ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

新開発のノイズ低減回路と新画像処理ソフトウェアにより、低線量・高画質を実現
世界最軽量(*1)DR(*2)方式・カセッテサイズデジタルX線画像診断装置

新シリーズ「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート)」

世界初(*3)「抗菌仕様」を採用 コンソールレスを可能にする「内蔵メモリ保存機能」を搭載

新発売

2014年11月25日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、バッテリー交換タイプのDR方式・カセッテサイズデジタルX線画像診断装置(以下:カセッテDR)として世界最軽量の「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート)」シリーズを、12月1日より富士フイルムメディカル株式会社(社長:新延 晶雄)を通じて発売します

「カルネオ スマート」シリーズは、新開発のノイズ低減回路(*4)を搭載し、透過時にX線が吸収されやすく、撮影画像のコントラストが低下する心臓や縦隔部(*5)などの画像の粒状性を向上させ、従来機(*6)と比べてより鮮明に描出することができます。新画像処理ソフトウェア「Virtual Grid(バーチャルグリッド)」(*7)と組合せることで、CR(*8)方式のデジタルX線画像診断装置の約1/4(*9)のX線量でも高画質な画像が得られます。また、医療現場で求められる抗菌仕様や堅牢性も実現しました。パネルに使用する蛍光体は、温度や湿度などの環境変化に強いGOS(ガドリニウムオキサイドサルファ)とX線変換効率に優れたCsI(ヨウ化セシウム)の2種類から選べ、サイズはそれぞれ14×17インチ、17×17インチを提供します。

[画像]

当社は、平成22年4月にISS方式(*10)の間接変換方式FPDを採用した、有線タイプのカセッテサイズデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO C」シリーズを発売しました。平成25年には、低線量でも高画質な画像が得られる無線タイプの「FUJIFILM DR CALNEO C SQ」シリーズを発売。多くの医療現場から高い評価をいただき、国内ではトップシェア(*11)を堅持しています。

今回発売する「カルネオ スマート」は、新開発のノイズ低減回路の搭載により低線量での撮影を可能にしました。さらに、撮影画像からX線の散乱線(*12)成分を除去する新画像処理ソフトウェア「Virtual Grid(バーチャルグリッド)」を使用することで、金属製フィルターの「グリッド」を使用しなくても、画像のコントラストと粒状性を向上させ、被ばく量を低減することができます(*9)。

また、「カルネオ スマート」は、高い抗菌性能と持続性を合わせ持つ当社独自の抗菌コート技術「HYDRO AG(ハイドロエージー)」(*13)により、カセッテ全面を、銀系抗菌剤を含有した超親水性膜でコーティングした世界で初めての「抗菌仕様」のX線画像診断装置です。表面に付着した汚れを落としやすく、清潔で衛生的にご使用いただけます。
撮影後のデータをコンソールに転送しなくても、内蔵メモリに最大100枚の画像を保存できる「メモリモード撮影」機能を標準搭載し、回診撮影など、撮り溜めが求められる場面でも「コンソールレス運用」が可能です。

フラットパネルセンサの裏面カバーの内側全面をリブ補強した新フレームは、金属の中で最も軽量かつ強度性能に優れたマグネシウム合金を採用、14×17サイズが2.6kg(*14)、17×17サイズが3.2kg(*14)と、バッテリー交換タイプDR方式カセッテサイズデジタルX線画像診断装置として、世界最軽量を実現。この裏面カバーの基礎フレームには、軽くて強い建築構造の手法として広汎に利用されるシェル(貝殻)構造を採用し、世界トップクラスの全面耐荷重310kgと高い堅牢性を実現しました。さらに、基礎フレームの側面は、病棟撮影時などで患者とベッド間にカセッテを挿入しやすい、丸みを帯びたラウンド形状のため、撮影者の作業効率の向上が期待できます。

「カルネオ スマート」シリーズは、操作者と患者、双方の負担軽減を実現するという、医療現場で求められるニーズに応えたデザインや機能が評価され、2014年度「グッドデザイン賞」(財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞しています。

