ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

デジタルカメラ・プロジェクター・監視カメラの高性能レンズを増産

フィリピンに光学レンズの加工・組立の新工場を建設

2012年8月21日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、デジタルカメラやプロジェクター、監視カメラに用いる高性能レンズの生産能力を増強するため、フィリピンに光学レンズの加工・組立を行う新工場を建設します。新工場は、平成24年10月に着工、平成25年6月に稼動の予定です。

富士フイルムは、デジタルカメラレンズや携帯電話用カメラモジュール、放送用TVレンズ、監視カメラ用レンズ、プロジェクター用レンズなどを扱う光学デバイス事業を重点事業の1つとして位置付け、取り組みを加速させています。

光学レンズは、民生用から業務用まで幅広い製品で使用され、今後も世界的に成長が見込まれている分野です。現在、デジタルカメラ・監視カメラなどの各種カメラやプロジェクターなどの高性能化、経済成長が著しい新興国などでの普及率向上に伴い、光学性能が優れたレンズの需要が伸長しており、今後もその傾向は継続していくと予想されています。このような中、電力などのインフラが整備されており、若い人材も豊富であるフィリピンに新工場を建設し、光学レンズの生産能力の増強を図ることを決定しました。

今回の新工場は、光学レンズの研磨やコーティングなどの加工から組立までを一貫して生産できる工場です。ガラスレンズの表面をナノオーダーで高精度に研磨する「レンズ研磨機」や、反射防止用多層薄膜を形成する「真空蒸着機」などの生産設備を導入し、デジタルカメラ・プロジェクター・監視カメラの高性能レンズを生産していきます。

また、平成25年6月の稼動開始から段階的に生産設備を増強することで、平成27年度には18百万枚/年まで引き上げ、伸張する光学レンズの需要に対応していきます。なお、総投資金額は23億円を計画しています。

富士フイルムは、独自の開発設計力、高度な製造技術力や品質管理に基づいたフジノンブランドの製品を世の中に提供し、多様化するお客さまの幅広いニーズに対応してきました。今後も、光学デバイス分野のリーディングカンパニーとして、市場ニーズにマッチした製品を開発・発売し、本分野のさらなる発展に貢献していきます。

<新工場の概要>

会社名FUJIFILM Optics Philippines, Inc
所在地マニラ南部ラグナ州 (カーメルレイ工業団地)
総投資金額23億円
生産品目デジタルカメラ・プロジェクター・監視カメラの光学レンズの加工・組立
着工時期平成24年10月予定
稼動開始時期平成25年6月予定

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 広報部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る