ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

写真で広がる“絆”!撮る人と見る人の想いをつなげる日本最大級の参加型写真展

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2013」
目標数を30,000点に拡大して、3月20日より作品募集開始

2013年3月18日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、写真を撮るよろこび、見せる・飾る楽しさを感じていただくため、2006年より全国各地の会場で「“PHOTO IS”10,000人の写真展」を毎年開催してきました。8回目となる今年は、より多くの方に写真の価値を実感していただくため、各地域の写真店との連携を今まで以上に強化し、作品募集の目標数を「10,000点」から「30,000点」に拡大して開催いたします。

開催に先立ち、3月20日から5月31日までの期間、展示作品を募集いたします。

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展」は、大サイズの銀写真(*1)プリント作品に、“写真に込めた想い”を書き添えて展示する日本最大級の参加型写真展です。通常のコンテストとは異なり、応募いただいた「全作品」が全国28都市のうちご希望の会場で必ず展示されます(*2)。

本写真展は、誰でも、好きな写真で気軽に参加できる、自分の想いを写真というカタチにして発表できる写真展として2006年から開始しました。出展者は年々増加し、昨年は0歳から98歳までの幅広い年齢層の方から、過去最多となる「19,126点」のご応募をいただきました。また、昨年7月から順次開催した展示会には、全国で約54万人もの方々にご来場いただきました。

開催に向けて、写真のかけがえのない価値をより多くの方に実感していただくために、さまざまな企画を進めていきます。

その一つが、『絆ポスト』です。昨年より開始した『絆ポスト』は、来場者が心を打たれた作品、共感を覚えた作品に対して手書きのメッセージを投函していただく仕組みです。昨年は、約18,000通ものメッセージが投函されました。

手書きのメッセージは、展示終了後に主催者より各出展者にお届けします。メッセージが届いた出展者の方からは、「自分の作品を知り合いだけでなく、たくさんの方に見てもらえた喜びをひしひしと感じました」「知らない方が直筆で書いてくれたメッセージが本当に嬉しくて、心が温かくなりました」「顔は見えませんが、心が通じ合ったようで胸が熱くなりました」という声を多数いただきました。

メッセージを投函した来場者の方からも、「素敵な写真が多くて、たくさんの作品にメッセージを書きました」「『絆ポスト』で写真を撮った人とつながることができてとてもよかった」という声をいただき、写真が持つ人と人をつなぐ力を再認識しました。

[イメージ] 2012年の応募作品と『絆ポスト』に寄せられたメッセージ

2012年の応募作品と『絆ポスト』に寄せられたメッセージ

写真を通じて気持ちを伝え合う楽しさや、人と人をつなぐ温かい「絆」の広がりを多くの方々に体験していただけるよう、今年も全国28会場でメッセージをお預かりします。

また、全応募作品の中から、佐々木希さん、佐野史郎さん、真木よう子さん、松田聖子さんら著名人と、プロ写真家の石川直樹さん、今森光彦さん、高砂淳二さん、土田ヒロミさん、中井精也さん、ハービー・山口さん、合計10名が『心に響いた作品』を計100作品選出し、それら作品を全国28会場で特別展示する「スペシャルフォトコンテスト2013」も実施いたします。

このほか、会場では毎年ご好評をいただいている写真館の若手フォトグラファーグループ「パイオニア・グリーン・サークル(*3)」による「家族の絆展」も同時開催します。プロが撮影した素晴らしい家族写真をぜひご覧ください。

富士フイルムは、イメージング分野のリーディングカンパニーとして、これからも写真文化の維持・発展に貢献し、写真の魅力・素晴らしさを伝えていきます。

*1 「銀写真プリント」とは、支持体上にハロゲン化銀と発色剤を含む写真感光材料に露光した後、現像処理して得られた写真プリントのこと。当社は、デジカメからの銀写真プリントの普及活動を継続して展開していきます。

*2 1人の方が、同一の作品を複数の会場に応募することや、異なる作品を複数の会場に1点ずつ応募することも可能です。ご希望の際は、会場数分の専用台紙をご購入いただきます。社会通念上、明らかに公序良俗に反すると判断した作品は展示できません。

