ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

レーザー光源搭載の内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」用特殊光色彩強調機能

「LCI(エルシーアイ)(Linked Color Imaging(リンクト カラー イメージング))」

粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポート

提供開始

2014年10月14日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、内視鏡システムの光源にレーザーを用いた新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」用の新たな画像処理機能として、粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポートする「LCI(Linked Color Imaging)」を、10月23日より富士フイルムメディカル株式会社(社長:新延 晶雄)を通じて提供開始いたします。なお、当社は10月23日から神戸で開催される第22回日本消化器関連学会週間(JDDW2014)で本機能の技術展示を行います。

内視鏡による消化管粘膜の観察では、正常な粘膜と炎症のある粘膜を見分けなければなりません。例えば、ヘリコバクター・ピロリ菌などが原因となって胃の粘膜が炎症を起こした場合、胃粘膜が薄く痩せてしまう「萎縮」が進み、胃がんを引き起こしやすい状態になるため、粘膜の炎症を早期に見つけることが非常に重要です。しかし、正常な粘膜と炎症部はわずかな色の違いしかないことから、炎症部の発見や炎症の度合いの判断などが難しい場合がありました。
このような状況下、医療現場からは、「炎症の診断の客観性を高めたい」というニーズが高く、当社は独自の画像処理機能の開発を進めてきました。

今回提供を開始する「LCI」は、波長の異なる「白色光観察用レーザー(白色光用レーザー)」と「狭帯域光(*1)観察用レーザー」の2種類のレーザー光による病変観察が可能な内視鏡システム「LASEREO」用の画像処理機能です。「LCI」は、「白色光用レーザー」で画面の明るさを保ちながら、重ねて照射される「狭帯域光観察用レーザー」で粘膜内の血液のコントラストを高めた画像に対し、赤色領域の色分離が良くなる画像処理を行うものです。消化管の正常な粘膜、萎縮粘膜、発赤(*2)などを診断するうえで重要になる粘膜の色は、赤色領域に集中しています。「LCI」は、これらの粘膜色に近い色の彩度差・色相差を拡張する画像処理を行うことで、粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポートします。

今後、「LCI」を「LASEREO」システムの標準機能として提供していきます。すでに医療機関に導入されている「LASEREO」にも、本機能を追加搭載することができます。

富士フイルムは、早期がんの診断に加え、胃がんなどの前段階である炎症の診断のサポートにも注力していきます。
今後も、「LASEREO」や経鼻内視鏡など独自の技術を生かした製品を開発し、医師や患者のニーズに応えていきます。

[画像]

*1 波長帯域の狭い光。「LASEREO」においては、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察用に使用。

*2 粘膜の一部が充血して赤くなる症状

1. 品名
「LCI(Linked Color Imaging)」 ※今後「LCI」は、「LASEREO」システムの標準機能として搭載されます。
【参考】「LASEREO」のシステム構成
薬事販売名:
  • 光源装置 LL-4450(薬事認証番号223AABZX00062000)
    一般的名称:送気送水機能付外部電源式内視鏡用光源装置
  • プロセッサ VP-4450HD(薬事届出番号14B2X10002A0V009)
    一般的名称:内視鏡ビデオ画像プロセッサ
2. 提供開始日
平成26年10月23日
3. 特長
  1. 赤色領域のわずかな色の違いを画像処理で見やすく表示。
    「白色光用レーザー」で画面の明るさを保ちながら、「狭帯域光観察用レーザー」で粘膜内の血液を高いコントラストで捉えて得られた画像に対し、赤色領域の色分離が良くなる画像処理を実施。粘膜色に近い色の彩度差・色相差を拡張する画像処理を行うことで、粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポートします。
  2. 「LASEREO」システムの標準機能として搭載。
    LASEREOシステムを既にお持ちの医療機関では、プロセッサ本体ソフトのバージョンアップにより使用が可能。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルムメディカル株式会社 マーケティング部
  • TEL 03-6419-8033
  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る