ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100/X100S」の高画質の撮影領域を広げる専用アクセサリーが登場!

「フジフイルム テレコンバージョンレンズ TCL-X100」

焦点距離50mm(*1)で開放F2.0のボケ味と高い解像力が楽しめる!

新発売

2014年4月16日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100/X100S」(以下、「X100/X100S」)に装着することで、標準50mm(*1)の焦点距離での撮影が可能になる「フジフイルム テレコンバージョンレンズ TCL-X100」(以下、「TCL-X100」)を、平成26年4月25日より発売いたします。

「X100/X100S」は、高品位なデザインのボディに独自開発のセンサーとプロセッサー、焦点距離35mm(*1)の高性能な単焦点レンズを搭載し、高画質と高速処理能力を高い次元で両立させたプレミアムコンパクトデジタルカメラです(*2)。明るい開放F2.0、高い解像力、美しいボケ味で好評をいただいている単焦点レンズ゙を、より多様な撮影スタイルでもお楽しみいただくため、平成23年5月に「X100」向けアクセサリーとして、レンズの焦点距離を広角28mm(*1)に変換する「フジフイルム ワイドコンバージョンレンズ WCL-X100」(以下、「WCL-X100」)を発売しました。

今回発売する「TCL-X100」は、「X100/X100S」のレンズ焦点距離を約1.4倍の50mm(*1)に変換するテレコンバージョンレンズです。「X100/X100S」専用に設計したことで高い光学性能を有し、装着しても「X100/X100S」の開放F2.0のF値は変わらず、解像力・美しいボケ味を活かしたポートレート撮影などに最適です。また、180gの軽量に加えて、ボディと統一した素材・表面仕上げを施すことにより、「X100/X100S」の高い質感・デザイン性を損なうことなくご使用いただけます。

「WCL-X100」と合わせて、28mm(*1)、35mm(*1)、50mm(*1)の3つの焦点距離で、「X100/X100S」での撮影をお楽しみいただけるようになります。

製品名 対応機種 カラーバリエーション 発売日 希望小売価格
「フジフイルム テレコンバージョンレンズTCL-X100」 「FUJIFILM X100/X100S」 シルバー/ブラック 平成26年4月25日(金) オープン
[写真]

*1 35mm判換算の焦点距離です。

*2 「X100」:平成23年3月発売。「X100S」:平成25年2月発売。「X100S」は、「X100」の後継機種です。

1. 製品特長

レンズ本来の光学性能を維持する専用設計

  1. 焦点距離23mm(35mm判換算35mm相当)の単焦点レンズ搭載のデジタルカメラ「X100/X100S」に装着することで、倍率約1.4倍の焦点距離33mm(35mm判換算50mm相当)での撮影が可能。
  2. 一般的にコンバージョンレンズを装着すると、本来レンズが持つ光学性能が損なわれ、画質が劣化してしまうのが通例でした。本製品は、「X100/X100S」のレンズを熟知した技術者による専用設計を施し、装着前と遜色ない高画質を実現。開放F値が変わることなく、高い解像力・美しいボケ味を活かしたポートレート撮影などに最適です。
  3. レンズ先端からの最短撮影距離14㎝を実現。迫力あるマクロ撮影もお楽しみいただけます。
  4. 部品の一つひとつから高い精度で作り上げられた「Made in Japan」品質です。
  5. オールガラス製の4群4枚構成。高性能硝材を使用し、収差を極力抑えた設計です。フジノン独自のスーパーEBC(Electron Beam Coating)コーティングなどの技術を採用し、高い描写性能を発揮します。

[写真]

カメラ内での画像処理で最適な補正を行い、高画質撮影を実現

  1. 一般的にコンバージョンレンズ装着時には、ディストーション(歪曲収差)・周辺光量低下・倍率色収差などが発生するという問題があります。本製品と「X100/X100S」との組み合わせでは、カメラ内の画像処理(*3)により最適な補正を施し、高画質撮影を実現します。
  2. 最新のファームウエアは、富士フイルムのウェブサイトよりダウンロード可能です。(平成26年4月22日公開予定)
  3. 本製品をご使用の際は、ファームウエアのアップデートにより追加される『コンバージョンレンズ』機能にて「テレ」を選択することで、自動で画像処理が行われます。『コンバージョンレンズ』機能の設定をFn(ファンクション)ボタンにショートカット登録することで、スピーディーな設定も可能です。

*3 画像処理を行うためにはカメラ内のファームウエアをアップデートしていただく必要があります。(X100: Ver2.10以降/X100S:Ver1.20以降)

快適な操作性

  1. 光学ファインダーと電子ビューファインダーを切り替えて使える「ハイブリッドビューファインダー」にも対応。光学ファインダーでの撮影時には、ファインダー内に撮影範囲の目安となる枠が表示されます。電子ビューファインダーでの撮影時は、視野率100%で仕上がりイメージを確認しながら撮影することが可能です。

カメラ本体と調和した高品位なデザイン

  1. 「X100/X100S」のレンズ鏡筒と材質・色・表面処理を統一しており、その高い質感がカメラボディとの一体感を演出します。

2. 主な仕様

型番 TCL-X100
倍率 約1.4倍
焦点距離(本体装着時) f=33mm(35mm判換算50mm)
レンズ構成 4群4枚
質量 180g
外形寸法 70mm(最大径)×46.5mm(全長)
フィルター径 φ67mm
付属品 使用説明書/専用ポーチ/レンズキャップ(前後)

※ 「テレコンバージョンレンズ TCL-X100」は、アダプターリングを使わず直接「FUJIFILM X100/X100S」に取り付けられます。
※ 「テレコンバージョンレンズ TCL-X100」に装着可能なプロテクトフィルター「PRF-67」は5月発売予定。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る