ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

主要原材料をリサイクルしてCDやDVDを生産する

「CD/DVD Disc to Disc リサイクル」を開始

CO2排出量を最大約45%(*1)削減

2011年11月15日

株式会社富士フイルムメディアクレスト

株式会社富士フイルムメディアクレスト(社長:今藤 圭哲)は、使用済みのCDやDVDから、主原材料のポリカーボネート樹脂を分離し、それらを使って再度CDやDVDを生産する「CD/DVD Disc to Disc リサイクル」を平成23年11月16日より開始します。

「CD/DVD Disc to Disc リサイクル」で生産すれば、バージンポリカーボネート樹脂のみを使用した場合に比べ、使用するポリカーボネート樹脂の生産時のCO2排出量を最大約45%(*1)削減することが可能です。

現在、業務用や教育産業用で使われているCDやDVDは一定期間の使用後、回収されて大半が産業廃棄物として裁断・廃棄処理されています。またCDやDVDの生産工場においても、製品として出荷されなかった廃CD・DVDが産業廃棄物として処理されています。現在、これらの一部は回収され、低純度のリサイクルプラスチック材料として使用されていますが、CDやDVDの材料として再び使用できる品質基準を満たしておらず、回収したリサイクル材料を再び製品の原材料とする循環型リサイクルシステムは確立されていませんでした。

富士フイルムでは長年にわたり写真フィルム素材のリサイクルを推進しており、早くからベースフィルムと銀素材の分離回収技術を開発し、高度な素材リサイクルを実現してきました。また本年10月からは、オフセット印刷用刷版材料「CTP版/PS版」から主原材料であるアルミニウムを再利用するクローズドループリサイクル(*2)をスタートしています。

今回、富士フイルムメディアクレストが開発した「CD/DVD Disc to Disc リサイクル」は、使用済みのCDやDVDから、主要原材料のポリカーボネート樹脂を分離し、異物をほぼ完全に除去してペレット化した上、それを使い再度、光学ディスクの生産を行うことができるシステムです。

[ロゴマーク]Disc to Disc

富士フイルムメディアクレストは、自社工場から出る廃CD・DVDに加え、顧客企業から情報管理を徹底して回収した使用済みのCDやDVDより、光学ディスクのリサイクル生産を行います。回収した使用済みCDやDVDからポリカーボネート樹脂を分離し、高純度なペレットを精製する「高精度クリーンペレタイズ技術」(*3)は、長年富士フイルムとともに写真フィルムなどの製品からの銀素材の分離回収を推進してきた協力企業であるパナック工業株式会社が開発したものです。

また、本リサイクルシステムで生産したことを示す「Disc to Disc」ロゴマーク(*4)をCD・DVDのディスク表面に印字してご提供することが可能です。これにより、環境への配慮をユーザーに広くアピールいただけます。

富士フイルムメディアクレストは、CDやDVDのプレス生産やコピー加工を提供する情報記録メディアの専業メーカーです。1995年にCDの生産を開始して以来、ISO14001など環境マネジメントシステムを導入し、富士フイルムグループ全体の環境方針である「富士フイルムグループグリーン・ポリシー」に基づくエコ活動にも取り組んできました。

富士フイルムメディアクレストは、今後もさまざまな情報記録サービスの提供や商品開発を行い、情報記録メディア技術のさらなる進歩に貢献していきます。

*1 今回の「Disc to Disc リサイクル」システムに用いるリサイクルポリカーボネート材を50%配合した材料は、バージンのポリカーボネートと比べて、材料生産時のCO2排出量が約45%少ない。

*2 品質の低下を伴わずに、同じ製品に再生するリサイクル。

*3 粉砕されたCDやDVDを薬品に浸して、CDやDVDのベースからアルミなどの塗布層を浮かび上がらせる「化学的処理」と、力を加えることで粉砕されたかけら同士がぶつかり合い塗布層を剥がす「物理的処理」を組み合わせた「洗浄剥離技術」により、異物混入率がバージン材と同程度のリサイクルポリカーボネート樹脂を回収し、ペレット化する技術。「洗浄剥離技術」はパナック工業株式会社の特許技術です。

*4 環境に配慮したCDやDVDであることの表記を目的とした、富士フイルムメディアクレスト制作のロゴ。

1. システム名
「CD/DVD Disc to Disc リサイクル」
2. 運用開始日
平成23年11月16日
3. 特長

(1) 使用済みのCDやDVDから、主要原材料のポリカーボネート樹脂を分離し、高純度なペレットに精製した上、それらを使い再度、光ディスクの生産を行うことができる。

(2) バージンポリカーボネート樹脂の使用時に比べ、使用するポリカーボネート樹脂の生産時のCO2排出量を約45%削減可能(*1)。

(3) 本リサイクルシステムで生産したことを示す「Disc to Disc」ロゴマーク(*4)を製品に印字してご提供できるため、環境配慮のアピールが可能。

(4) 富士フイルムメディアクレストはISO9001・ISO14001・P(プライバシー)マークを取得しており、安定した品質・環境に配慮した生産体制・厳重な情報管理により、安全にリサイクル製品を提供。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま/報道関係 株式会社富士フイルムメディアクレスト 営業部
  • TEL 03-5304-7522
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る