富士フイルムは、医療現場のさまざまなニーズにいち早くお応えし、さらなる画像診断の効率化と医療の質の向上に貢献いたします。

*1 バッテリー交換式カセッテDRにおいて。平成26年11月24日現在。当社調べ。

*2 Digital Radiographyの略。X線エネルギーを電気信号に変換し、X線透過画像として再構成する方式。

*3 カセッテDRにおいて。平成26年11月24日現在。当社調べ。

*4 X線情報をセンシングする性能を高め、かつX線を低ノイズで検出することを可能とした電気回路。

*5 左右の肺、胸椎、胸骨に囲まれた部分。

*6 CALNEO C 1417 Wireless SQ、CALNEO C 1717 Wireless SQ

*7 オプションとして有償で提供している新画像処理ソフトウェア。X線とデジタル画像に対する当社独自の高度な解析技術を組み合わせることで、散乱線成分を高速かつ忠実に再現する独自の「散乱線推定技術」を活用。この技術により、撮影画像から推定された散乱線成分を、元の撮影画像から除去することで、散乱線により低下した画像のコントラストを高めることができる。現時点では、胸部、腹部が対象ですが、将来的に他部位展開を予定。

*8 Computed radiographyの略。イメージングプレート(IP)に記録したX線画像情報を読み取り、診断目的に合わせて最適なデジタル画像処理を行うことで、高精度のX線画像を生成する、医療用デジタルX線画像診断システム。

*9 当社評価。グリッド格子比8:1の比較評価(CD-RADファントム利用)で、CR方式と比べ約1/4の線量でも同等画質を実現した。

*10 Irradiation Side Samplingの略。従来型のFPDと反対側のX線照射面側にセンサーを配置し、X線の照射面側よりX線から変換された光信号を読み取る当社独自方式。

*11 矢野経済研究所の「2014年版 機能別ME機器市場の中期予測とメーカーシェア(診断機器編)」より。

*12 X線が被写体を透過する時に、被写体の中のさまざまな物質によって乱反射したX線のこと。

*13 平成26年7月に当社が開発した抗菌コート技術。従来の銀系抗菌剤を使った抗菌コートに比べて約100倍の抗菌性能を実現。

*14 バッテリー込みの重さ。当社調べ。

1. 品名
FUJIFILM DR CALNEO Smart

薬事販売名:

デジタルラジオグラフィ DR-ID 1200(薬事認証番号:第226ABBZX00085000号)

構成品:

  1. 電源供給ユニットまたはドッキングスタンド
  2. フラットパネルセンサ:DR-ID 1201SE/1211SE/1202SE/1212SEのいずれか、または複数
  3. コンソール

<フラットパネルセンサは以下4機種を提供>

  • GOSモデル

(1)FUJIFILM DR CALNEO Smart G47(DR-ID 1201SE)*14×17インチ
(2)FUJIFILM DR CALNEO Smart G77(DR-ID 1202SE)*17×17インチ

  • CsIモデル

(3)FUJIFILM DR CALNEO Smarr C47(DR-ID 1211SE)*14×17インチ
(4)FUJIFILM DR CALNEO Smart C77(DR-ID 1212SE)*17×17インチ

2. 発売日
平成26年12月1日
3. 標準ユーザー渡し価格
2,190万円(標準構成(*15)、税別)

*15 FUJIFILM DR CALNEO Smart G47(DR-ID 1201SE)の場合。

4. 主な特長
(1)カセッテDRにおいて、トップクラスの高感度・高画質をさらにレベルアップ

「カルネオ スマート」は、独自に開発したノイズ低減回路の搭載により、透過時にX線が吸収されやすく、撮影画像のコントラストが低下する心臓や縦隔部などの撮影において低濃度部領域の大幅なノイズ抑制が可能です。これらの部位の画像の粒状性を飛躍的に向上させたことで、低線量撮影(線量0.03mR(*16))では従来機比でDQE(*17)が1.2倍向上しました。
さらに、撮影画像から推定された散乱線成分を元の撮影画像から除去することで、画像のコントラストを高めることができる新画像処理ソフトウェア「Virtual Grid」をオプションでご用意しています。「カルネオ スマート」と「Virtual Grid」を組合せることで、金属製フィルターの「グリッド」を使用しなくても画像のコントラストと粒状性が向上し、CR方式と比較して約1/4のX線量でも高画質な画像が得られます。

*16 マイクロレントゲン。放射線量の単位。

*17 Detective Quantum Efficiency(量子検出効率)の略。X線情報を、検出システムがどの程度無駄なく補足して画像に役立たせているかの尺度。DQEが高いほど高画質な画像が得られ、低線量化が可能となる。

