ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

24mmからの光学式15倍ズームと、最適な画像処理を行う「超解像技術」で30倍までくっきり美しく

EXR CMOSセンサー搭載 デジタルカメラ「FinePix F600EXR」

99パターンから最適な撮影条件にカメラが自動で設定し、どんなシーンでも簡単キレイ!

新発売

2011年8月11日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、広角24mmからの光学式15倍ズームに、最適な画像処理を行う超解像技術を組み合わせることで、遠くの被写体を30倍までくっきりと美しく撮影できる新開発の「超解像ズーム」と、99パターンの撮影条件から最適なものをカメラが自動で判断する進化した「プレミアムEXR AUTO」を搭載したデジタルカメラ「FinePix F600EXR」を、平成23年8月27日より発売いたします。

「FinePix F600EXR」は、撮影シーンに応じて3つの撮像方式(高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先)に切り替える当社独自のEXR技術を採用した「EXR CMOSセンサー」を搭載しており、明るいシーンから暗いシーン、明暗差があるシーンまで、いつでも最適な画質で撮影が可能です。

今回、従来モデル(FinePix F550EXR)でご好評をいただいた広角24mmからの光学式15倍ズームと、最適な画像処理を行う新開発の超解像技術を組み合わせることで、画像劣化しやすいデジタルズーム時でもさらに2倍の30倍までくっきりした高い解像感で撮影することが可能になりました。

また、シーンに合わせて自動で最適な画質設定を行う「プレミアムEXR AUTO」をさらに進化させ、これまでの夜景、ビーチ、青空などのシーンの認識、人物の有無と逆光の判断に加えて、新たに被写体の動きの有無を検出。その上で「EXR CMOSセンサー」を最適な撮像方式に自動で切り替えます。これにより、全99パターンの撮影条件であらゆるシーンを最高の画質でとらえることができます。特に、被写体の動きの検出により、動いている時は感度とシャッタースピードを上げて被写体ブレを軽減し、動いていない場合は感度を下げてノイズ感の少ない画像を撮影することが可能になりました。

さらに、GPS機能も強化しました。位置情報(緯度・経度など)を画像に記録できることに加えて、「ARランドマークナビモード」に設定すると、カメラを向けた方向にある周辺のランドマークを、現在地からの方向・距離情報とともに画面上に表示できます。この世界初(*1)の「ARランドマークナビ機能」を活用することで、旅先でも付近の撮影スポットを簡単に探すことができ、思い出の一枚を残すことができます。

*1 カメラを向けた方向にあるランドマークとその方角・距離などを、AR(拡張現実感)を利用して、実写映像の上に重ねて表示できる機能を持ったデジタルカメラは世界初。2011年8月当社調べ。

製品名 カラーバリエーション 発売日 希望小売価格
デジタルカメラ
「FinePix F600EXR」
ブラック・シャンパンゴールド 平成23年8月27日(土) オープン
レッド・ホワイト 平成23年9月10日(土)

[写真]デジタルカメラ「FinePix F600EXR」ブラック[写真]デジタルカメラ「FinePix F600EXR」レッド[写真]デジタルカメラ「FinePix F600EXR」ホワイト[写真]デジタルカメラ「FinePix F600EXR」シャンパンゴールド

1. 主な特長

(1) 広角24mmからの光学式15倍ズームに加え、新開発の「超解像ズーム」で30倍までくっきり美しく
  • 雄大な風景から遠くの被写体まで、幅広い場面で活躍する光学15倍(360mm)のワイドズームレンズに、最適な画像処理を行う新開発の「超解像技術」を組み合わせて、さらに2倍の30倍ズーム時まで高い解像感を実現した写真を撮影できる「超解像ズーム」を搭載。従来のデジタルズームではぼやけてしまっていた輪郭部をくっきり美しく表現することが可能です。

<富士フイルムの超解像技術について>

1枚の画像で、全体に同じ処理を加えるのではなく、輝度の変化の少ない部分と、被写体の輪郭など変化の大きい部分を抽出し、それぞれに最適な画像処理を実行する技術。これによりエッジ部を強調しながら、自然でなめらかな階調を両立し、画像劣化しやすいデジタルズーム時にも高い解像感を実現しました。

(2) 1600万画素「EXR CMOSセンサー」と「EXRプロセッサー」で、高画質を実現
  • 人間の眼が明るさによって解像力や感度を変化させるメカニズムに着目し、シーンに合わせて1つのセンサーで3つの撮像方式(高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先)を切り替えて撮影できる当社独自のEXR技術と、高感度な裏面照射型CMOSセンサーを融合させた、「EXR CMOSセンサー」を搭載。
  • 「高感度・低ノイズ優先」では、ノイズ量を最大約1/8(*2)に抑えたクリアでキレイな高感度画質を実現し、夜景や光量が足りない室内での高感度撮影に威力を発揮。「ダイナミックレンジ優先」では、ダイナミックレンジ1600%(*3)で、白飛びと黒つぶれを防いだ階調豊かな写真が、「高解像度優先」では、クラス最高レベルの1600万画素をフルに使い、風景や人物の微細な情報まで再現した写真が得られます。