*3 写真館の若手経営者の団体。

[イメージ] “PHOTO IS”10,000人の写真展2012の様子

1.募集期間
平成25年3月20日(水・祝) ~ 5月31日(金) ※当日店頭受付および当日消印有効
2.応募方法

(1) 本写真展のポスターを掲出している全国フジカラーのお店で、本写真展の参加料500円(税込)をお支払い いただき、専用台紙をお受け取りください。専用台紙は本写真展のウェブサイトでもお買い求めいただけます。

(2) 写真を専用応募台紙に貼り、タイトルと“作品に込めた想い”をご記入ください。

(3) 専用台紙に必要事項をご記入の上、フジカラーのお店にお持ちいただくか、下記の「富士フイルム“PHOTO IS”事務局」までご送付ください。

※ 対象プリントサイズ: 縦位置の作品 … 六切のみ、横位置の作品 … 六切、六切ワイド、A4、四切、四切ワイド

<作品送付先>

〒259-1143 神奈川県伊勢原市下糟屋1314番地 安田倉庫内
富士フイルム“PHOTO IS”事務局

3.作品のテーマ

被写体は人物・風景、すべて自由です。 応募者ご自身の想いが込められた作品にメッセージを添えてご応募ください。

「“PHOTO IS”30,000人の写真展2013」開催スケジュール

<メイン会場=7会場>

7月12日(金)~17日(水)東京都フジフイルム スクエア/東京ミッドタウン
8月2日(金)~4日(日)名古屋市 (愛知県) LACHIC
8月9日(金)~11日(日)大阪市 (大阪府)グランフロント大阪 ナレッジプラザ
8月30日(金)~9月1日(日)広島市 (広島県)紙屋町シャレオ
9月6日(金)~8日(日)札幌市 (北海道) JRタワー
9月13日(金)~15日(日)福岡市 (福岡県)ソラリアプラザビル/ソラリアターミナルビル
日程調整中仙台市 (宮城県) 仙台駅/AER

<サテライト会場=21会場>

7月19日(金)~21日(日)岡山市 (岡山県)イトーヨーカドー岡山店
7月26日(金)~28日(日)横浜市 (神奈川県)ランドマークプラザ
8月2日(金)~4日(日)盛岡市 (岩手県)フェザン
8月9日(金)~11日(日)上北郡 (青森県)イオンモール下田
8月24日(土)~25日(日)※予定甲府市 (山梨県)アイメッセ山梨 ※予定
8月30日(金)~9月1日(日)鈴鹿市 (三重県)イオンモール鈴鹿
9月6日(金)~8日(日)長野市 (長野県)ながの東急百貨店
9月13日(金)~15日(日)水戸市 (茨城県)イオンモール水戸内原
9月20日(金)~22日(日)旭川市 (北海道)アッシュ
9月20日(金)~22日(日)松江市 (島根県)イオン松江ショッピングセンター
9月27日(金)~29日(日)駿東郡 (静岡県)サントムーン柿田川
9月27日(金)~29日(日)宇部市 (山口県)フジグラン宇部
10月4日(金)~6日(日)秋田市 (秋田県) にぎわい交流館AU ※予定
10月5日(土)~9日(水)長崎市 (長崎県)アミュプラザ長崎
10月11日(金)~13日(日)函館市 (北海道)五稜郭タワー
10月11日(金)~13日(日)上益城郡 (熊本県)イオンモール熊本
10月18日(金)~20日(日)和歌山市 (和歌山県)オークワパームシティ和歌山店
10月18日(金)~20日(日)宮崎市 (宮崎県)宮交シティ
10月25日(金)~27日(日)かほく市 (石川県)イオンモールかほく
10月25日(金)~27日(日)伊予郡 (愛媛県) エミフルMASAKI
11月1日(金)~3日(日)大和郡山市 (奈良県)イオンモール大和郡山

※ 太字は新規開催地域です。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム“PHOTO IS”事務局
  • TEL 03-5962-7027
  • (月~金 午前9:00~午後5:00/土・日・祝日を除く)
  • “PHOTO IS”30,000人の写真展2013 公式ウェブサイト  http://photo-is.jp/
  • “PHOTO IS”30,000人の写真展2013 公式フェイスブックサイト  http://www.facebook.com/PHOTOIS10000/
  • 報道関係 富士フイルム株式会社 広報部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る