ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

「Xシリーズ」の交換レンズラインアップに待望の超広角ズームレンズが登場!
ズーム全域で開放F値4.0の明るさで撮影可能!

「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS」

手ブレ補正機能を搭載し、夕景や室内の撮影でも美しい画像を撮影できる

新発売

2013年12月18日

2013年12月20日更新

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、レンズ交換式プレミアムカメラ「Xシリーズ」の交換レンズラインアップとして、超広角2.4倍ズームレンズ「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS」を平成26年2月より発売いたします。

「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS」は、35mm判換算で超広角15mmから標準的な焦点距離である36mmまでをカバーする、汎用性の高い2.4倍ズームレンズです。広角側の焦点距離を生かし、目の前に広がる風景を見た目以上の迫力でとらえたり、狭い室内でも空間を広く撮影することが可能です。望遠側の焦点距離を生かせば、スナップ撮影やポートレート撮影など、幅広いシーンでの撮影に威力を発揮します。ズーム全域で開放F値4.0の明るさで撮影でき、また、強力な光学式手ブレ補正機能を搭載したことにより、光量の少ない室内や夕景などの手ブレが起きやすいシーンでも美しい画像が撮影でき、手持ちでの撮影領域を広げます。本製品は、APS-Cサイズでフルサイズセンサーに匹敵する高い解像感と低ノイズを実現させる、独自の「X-Trans™ CMOS」(*1)センサーの性能を最大限引き出せるよう、高度な光学設計を施しており、画像周辺部まで高い解像力を発揮します。

なお、「Xシリーズ」の交換レンズラインアップでは、本製品が加わったことで、15mm(*2)から350mm(*2)までの幅広い撮影領域で高画質撮影をお楽しみいただけます。

*1 X-Trans は、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。
*2 35mm判換算

1. 製品名、発売日、価格

製品名 フジノンレンズ 「XF10-24mmF4 R OIS」 [写真]
発売日 平成26年2月
希望小売価格 オープン

2. 製品特長

(1)「X-Trans CMOSセンサー」に最適な光学設計により超高画質を実現
  • 富士フイルムの光学設計技術を結集し、「Xシリーズ」に搭載されている独自の「X-Trans CMOS」センサー(ローパスフィルターレス)に最適かつ最新の光学設計により超高画質を実現。逆光など過酷な環境下でもゴースト・フレアの発生を抑えます。
  • 新設計の高精細な非球面レンズ4枚、異常分散レンズ3枚(<2013年12月20日追記>異常分散レンズ 正:4枚 誤:3枚)を含む10群14枚の光学系を採用。全レンズの両面に、耐久性に優れ、余すことなく光をセンサーに導く富士フイルム独自の多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」を施しています。新たなコーティング技術により、超広角ズームレンズの深い凹面で発生しやすいゴーストを抑え、シャープでクリアな描写を実現します。
  • レンズの性能を最大限に引き出す「点像復元処理」(*3)に対応した「Xシリーズ」ボディ(*4)と、本レンズとを組み合わせることで、レンズごとの光学性能や特性を元に、回折現象(*5)などの光学的影響が補正され、画像のすみずみまで高いシャープネスやリアルな立体感が得られます。
  • 円形7枚絞り羽根を採用し、滑らかな円形のボケを作り出します。

*3 レンズごとの光学性能を元に、回折現象などで発生した光学的影響をシャープに補正する独自の画像処理機能。
*4 2013年12月現在、「FUJIFILM X-E2」が対応。
*5 絞りを絞り込んで撮影する際に、本来シャープになるべき細かい画像がボケてしまう現象。

(2)ズーム全域で開放F値4.0で撮影可能!光学式手ブレ補正機能も搭載
  • ズーム全域で、開放F値4.0の明るさで撮影でき、強力な光学式手ブレ補正機能を搭載。光量の少ない室内や夕景などの手ブレが起きやすいシーンでもブレを防ぎ、手持ち撮影でもさまざまなシーンで美しい画像を撮影可能です。
  • 広角側では、110°という広い画角と、遠近感を強調した撮影が可能な点を生かし、広大な風景や壮大な建築物をダイナミックに撮影できます。また、狭い室内での集合写真やインテリアの撮影など、被写体との十分な距離が確保できないときでも、被写体全体を撮影できます。
  • 最短撮影距離は24cmとマクロ撮影にも適しており、被写体をクローズアップしながら、背景を同時に写すことで、超広角の利点を生かした迫力ある表現をお楽しみいただけます。
(3)高速かつ静音なオートフォーカスを実現
  • フォーカシングシステムには、高速AFを実現するインナーフォーカス方式(*6)を採用。フォーカスレンズの軽量化と、高精度モーターの搭載により、高速かつ静音なAFを実現しました。位相差AFに対応した「Xシリーズ」ボディ(*4)と本レンズとを組み合わせることで、より高速なAFで快適に撮影いただけます。

*6 比較的大きいレンズで構成される前部は動かさずに、中間部あるいは後部の比較的小さなレンズを動かす方式

(4)高品位な外観と快適な操作性を実現
  • 金属製のフォーカスリングと絞りリングを搭載。レンズボディ外装は金属部品を採用し、高品位な外観に仕上げました。リングを廻すときの指先に伝わる質感と、適度なトルク感を重視し、繊細な操作が必要なマニュアルフォーカス時でも快適に撮影可能です。

3. 主な仕様

形式 フジノンレンズXF10-24mmF4 R OIS
レンズ構成 10群14枚 (非球面レンズ4枚、異常分散レンズ3枚)
(<2013年12月20日追記>異常分散レンズ 正:4枚 誤:3枚)
焦点距離 f=10-24mm(35mm判換算: 15-36mm相当)
画角 110° - 61.2°
最大口径比(開放絞り) F4
最小絞り F22
絞り形式 羽根枚数 7枚(円形絞り)
ステップ段差 1/3ステップ(全16段)
撮影距離範囲 標準:0.5m~∞
マクロ:24cm~∞
最大撮影倍率 0.16倍(T端)
外形寸法 最大径 × 長さ(約)
(先端よりマウント基準面まで)
φ78mm × 87mm(W端) / 87mm(T端)
質量(約)(レンズキャップ含まず) 410g
フィルターサイズ φ72mm

[写真] 「FUJIFILM X-Pro1」+「XF10-24mmF4 R OIS」 [写真] 「FUJIFILM X-E2 Silver」+「XF10-24mmF4 R OIS」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 「フジノン XFレンズ」スペシャルコンテンツ
  • http://fujifilm-x.com/xf-lens/
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る