ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ 最新ロードマップを公開

撮影領域を大幅に拡大する5本の新レンズをラインアップに追加

2014年1月6日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの最新ロードマップを公開いたします。4本のズームレンズを含む5本の新しい高性能レンズをラインアップに加えます。

当社は、平成24年2月にレンズ交換式プレミアムカメラ「FUJIFILM X-Pro1」と3種類の高性能な単焦点レンズを発売し、高級ミラーレス市場を切り拓いてきました。その後も、カメラボディと交換レンズのラインアップを拡充し、お客様のご要望を取り入れながら、レンズ交換式システムを充実させています。当社の交換レンズは、小型・軽量ながら、画面の隅々まで高い解像力を発揮します。焦点距離全域で明るい開放F値を実現したことによるシャープな描写と美しいボケ味に高い評価を頂いています。

今回のロードマップでは、高性能なズームレンズを中心にラインアップを拡充します。ズーム全域で開放F値2.8の明るさを実現する大口径標準ズームレンズ(XF16-55mmF2.8 R OIS)、大口径望遠ズームレンズ(XF50-140mmF2.8 R OIS)、高倍率ズームレンズ(XF18-135mmF3.5-5.6 R OIS)に加え、超望遠ズームレンズ(*1)や、豊かなボケ味で多彩な写真表現を可能にする大口径広角レンズ(*1)をラインアップに加えます。これにより、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズは、合計で17本のラインアップとなります。

これからも、当社は、「Xシリーズ」用交換レンズによるシャープな描写、美しいボケ味などの豊かな光学的表現と、写真フィルムの開発で培った色再現をはじめとする画質設計技術の融合により、多様な撮影領域での高画質撮影を実現し、写真表現の幅を広げていきます。

*1 超望遠ズームレンズや大口径広角レンズの仕様は発売時期に合わせ順次公開いたします。

[図] Xマウントレンズ ロードマップ

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 「フジノン XFレンズ」スペシャルコンテンツ
  • http://fujifilm-x.com/xf-lens/
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る