ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

CO2排出削減に加え、水資源の観点でも、環境に配慮した製品開発等を推進

「ウォーターフットプリントの算定方法に関するガイドライン」を制定

2014年6月4日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博、以下 富士フイルム)は、このたび調達・製造から販売・廃棄にいたる製品ライフサイクル全体の「水消費量」を定量的に評価するための「ウォーターフットプリント(*1)の算定方法に関するガイドライン」を制定しました。これまでのCO2排出削減に加え、水資源の面からも環境に配慮した製品開発や影響評価・情報開示に積極的に取り組みます。

近年、世界の水不足や水質汚染の問題が深刻化しています。欧州では、ライフサイクル全体での環境負荷を評価する指標である「環境フットプリント」(*2)に水資源枯渇の項目を含める動きがあり、水の環境影響算定手法の国際標準(ISO規格)が2015年初めに発行予定であるなど、水資源に係る影響評価・情報開示が国際的に求められています。

こうした社会動向を重視し、富士フイルムは、ウォーターフットプリント算定方法の検討を早くから開始し、今般、ガイドラインとしてまとめました。

富士フイルムは、すべての製品を設計・開発する際、CO2排出量などの環境負荷を製品ライフサイクル全体で定量的かつ客観的に評価する「環境配慮設計規則」を定めています。今回制定した「ウォーターフットプリントの算定方法に関するガイドライン」は、この「環境配慮設計規則」で運用しているCO2のライフサイクルアセスメント算定手順を基に、製品ライフサイクル全体での「水消費量」を算定するための考え方や具体的方法を明示したものです。「量」だけでなく、今後、国際標準化が実施された場合、明確化される「水質」(汚染度)も視野に入れています。さらに各製品開発担当者が活用しやすいよう、具体的な製品・サービスの事例を付属書に盛り込みました。

今後、「ウォーターフットプリントの算定方法に関するガイドライン」を活用し、製品ライフサイクル全体で「水資源に関する環境負荷」の「見える化」をワールドワイドに進めます。「水ストレス地域」(*3)を考慮した原材料調達も含め、環境に配慮した製品開発によって限りある水資源の持続可能な利用と保護に一歩先行した取り組みを推進していきます。

富士フイルムグループは、社会課題の解決を経営の目標として、“持続可能な社会の発展”への貢献を目指す中期CSR計画「サステナブル バリュープラン2016」を2014年度からスタートさせました。「水問題への対応」や「水資源の確保」を社会の重要課題と位置づけ、「高機能素材の開発などを通じた水汚染の軽減・抑制」や「水原単位(売り上げ当たりの水使用量)の2012年度レベル維持」を目標に掲げています。この目標達成に向け、本ガイドラインの活用を図り、水資源の面からも、環境に配慮した製品開発を推進し、21世紀の地球にとって最重要課題である“持続可能な社会の発展”に積極的に貢献していきます。

*1 ウォーターフットプリント
調達・製造から販売・廃棄にいたるまでの製品ライフサイクル全体に係る水消費量を算定し、水資源に係る環境負荷を定量化する手法

*2 環境フットプリント
製品・サービス・組織活動のライフサイクルを通じたCO2排出や水資源の枯渇など14項目にわたる環境負荷を定量的に示す手法。現在、欧州委員会で検討中。

*3 水ストレス地域
農業、工業、生活などで使用する人口一人当りの年間利用可能水資源が1,700m3を下回る国・地域

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま CSR推進部 環境・品質マネジメント部
  • TEL 03-6271-2064
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る