ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

韓国半導体市場において、電子材料製品の拡販を強化!

富士フイルム 韓国に半導体材料の製造会社を設立

2011年11月17日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)の半導体材料の製造・販売子会社である富士フイルム エレクトロニクスマテリアルズ株式会社(社長:石川 隆利、以下、FFEM)は、韓国内に富士フイルムグループが95%(*1)出資する半導体材料の製造会社を設立します。本日、新会社に5%の出資を予定しているexax(エグザクス)社(本社:韓国・慶尚北道)との間で、合弁会社設立およびexax社の工場設備など一部資産の新会社への譲渡に関する契約を締結しました。新会社による生産開始は平成24年3月を予定しています。

*1 出資比率は、富士フイルム子会社のFFEMが72%、FFEMの台湾子会社 FUJIFILM Electronic Materials Taiwan Co., Ltd. が23%、そのほかexax社が5%を予定。

exax社は1976年に創業、ディスプレイ材料などの事業を手掛ける化学メーカーで、韓国大手ディスプレイメーカーを中心に材料供給を行っています。新会社はexax社が持つ土地・建物・設備を有効活用し、韓国の大手半導体メーカーに対し、富士フイルムの独自技術を応用した最先端の半導体製造工程に対応する現像液やCMPスラリー、クリーナーなど電子材料製品の供給を進めていきます。

アジアの半導体市場は、リーマンショック後も高い成長を続けています。中でも韓国市場はアジア半導体市場での存在感をさらに増しており、今後も高い成長が見込まれています。今回の製造子会社設立により、デリバリーの効率化や顧客ニーズへの対応力を高め、さらなる顧客満足度の向上を図ります。

富士フイルムは高機能材料分野を重点事業の一つと位置付け、FFEMのアジア・米国・ベルギーの拠点を通じて、半導体製造工程で使用される材料・機器・サービスをグローバルに供給する体制を整えています。今回、韓国に製造拠点を加えることにより電子材料事業の一層の拡大を図り、半導体デバイス産業の発展に貢献していきます。

<新会社の概要>

社名FUJIFILM Electronic Materials Manufacturing Korea Co., Ltd.
所在地韓国忠清南道天安市西北区業成洞624番
代表者石川 隆利 (富士フイルム株式会社 執行役員 エレクトロニクスマテリアルズ事業部長)
事業内容半導体向け電子材料製品 (現像液、CMPスラリー、クリーナーなど)の製造
設立時期平成24年1月末(予定)
資本金230億ウォン
出資比率(予定)FFEM : 72%、FUJIFILM Electronic Materials Taiwan Co., Ltd. : 23%、exax社 : 5%

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム エレクトロニクスマテリアルズ株式会社 経営企画部
  • TEL 03-3406-6379
  • 報道関係 富士フイルム株式会社 広報部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る