ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

3Dデジタルカメラの撮影画像から簡単に対象物の寸法・面積・立体形状を計測

「FUJIFILM 3D計測システム」新バージョンを発売

測定レンジ拡大、立体形状データ精度向上でより幅広い用途の計測アプリケーション開発が可能に

2012年3月22日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、3D計測専用デジタルカメラで撮影した3D画像から、対象物の寸法や面積、立体形状を簡単に計測できる「FUJIFILM 3D計測システム」の機能・精度を大幅に向上させた新バージョンを本日より発売します。本システムは、さまざまな用途の計測アプリケーションに活用することが可能です。

当社の「FUJIFILM 3D計測システム」は、対象物を専用デジタルカメラの左右のレンズで同時に撮影し、2つの画像から三角測距の原理を使って計測を行う仕組みを用いています。3D計測専用デジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3M」、専用キャリブレーション(*1)データ、アプリケーションを作成するためのソフトウエア部品(ソフトウエア開発キット:SDK)で構成されており、本システムを用いて建築や工業製品などニーズに合った計測アプリケーションを開発いただけます。

現在、建築・土木現場における測量や文化財、プラント、工業製品の形状計測など、多くの分野で寸法や形状の非接触での計測が必要とされていますが、これまで一般的だったレーザータイプの計測機などを用いた測定は、機材が高価で、大型のため持ち運びが難しく、専門知識を持った技師の操作が必要でした。

しかし、平成22年の「FUJIFILM 3D計測システム」の発売後、本システムを採用した簡易計測用のアプリケーションがソフトウエア開発企業から提供され、どなたでも簡単に対象物の寸法・面積・立体形状を計測することが可能になりました。また企業の生産技術部門などにも採用され、独自の計測アプリケーションに組み込んで、プラントなどさまざまな用途の計測にご活用いただいています。

今回の新バージョンでは同システムに実測補正機能を新たに追加し、測定レンジを従来の約60cm~3mから約30cm~10mへと大幅に拡大しました。また、カメラのキャリブレーション精度と処理精度の向上により、従来よりも滑らかな立体形状データの算出を可能にしました。これにより、建築現場やプラントなどでの大型の対象物の測量や現場記録から、工業製品や家具など、小型の対象物の3Dデータ取得までより幅広い用途の計測アプリケーション開発にご活用いただけます。

なお、本システムは桜井(株)製簡易計測アプリケーション『StarPictMeasure(スターピクトメジャー)』、 (株)アルモニコス製空間計測ソフトウエア『撮測3D(さっそくスリーディー)』に採用されています。

富士フイルムは、平成21年に3Dデジタルカメラを発売し、新しい「映像」の楽しみ方を提案してきました。今後、当社の3D技術を「映像」だけでなく、「計測」の分野でもご活用いただけるよう、新製品開発や普及拡大を進めていきます。

[図] 3D計測システム SDK

*1 撮影した画像の歪みや周辺減光、2つのレンズのズレ量などを正確に測定しデータ化すること。

1. 名称
「FUJIFILM 3D計測システム」
2. 提供開始日
平成24年3月22日
3. システム構成
  • 3D計測専用デジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3M」
  • 専用キャリブレーションデータ
  • ソフトウエア開発キット(SDK)
4. SDKの主な機能
(1) 3D寸法計測
撮影された画像上で採寸したい箇所を選択することにより、3次元空間上での位置、長さ、面積などを高精度に計測します。

[写真] 3D寸法計測

(2) フルカラー3D点群データ算出
デジタルカメラと同等のフルカラー3D情報が取得できます。さらに、カメラのキャリブレーション精度と処理精度の向上で、より滑らかな立体形状データの算出が可能になりました。

[写真] 3D寸法計測

5. 主な特長
(1) 3Dデジタルカメラを用いた、持ち運びやすく優れた操作性のシステム
  • 軽量・小型の3D計測専用デジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3M」を使用するため、従来撮影が困難だった屋外の被写体や動く被写体も簡単に撮影・計測可能。
  • 複雑な操作が不要のため、どなたでも簡単に計測ができます。
(2) 高精度な計測を実現
  • ワイド端(35mm換算焦点距離35mm)で計測可能
  • 測定レンジ : 約30cm~10m
  • 測定精度の目安 (カメラに正対している対象物に対して)
  • カメラからの距離2m : ±1%程度 (実測補正時)
  • カメラからの距離10m : ±3%程度 (実測補正時)
(3) 多様な計測用途に対応
測量・現場記録、文化財・構造物計測、家具や工業製品など静物の3Dデータ取得など、幅広いニーズにマッチした計測アプリケーションを開発いただけます。

[図] 多様な計測用途に対応

6. 本システムを採用しているソフトウエア
桜井株式会社 『StarPictMeasure』 (http://www.sakurai.co.jp/products/planning/cad_gis/spm.html
株式会社アルモニコス 『撮測3D』 (http://www.armonicos.co.jp/products/sassoku3d/index.html

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る