ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

独自技術を通じて、社会貢献に取り組む企業姿勢を伝える

TVCM「世界は、ひとつずつ変えることができる。」
~インフルエンザ検査技術篇~ 放映のご案内

- 11月1日(金)より全国にて放映開始 -

2013年10月31日

富士フイルム株式会社

[写真] TVCM「世界は、ひとつずつ変えることができる。」~インフルエンザ検査技術篇~

[写真] TVCM「世界は、ひとつずつ変えることができる。」~インフルエンザ検査技術篇~

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、2007年秋より、さまざまな分野において、先進独自の技術で社会に貢献する当社の企業姿勢をお伝えするTVCMを展開しています。

今回は、インフルエンザの早期発見に貢献する当社の「インフルエンザ・スピード検査技術」を紹介するTVCMを、11月1日(金)より放映いたします。

今までのインフルエンザ検査は、発症してしばらく時間がたってウイルスが増えるまで感染判定が困難でした。今回、富士フイルムは独自のインフルエンザ・スピード検査技術を確立。発症初期のわずかなインフルエンザウイルスでも検知が可能な高感度検査技術を開発いたしました。

■ インフルエンザで苦しむ夜をなくしたい。

インフルエンザ患者の多くは、子どもたちや高齢者。とくに抵抗力のない小さな子どもたちは、なるべく早い治療が重要です。熱が出てすぐに病院に連れて行くお母さんたち。しかし医師がその症状からインフルエンザを疑っても、検査で感染判定が出ずに「また明日、検査に来てください」というケースがありました。それは、病気になった子どもにとっても、心配する親にとっても、そして、早く適切な治療を始めたい医師にとっても、大変つらいことでした。

■ 発症初期のわずかなウイルスも検知する。インフルエンザ・スピード検査技術。

発症初期のインフルエンザの診断が難しかったのは、発症して時間がたってウイルスの数が増えるまで、従来の検査技術では検出しにくかったからです。しかし富士フイルムは、独自のインフルエンザ・スピード検査技術の研究を重ね、発症初期のわずかなウイルスでも検出可能な検査技術を開発しました。従来の検査技術は、インフルエンザウイルスに反応する目印(金コロイド抗体)を使って検出していました。しかし、ウイルス数が少ない初期のインフルエンザではウイルスの有無を確認しにくいことが課題でした。そこで富士フイルムの研究者たちは、「ウイルスが少なくて見づらいなら、その目印のまわりに、さらに大きな目印をつけて、もっと見やすくすればいい」と考えました。

この発想を具現化したのは、富士フイルムが得意とする「写真を現像する時に銀を増幅する技術」です。従来の目印(金コロイド抗体)のまわりに、もうひとつの目印である銀が増幅反応によって増えていく原理で、目印の大きさを約100倍にすることに成功。これにより、インフルエンザウイルスの検出感度は飛躍的に向上し、発症初期のわずかなウイルスでも見つけられる可能性が高くなりました。

[写真] TVCM「世界は、ひとつずつ変えることができる。」~インフルエンザ検査技術篇~

■ インフルエンザかどうか、ウイルスとの戦いは時間との戦い。

CMに登場するのは、インフルエンザ・スピード検査技術の開発を手掛けた実在の研究員です。デジタル時計で埋め尽くされた研究室の壁の前に立ち、ウイルス検査の研究をしながら、一刻も早く、インフルエンザウイルスを発見するために開発に取り組む姿を表現しています。大きなアナログ時計の針の上に、母と子が腰かけています。インフルエンザで具合の悪そうな男の子と、心配そうにしている母親。インフルエンザとの戦いは、時間との戦いでもあります。子どもが高熱を出してインフルエンザが疑われたら、1分でも早く原因をはっきりさせて治療をはじめたい。研究員の真剣な表情は、「子どもの体に入った、インフルエンザウイルスを早く見つけたい」という気持ちの表れです。

■ TVCMで使用した楽曲について

本シリーズのCM音楽には、NEW YORK の「Q Department(キューデパートメント)」を起用しています。「Q Department(キューデパートメント)」は、NYを拠点にする最先端の音楽制作・サウンドデザイン集団として、CM・テレビ番組・インタラクティブ・ゲーム等で幅広く活躍しています。

■ ナレーターに、THE BOOM 宮沢和史さんを起用

ナレーターには、ロックバンドのTHE BOOM、GANGA ZUMBAのボーカリスト、シンガーソングライター、俳優として幅広く活躍されている、宮沢 和史(みやざわかずふみ)さんを起用しています。大ヒット曲「島唄」は、日本国内だけでなく世界中で知られており、日本を代表するミュージシャンの一人です。

【スタッフリスト】

クリエイティブディレクターTUGBOAT、赤石 正人
CMプランナーTUGBOAT、町田 聖二、佐藤 雄介
コピーライター赤石 正人
ディレクターサノ☆ユタカ
撮影石田 東
プロデューサー森崎 秀嗣、豊岡 将和
音楽プロデュースMR.MUSIC 渡辺 秀文
音楽制作Q Department (キューデパートメント)
ナレーター宮沢 和史
母親役アンヌ
子ども役望月 太陽
クリエーティブエージェンシーTUGBOAT
制作会社ビスポークフィルム
広告会社(株)電通

[写真] TVCM「インフルエンザ検査技術」篇 30秒

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 一般のお問い合わせ先
    富士フイルム株式会社 宣伝部 原 雄二郎
  • 東京都港区赤坂9-7-3
  • TEL 03-6271-2031
  • 医療機関からのお問い合わせ先
    富士フイルムメディカル株式会社 マーケティング部 新田 里美
  • 東京都港区西麻布2-26-30
  • TEL 03-6419-8033
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る