*2 1600万画素以上、1/2型・1/2.3型のCCDを搭載した当社デジタルカメラとの比較。「インテリジェントブレ防止」併用時での撮影において。

*3 ワイドダイナミックレンジ機能非搭載の当社機種に対して。

(3) 進化した「プレミアムEXR AUTO」搭載!99パターンの撮影条件から最適なものをカメラが自動で判断
  • 夕焼け、青空、緑、ビーチ、スノーなどのシーン認識、人物の有無と逆光の判断に加えて、新たに被写体の動きの有無を検出。その上で「EXR CMOSセンサー」を最適な撮像方式に自動で切り替え、前機種(FinePix F550EXR)の49パターンからさらに増えた全99パターンの撮影条件の組み合わせで、あらゆるシーンを最高の画質でとらえることができます。
  • 高感度で4枚の画像を連写し、高度な画像処理技術により重ね合わせることで、ブレを補正する「インテリジェントブレ防止」モード。光が足りない夜景やブレやすいズーム時などで、手持ちでも手ブレ・ノイズのない美しい画像が撮影可能。
(4) GPS機能がさらに進化!周辺の撮影スポット情報が画面に表示される世界初(*1)「ARランドマークナビ機能」搭載
  • 位置情報(緯度・経度など)を画像に記録できることに加えて、新搭載の「ARランドマークナビモード」に設定すると、カメラを向けた方向にある周辺のランドマークの情報が画面上に表示され、現在地からその地点の方向・距離を簡単に確認できます。カメラを垂直に持つと、カメラを向けた方向にあるランドマークのアイコンが、AR(拡張現実感)を利用して、方角や距離情報とともに実写映像の上に重ねて表示されます。カメラのレンズを下に向けて水平に持つと、レーダーチャート表示に切り替わり、半径1500mまでの全方位の情報を見ることが可能。世界の都市など約100万件の位置情報の中から付近の撮影スポットを簡単に探すことができ、あなたの旅をサポート!

[図]ARランドマークナビ機能

  • 撮影後にはランドマークや都市名での画像検索ができるほか、位置情報を記録した画像をパソコン(*4)に取り込めば、グーグルマップに撮影画像を表示させ、旅のルートを表示・記録することが可能。旅の楽しさが広がります。

*4 インターネットへの接続および富士フイルムの画像ビュアーソフトウエア「MyFinePix Studio」のインストールが必要です。

2. その他の特長

  • ホールド性が良く、質感の高いラバー塗装を新たに採用。(ブラック機のみ)
  • 1600万画素のフル画素で最大約8コマ/秒、800万画素で約11コマ/秒の高速連写が可能。
  • 明るくノイズの少ないきれいなフルHD(1920×1080ピクセル)動画撮影が楽しめ、さらに動画撮影中の静止画撮影も可能。
  • 新ジャイロセンサー搭載で安定性も向上!継ぎ目のない360度のダイナミックなパノラマ写真が簡単に撮影できる「ぐるっとパノラマ360」。
  • コントラスト比1100:1、視野角上下・左右160度で斜めからも見やすい3.0型約46万ドット「プレミアムクリア液晶」。
  • シーンに合わせて最適な発光をする「スーパーiフラッシュ」。
  • ワイヤレスで簡単に画像のやりとりが楽しめる「高速赤外線通信(IrSimple™/IrSS™(*5))」。
  • GPS情報を基に、時刻を自動で補正することができ、旅先で便利。
  • フィルムを選ぶような感覚で5種類の色彩・階調表現を使いわけられる「フィルムシミュレーション」。

*5 IrSimple™/IrSS™はInfrared Data Associationの商標です。

【 迫力のある超ワイドプリントサービス「ぐるっとパノラマプリントサービス」 】
フジカラーのお店にメモリーカードを持っていけば、撮影したパノラマ写真を、超ワイドなパノラマサイズでプリントすることができます。ダイナミックな画角をそのまま生かしてプリントでき、迫力のある作品に仕上がります。
【 さまざまな写真の「楽しみ」を提供する写真総合サイト「Fotonoma(フォトノマ)」 】
「Fotonoma」は、富士フイルムがインターネットを通じて、デジタルカメラや写真に関するさまざまな情報と、コミュニケーションサービスを連動させた、便利で、楽しめる写真総合サイトです。
【 撮影後の画像の楽しみ方をさらに広げる画像ビュアーソフトウエア「MyFinePixStudio」 】
デジタルカメラで撮影した大量の画像を簡単に管理、閲覧、プリントでき、またアップロード、画像編集などを楽しむことができるソフトウエアです。

