ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

富士フイルムが進めるオフセット印刷用刷版材料の環境施策

CO2排出量最大63%削減(*1)を可能にする「CTP版/PS版」の
クローズドループリサイクルをスタート

アルミニウムの再利用により、省資源化にも貢献!

2011年9月15日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、印刷会社や新聞社などで使用された当社のオフセット印刷用刷版材料「CTP版/PS版」から主原材料であるアルミニウムを再利用するクローズドループリサイクル(*2)を本年10月よりスタートします。印刷会社や新聞社、アルミニウム回収会社、合金メーカー、圧延メーカーなどと協力して、環境負荷を大幅に低減する本リサイクルを促進していきます。

オフセット印刷用刷版材料「CTP版/PS版」には、耐刷性や保水性、耐汚れ性など良好な印刷特性を確保するために、純度の高いアルミニウムを使用しています。そのため、従来はアルミニウムの新地金を使用してきました。しかしながら、アルミニウムの新地金を製造するには、新たな資源と大量のエネルギーを要し、大きな環境負荷がかかります。

富士フイルムは、平成19年に生産工程で発生したテストサンプルや端材など、製品として使用されない廃材アルミニウムを再利用するクローズドループリサイクル体制を確立。リサイクル時の不純物の混入を抑えて、高品質な「CTP版/PS版」を製造・提供する中で、クローズドループリサイクルの実績を積んできました。

今回、富士フイルムは、環境負荷のさらなる低減を図るため、印刷会社や新聞社で使用された「CTP版/PS版」のクローズドループリサイクルの仕組みを新たに構築しました。具体的には、まず当社グループ会社で、本リサイクルの推進窓口となる株式会社エフアールが、印刷会社や新聞社などと取り引きしているアルミニウム回収会社(*3)を通じて、当社製の使用済み「CTP版/PS版」を入手します。そして、協力先の合金メーカーが、使用済み「CTP版/PS版」を再生地金として生産し、さらに圧延メーカーが、その再生地金を使って純度の高い「CTP版/PS版」生産用アルミニウムコイルへと加工します。富士フイルムは吉田南工場で、このアルミニウムコイルを原材料に使って、高品質な「CTP版/PS版」を製造します。

本リサイクルしたアルミニウムを生産工程へ投入することで、アルミニウムの製造から「CTP版/PS版」の生産までに発生するCO2量を、アルミニウム新地金を使用した場合と比較して最大63%削減(*1)できます。

富士フイルムは、このたび、本リサイクルの拡大を推進するため、同活動への参画を証明する当社独自の環境マーク「PLATE to PLATEマーク」を、ISO14021(環境ラベル・タイプII)(*4)に基づき制定し、印刷会社や新聞社などへ提供していきます。今後、参画企業は、同マークを印刷物に表示するなど、環境への取り組みに有効活用いただけます。

富士フイルムは、今後も資源リサイクルの質的改善や地球温暖化防止など、一歩先行したさまざまな取り組みを積極的に行い、21世紀の地球にとって最重要課題である“持続可能な発展”に貢献していきます。

*1 「CTP版/PS版」の原材料に、アルミニウム新地金を使用した場合と、使用済み「CTP版/PS版」をすべて再利用して生産した再生地金を使用した場合との比較。アルミニウムの原料となるボーキサイトの精錬から「CTP版/PS版」製造までに発生するCO2発生量の削減効果を示しています。

*2 品質の低下を伴わずに、同じ製品に再生するリサイクル。資源廃却を最小限にすることができます。

*3 当社製「CTP版/PS版」と、異種金属および微量金属成分が異なる他社製「CTP版/PS版」を区別していただく必要があります。

*4 ISO(国際標準化機構)の環境ラベルの規格で、タイプIIは企業が自ら環境配慮を主張する自己宣言型のラベル。

【使用済み「CTP版/PS版」のクローズドループリサイクルの仕組み】

[図]使用済み「CTP版/PS版」のクローズドループリサイクルの仕組み

(参考)当社が従来から取り組んできた、生産工程の廃材アルミニウムのクローズドループリサイクルの仕組み

[図](参考)当社が従来から取り組んできた、生産工程の廃材アルミニウムのクローズドループリサイクルの仕組み

【PLATE to PLATEマーク】

PLATE to PLATEマーク

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま CSR推進部 環境・品質マネジメント部
  • TEL 03-6271-2064
  • 報道関係 広報部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る