(2)過酷な環境でも耐えるタフネス化と軽量化を実現する独自の新フレーム

金属の中で最も軽量で強度性能に優れたマグネシウム合金を採用し、軽くて強い建築構造の手法として広汎に利用されるシェル(貝殻)構造をフラットパネルセンサの裏面カバーの基礎フレームに採用しました。さらなる強度確保のため、内側全面にリブ補強した独自考案の新フレームにより、14×17サイズが2.6kg、17×17サイズが3.2kgと世界最軽量を実現しながら、全面耐荷重310kgの世界トップクラスの堅牢性を達成しました。カセッテ側面の角が丸みをおびたラウンド形状は、撮影用テーブルからカセッテを持ち上げる際の指かかり効果や、病棟撮影時の患者とベッド間への挿入性が向上し、撮影者の作業労力軽減にも効果を発揮します。

(3)カセッテDRとして世界初の抗菌仕様

当社の抗菌コート技術「HYDRO AG」を活用し、カセッテ全面に抗菌コートを施しました。
「HYDRO AG」は、銀系抗菌剤(銀イオンを徐々に放出する機能を持ったセラミック微粒子)を分散した、水となじみやすい超親水性の樹脂を塗布する当社技術です。一般的に、銀系抗菌剤を使った抗菌コートでは、抗菌剤に空気中の水分などが作用して、細菌を不活性化する銀イオンが溶出されます。本技術では、塗布膜表面だけでなく、塗布膜内部の抗菌剤にも水分が作用して、塗布膜内部からも銀イオンを供給します。これにより、塗布膜表面の銀イオン濃度が高くなり、従来の抗菌コート(*18)と比べて約100倍の抗菌性能を実現(*19)しました。さらに、その効果は長期間の持続が可能です。また、超親水性膜によりカセッテ表面に付着した汚れが拭き取り易くなるので、清潔で衛生的に使用いただけます。

[画像]

*18 液晶保護フィルムなどに用いられる、親水性の低い樹脂を用いた一般的な抗菌コートを指しています。

*19 抗菌性能試験(JIS Z 2801)で、JIS基準値「24時間での抗菌活性値“2(菌が99%減少)”」に対し、当社HYDRO AG技術は「1時間で“4(99.99%減少)”」の性能結果。((一財)BOKEN 品質評価機構実施 報告書No.20214016660-1(2014.7.11)より)

(4)「メモリモード撮影」機能標準搭載によるコンソールレス運用

従来CRの回診撮影ではカセッテに画像が保存できないため、複数枚のカセッテを持ち運んだり、1回の撮影ごとにCRカセッテを読み取ったりする作業が必要であり、撮影者に多くの労力と手間が伴っていました。しかし、「カルネオ スマート」に搭載した「メモリモード撮影」により、コンソールが無い環境でもパネル本体に画像を最大100画像まで保存でき、撮影業務の負荷を軽減できます。回診撮影用の専用システムを構築することなく、最低限の投資で一般撮影から回診撮影までDR化が可能です。回診撮影の機会が少ないため、専用設備を持たない中小規模の医療機関でも、この装置を回診時に活用することができます。

5. 主な仕様
フラットパネルセンサ
  • CsIモデル

FUJIFILM DR CALNEO Smart C47(DR-ID 1211SE)*14×17インチ
FUJIFILM DR CALNEO Smart C77(DR-ID 1212SE)*17×17インチ

  • GOSモデル

FUJIFILM DR CALNEO Smart G47(DR-ID 1201SE)*14×17インチ
FUJIFILM DR CALNEO Smart G77(DR-ID 1202SE)*17×17インチ

画像表示時間 約1秒
撮影間隔時間

約8秒(無線LAN)

※ 撮影室の無線LAN環境によって変化します。
防水性能

IPX6準拠

※ 防水・防塵の保護規格です。IPX6は防水等級6級を指し、あらゆる方向からノズルによる強力な噴流でも有害な影響がないことを示しています。
画像処理 階調処理、周波数処理、マルチ周波数処理、ダイナミックレンジ圧縮、ノイズ抑制処理、 グリッド除去処理、新画像処理ソフトウェア バーチャルグリッド
画像出力 DICOM形式に準拠

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルムメディカル株式会社 マーケティング部
  • TEL 03-6419-8033
  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る