3. 別売アクセサリー

製品名 型番 希望小売価格(税込)
SDメモリーカード Class4 (2GB) SD-002G-C4A オープン
SDHCメモリーカード Class6 (4GB) SDHC-004G-C6 オープン
SDHCメモリーカード Class6 (8GB) SDHC-008G-C6 オープン
SDHCメモリーカード Class6 (16GB) SDHC-016G-C6 オープン
SDHCメモリーカード Class10 (4GB) (新製品) SDHC-004G-C10 オープン
SDHCメモリーカード Class10 (8GB) (新製品) SDHC-008G-C10 オープン
SDHCメモリーカード Class10 (16GB) (新製品) SDHC-016G-C10 オープン
SDHCメモリーカード Class10 (32GB) (新製品) SDHC-032G-C10 オープン
ソフトケース (ブラック/ホワイト/ブラウン) SC-D20 オープン
充電式バッテリー (リチウムイオンタイプ) NP-50 5,250円
ACパワーアダプター AC-5VX 4,200円
DCカプラー (ACパワーアダプター接続用) CP-50 3,675円
バッテリーチャージャー BC-45W 5,040円
専用防水プロテクター WP-FXF500 オープン
Oリングキット ORK-FXF500 オープン

4. 「FinePix F600EXR」の主な仕様

型番 FinePix F600EXR
有効画素数 1600万画素
撮像素子 1/2型 EXR CMOS 原色フィルター採用
記録メディア 内蔵メモリー(約33MB)
SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
レンズ 名称 フジノン光学式15倍ズームレンズ
焦点距離 f=4.4mm~66mm (35mmフィルム換算 : 24mm~360mm相当)
開放F値 F3.5 (広角)~F5.3 (望遠)
レンズ構成 10群12枚 (非球面3枚)
デジタルズーム EXR Autoモード 超解像ズーム 最大約2倍 (光学15倍と併用して最大約30倍)
EXR Autoモード以外 超解像ズーム 最大約3.4倍 (光学15倍と併用して最大約51倍)
絞り F3.5/F7.1/F10(広角)、F5.3/F10/F16(望遠) NDフィルター併用
撮影可能範囲 (レンズの先端から) 標準 : [広角]約45cm~∞、 [望遠]約2.5m~∞
マクロ : [広角]約5cm~3.0m、 [望遠]約1.2m~3.0m
撮影感度(*6) AUTO、ISO100/200/400/800/1600/3200/6400*/12800* (標準出力感度)
* ISO6400は画像サイズ[M][S]、ISO12800は画像サイズ[S]で設定される画素数となります。
ブレ補正 光学式 (CMOSシフト方式)
液晶モニター 3.0型 TFTカラー液晶モニター 約46万ドット (視野率 約100%)
動画 1920×1080ピクセル/1280×720ピクセル/640×480ピクセル 30フレーム/秒
音声付き(ステレオ) 動画撮影中の光学ズーム可能
赤外線通信機能 IrSimple™/IrSS™ (日本仕向けのみ)
電源 充電式バッテリー NP-50 (リチウムイオンタイプ)(付属)
専用DCカプラー CP-50(別売)とACパワーアダプターAC-5VX(別売)を併用
寸法・質量 (幅)103.5mm×(高さ)62.5mm×(奥行き)32.6mm
約220g (付属バッテリー、メモリーカード含む)
約201g (バッテリー、メモリーカード含まず)
標準撮影枚数(*7) 約300枚 (AUTOモード時)
付属品 充電式バッテリー NP-50、バッテリーチャージャー BC-45W、ストラップ、専用AVケーブル、専用USBケーブル、CD-ROM(画像ビュアーソフト、RAW現像ソフトなど)(*8)、使用説明書、保証書一式

*6 撮影モードによりISO感度は異なります。

*7 「撮影モードAUTO時CIPA対応。バッテリーは付属のものを使用。液晶モニターON、温度(23℃)、30秒ごとに1回撮影。撮影ごとに光学ズームを広角側と望遠側で交互に繰り返して端点まで移動し、2回に1回フラッシュをフル発光、10回に1回電源OFF/ONして撮影。撮影枚数はバッテリーの保存状態や使用条件によって多少変わります。
注意:電池の充電容量により撮影可能枚数の変動があるため、ここに示す電池作動可能枚数を保証するものではありません。低温時では電池作動可能枚数が少なくなります。

*8 付属画像ビュアーソフト対応OS Windows 7/Windows Vista/Windows XP/MacOS X 10.3.9~10.6対応
RAW現像対応OS Windows 7/Windows Vista/Windows XP/MacOS X 10.3.9~10.6対応

[ロゴ]POWERED BY ZENRIN[ロゴ]NAVTEQ MAPS

● 地名情報については、国内は株式会社ゼンリン、海外はNAVTEQの提供を受けています。

● 本サービスは株式会社ゼンリンおよびNAVTEQのPOI(位置情報)を使用しています。“POWERED BY ZENRIN”は株式会社ゼンリンの登録商標です。
©2010 ZENRIN Co., Ltd. All rights reserved.

● NAVTEQ MAPS™はNAVTEQの商標です。©2010 NAVTEQ All rights reserved.

[写真]デジタルカメラ「FinePix F600EXR」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 03-5786-1712
  • 報道関係 広報部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る