ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

光をコントロールするベースメイクの技術がさらに進化

「シミ」と「正常な肌」の色と光反射を解析し、シミを自然にしっかりとカバーする技術を確立

・シミは正常な肌より、ほかの色に比べて相対的に黄色光を強く反射している

・シミは、加齢によって色が「暗く」「黄色く」変化する

2011年11月17日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、顔の「シミ」と「正常な肌」の色と光反射の特徴を解析するために、女性(20~50代)130名を対象として、肌色測定データの調査解析を実施いたしました。その結果、「シミ」は「正常な肌」より、ほかの色に比べて相対的に黄色光を強く反射していること(図1)、さらにシミは年齢とともに色が「暗く」、「黄色く」変化している(図2)(図3)という特徴があることが明らかになりました。そして、この解析結果から、ファンデーションやコンシーラーなどのベースメイクでシミを自然にカバーするには、「シミ」特有の黄色光を効果的に吸収することが重要であることを見いだしました。そこで、当社は、光の吸収と反射をコントロールして美しい肌色を実現する従来のベースメイク技術を進化させ、シミをカバーする技術を新たに確立いたしました。「シミ」特有の光の吸収と反射をコントロールすることで正常な肌とシミ部分との差異をなくし、「シミ」と「正常な肌」の境界を目立たなくする最適な色設計を行うことで、シミを自然にしっかりカバーします。今後、この技術をベースメイク化粧品の開発に応用していきます。

研究の背景

メラニン色素が過剰に生成されることによって発生する「シミ」は、女性にとって深刻な肌悩みのひとつです。(*1) シミは幅広い年代で発生する現象ですが、加齢とともにメラニン色素の生成と代謝のバランスが崩れることによって深刻化していきます。当社はこのような背景から、20代~50代女性の肌を対象に、「シミ」と「正常な肌」の特徴を詳細に解析し、その結果に基づいて、ベースメイクでシミを自然にしっかりカバーする技術の開発を目指しました。

*1 1000名の女性を対象とした肌悩みに関する調査では、女性が肌悩みとしてあげるトラブルの第1位は「シミ・そばかす」でした。(2011年9月富士フイルム調べ)

研究の結果

肌解析より、シミは肌の正常部より、ほかの色に比べて相対的に黄色光を強く反射していること、また加齢によって色が「暗く」、「黄色く」変化していることを発見。

「シミ」が「正常な肌」に比べて目立って見えてしまう原因について、これまで詳細な調査結果が報告されていませんでした。そこで当社は、写真分野で培ってきた肌色解析技術を駆使し、20代~50代女性の「シミ」と「正常な肌」の肌色を測定し、光の吸収と反射の違いを調べました。また色の明度(明るさ)、彩度(鮮やかさ)、色相(色味)の3つのデータから解析を行い、それぞれの色の特徴を導き出しました。その結果、「シミ」は「正常な肌」より、ほかの色に比べて相対的に黄色の光が強く反射されていること(図1)、また「シミ」はすべての世代において肌色の明度が低下(暗く変化)していること、さらに加齢とともにより黄色味に寄る傾向があることが分かりました。(図2)(図3)

【図1】 50代女性のシミ部と正常部の反射スペクトル比較

[図]50代女性のシミ部と正常部の反射スペクトル比較

【図2】 シミ部と正常部の肌色比較

[図]シミ部と正常部の肌色比較

【図3】 世代ごとのシミ部分の色ずれ

20代~50代女性のシミ部の色について、正常部を基準としてどれだけ「黄色」、および「赤色」にずれているかをグラフ化した。

[図]世代ごとのシミ部分の色ずれ

新たに確立した技術内容

1. 「シミ」の黄色光の反射を抑制することで、正常な肌と異なるシミの光反射バランスを整え、自然にしっかりシミをカバーするベースメイク用粉体「ライトアナライジングパウダーS」を開発。
今回の調査で明らかになった「シミ」に特徴的な黄色光の反射を抑えるのに有効な顔料色素は、製剤への安定的な配合が困難なため、商品化にいたっておらず、今まではベースメイクを塗布してもシミ部分だけが肌の上で浮き上がって目立ってしまっていました。今回、当社はこの問題を解決し、「シミ」特有の黄色光の反射を抑制する光学粉体「ライトアナライジングパウダーS」を独自に開発することに成功しました。
2. 「シミ」と「正常な肌」の境界線が目立たない世代ごとの最適な色設計を実現。
ベースメイクなどでシミを自然にカバーするためには、シミの色味特徴を踏まえて、ベースメイクの色を「シミ」と「正常な肌」の色の差異をなくすように、つながりの良い最適な色味に設計することが重要です。今回行った20代~50代女性の肌色解析結果をもとに、「シミ」と「正常な肌」の色味の差異を減らし、境界を目立たなくするために最適な色を世代ごとに導き出しました。

【図4】 実際の肌上でのシミカバー写真

[図]実際の肌上でのシミカバー写真

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま ライフサイエンス事業部 営業部 ヘルスケアグループ
  • TEL 03-6271-2252
  • 報道関係 広報部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

関連情報

関連情報更新日 2011年11月17日

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る