ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

漫画の電子書籍化に最適なソフトウエア

「GT-MangaAuthor」/「GT-MangaViewerEngine」

電子書籍の世界規格「EPUB3」(*1)に対応

新開発

2012年7月3日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、漫画の電子書籍化に最適なソフトウエアとして、電子書籍の世界規格「EPUB3」に対応した電子コミック向けオーサリングツール(*2)「GT-MangaAuthor(ジーティーマンガオーサー)」とAndroidアプリ用電子コミックビュアーエンジン「GT-MangaViewerEngine(ジーティーマンガビュアーエンジン)」を開発しました。7月4日から東京ビッグサイトで開催の「第16回 国際電子出版EXPO」にて公開いたします。

現在、日本の電子書籍市場には、複数の電子書籍データの規格が存在しており、出版社や配信会社はそれぞれの規格ごとに電子書籍データを制作する必要があります。また、ユーザーは、スマートフォンやタブレット端末で電子書籍を読む場合、その規格にあった専用ビュアーを端末にインストールする必要があります。世界の電子書籍市場では、電子書籍規格の国際的標準化団体IDPF(国際電子出版フォーラム)が提唱する規格「EPUB」が広く普及しています。「EPUB」の改訂版である「EPUB3」は、大手出版社や流通会社が次々と採用を決めており、今後、日本国内で最も普及することが見込まれています。

「GT-MangaAuthor」は、電子コミックの画像データ(*3)を「EPUB3」フォーマットの電子書籍ファイルに出力する(*4)ことができるオーサリングツールです。現在IDPFが公開している「EPUB3」に関する定義書 Rendition Propertyに対応した「見開き」、「目次設定」などが可能です。また、「GT-MangaAuthor」を、昨年発売しご好評をいただいている電子コミックのコマ自動検出ソフトウエア「GT-Scan」(*5)や、画像データ最適化ソフト「GT-Quality」(*6)と組み合わせれば、電子コミックの制作・配信作業の大幅な効率化とコストダウンが可能です。

「GT-MangaViewerEngine」は、Android端末のビュアーに組み込むことで、「EPUB3」フォーマットの電子書籍を表示可能にするソフトウエアモジュールです。また、「GT-MangaViewerEngine」は、富士フイルムが独自技術で開発したJPEGレンダリングエンジン(*7)を搭載している為、電子コミックの画像を美しく表示することが可能です。さらに、スマートフォンで電子コミックをコマの流れに沿って表示するトレース表示(*8)機能を利用できます。タップ操作により、トレース表示時に片手で快適に読み進めることができます。当社では、既存ビュアーを持つ配信会社に対して「GT-MangaViewerEngine」の販売とその仕様開示を本日より行います。

今後富士フイルムは、「EPUB3」に対応した電子書籍制作ツールや、高精細化する端末画面に対応したより美しい画像データを生成するためのソフトウエアモジュールを順次発売いたします。これらの画像処理技術を通じて、電子書籍市場の拡大に貢献していきます。

*1 EPUBはHTML5やCSS3などのWeb標準技術をベースにした、電子書籍データの世界標準規格。電子書籍データの国際的標準化団体IDPFが日本語に対応させた「EPUB3」を公開しており、今後日本市場でも普及が見込まれている。

*2 各種情報を編集・統合して、一つのデータにまとめるソフトウエア。

*3 スキャナでデジタル化した漫画原稿や、制作ソフトウエアからの出力および製版プロセスから出力される画像データ。

*4 1ページに1枚の画像を割り当てる表示方法であるフィックスレイアウト型での出力。コミック画像データのコマなどを見やすく再配置して表示するリフロー型には非対応。

*5 電子コミックの画像データのコマを検出し、コマの座標などの位置情報(トレース情報)を自動で付与するソフトウエア。

*6 1枚のマスター画像から各種端末に最適化した画像を自動生成するソフトウエア。画質を保ちつつ総データ容量を制御できる。

*7 データを読み込んで、データに付けられた条件や特定のルールに従って適切な形に表現しなおすソフトウエア部品。

*8 スマートフォンの小さな画面でコミックを読む場合、コマ座標などの位置情報(トレース情報)をもとに画面タップの都度コマを進めていく表示方法。

[画面] GT-MangaAuthor

1. 「GT-MangaAuthor」の主な特長
(1) シンプルでわかりやすいインターフェース
「EPUB3」フォーマットの電子書籍ファイル作成までの手順をアイコン化。左のアイコンから順番に作業をすすめることで、「EPUB3」ファイルを作成することができます。
(2) 複数の出力画像サイズを登録可能
モバイル端末の画面に最適な出力画像サイズを、あらかじめ複数登録することができます。あらかじめ登録された条件を選べば、同じ品質の出力画像を作成することが可能です。
(3)簡単に出力ファイルのサイズを指定できる
数値を入力するだけで、出力ファイルのサイズを指定可能。画像の品質を保ちながら、端末への配信に最適なサイズに調整できます。電子コミックの制作作業が大幅に効率化され、コストダウンにつながります。
(4) 画像データ最適化ソフトウエア「GT-Quality」と組み合わせれば、出力ファイルのサイズを小さくしても、モアレや粗さが目立たず細部まで高画質な画像でファイルを出力できます。

[図] 表示比較

2. 「GT-MangaViewerEngine」の主な特長
(1) ページ表示とトレース表示の切り替えが可能

[1] 画面のダブルタップで、ページ表示とトレース表示の切り替えができます。

[2] トレース表示時は画面タップだけで、コマの流れに沿って快適に読み進めることができます。

[図] 「GT-MangaViewerEngine」の主な特長:ページ表示とトレース表示の切り替えが可能

(2) 電子コミックを読みやすくする便利な機能
  • ジャンプバー機能 : ジャンプバーを左右にスライドさせることで、見たいページをすぐに表示できます。
  • しおり機能 : ページの途中でもコマごとに最大3件まで「しおり」を設置できます。

[図] 「GT-MangaViewerEngine」の主な特長:電子コミックを読みやすくする便利な機能

[画像] Apple iPhone標準搭載のEPUB対応電子書籍リーダー「iBooks」でも、「GT-MangaAuthor」で出力したファイルのページ表示が可能

3. その他

(1) Apple iPhone標準搭載のEPUB対応電子書籍リーダー「iBooks」でも、「GT-MangaAuthor」で出力したファイルのページ表示が可能です。

(2) 「Access社 iOSビュアー」(GT-MangaAuthor対応版カスタマイズ)では、「GT-MangaAuthor」で出力したファイルのページ表示とトレース表示が可能です。


※ Android、Google、GooglePlayは、米国Google Inc.の商標または登録商標です。

※ iPhone,iPad,iBooksは、米国Apple社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る