、http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/compatibility/index.html で掲載予定です。

*7 撮影モードによりISO感度は異なります。

*8 撮影モードAUTO時 CIPA対応
バッテリーは付属のものを使用。液晶モニターON、温度(23℃)、30秒ごとに1回撮影。撮影ごとに光学ズームを広角側と望遠側で交互に繰り返して端点まで移動し、2回に1回フラッシュをフル発光、10回に1回電源OFF/ONして撮影。撮影枚数はバッテリーの保存状態や使用条件によって多少変わります。
注意 : 電池の充電容量により撮影可能枚数の変動があるため、ここに示す電池作動可能枚数を保証するものではありません。低温時では電池作動可能枚数が少なくなります。

*9 付属画像ビュアーソフト対応OS Windows 7/Windows Vista/Windows XP/MacOS X 10.3.9~10.6対応

[写真]デジタルカメラ「FinePix Z900EXR」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 03-5786-1712
  • 報道関係 広報部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る