ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

旬な超豪華メンバーによる新年会!

「お正月を写そう♪2015 鶴松家の新年会」TVCM放映のご案内

- 12月30日(火)より全国にて放映開始 -

2014年12月25日

富士フイルム株式会社

【鶴松家の新年会 イヤーアルバム篇より】

[写真] 鶴松家の新年会 イヤーアルバム篇より

【鶴松家の新年会 シャッフルプリント篇より】

[写真] 鶴松家の新年会 シャッフルプリント篇より

富士フイルム株式会社(社長:中嶋成博)は、40年以上に亘りお正月の風物詩としてお馴染みの「お正月を写そう」TVCMを、平成26年12月30日(火)より全国にて放映いたします。

今回の「お正月を写そう♪2015」TVCMは、「イヤーアルバム」篇と「シャッフルプリント」篇の2篇を放映いたします。前作の「お正月を写そう♪2014」と今年のフジカラー年賀ポストカードにご出演いただきました笑福亭鶴瓶さん、松たか子さん、ふなっしーが登場。鶴瓶さんと松さんの鶴松夫婦と居候のふなっしーの「鶴松家」に豪華ゲストを迎えた賑やかな新年会が舞台となります。

今回のゲストは、各方面で活躍されている前田敦子さん、大島優子さん、そしてHKT48の指原莉乃さんが出演いたします。

「イヤーアルバム」は、撮り溜まったたくさんの写真データから良い写真を自動で選んでレイアウトし、1冊のアルバムにしてくれるサービスです。「シャッフルプリント」は、複数の写真をオシャレに1枚にまとめられるサービスです。どちらも思い出の写真を楽しく簡単にプリントすることができ、「残す」「飾る」「贈る」写真プリントの楽しさを感じていただけるプリントサービスです。

富士フイルムはこのTVCMを通して、写真をプリントにして残すことで「思い出をカタチに」することの価値や楽しさをPRしてまいります。

■「鶴松家の新年会 イヤーアルバム」篇

お馴染みの「お正月を写そう♪」ジングルが流れるなか、門松が飾られた日本家屋の門の前で、笑福亭鶴瓶さんと松たか子さん扮する鶴松家の夫婦と、ふなっしーが記念撮影をしています。その鶴松家の新年会に訪れたのは、なんとAKBを卒業した前田敦子さんと大島優子さん。

鶴瓶さんが二人に「去年はええ思い出できましたか?」と話題をふると、前田さんは「はい、私、ワンちゃんネコちゃんと一緒の写真でイヤーアルバムを作ってみたんです。」大島さんも「私は旅の写真で。」と、それぞれのイヤーアルバムを見せます。そこに松さんのナレーションが、イヤーアルバムが作られる映像と共に入ります。

Na「たくさんの写真からいい写真を自動で選んでレイアウト。イヤーアルバム。」

「思い出をカタチにするのっていいわねぇ。」とイヤーアルバムを感心して見ている鶴松夫婦に、前田さん、大島さんは、「イヤーアルバムNo.1は」「どっちですか?」と真剣な表情で聞きます。

そんな二人に鶴瓶さんは「そんなんもう卒業したんちゃうの?」というと、「そうでした。」と二人は笑い合います。

その二人の横で様子をうかがっていたふなっしーは「緊張したなっしー」と後ろに倒れ込みます。

最後は松さんが撮った笑顔の前田さんと大島さんのチェキの写真と、「フジカラーで残そう♪」ジングルでTVCMは終わります。

■「鶴松家の新年会 シャッフルプリント」篇

鶴松家の新年会。鶴松夫婦、ふなっしー、前田さん、大島さんが、庭先で羽子板で遊んでいる風景からTVCMが始まります。

シーンは居間に移り、鶴瓶さんが「チェキで撮るで~」と撮影、続いて松さんが「スマホで撮りまーす。」とスマホで前田さんと大島さんを撮ります。そこで前田さんと大島さんが思い付きます。「あ、そうだ!今日撮った写真を」「シャッフルプリントで残しません?」その提案に鶴瓶さんは「確かに記念になるな~。」と賛成します。

そこに登場するのが、指原莉乃さんとふなっしー。「じゃあ、さっしー&ふなっしーでお店にプリント行くなっしー!」「行くさっしー!」と新コンビが誕生。二人を見た大島さんが一言。「いつからコンビ組んでんの?」

そこに松さんのナレーションが入ります。

Na「スマホの写真をシャッフルプリント。お近くのお店でも、スマホでも。」

お店から帰ってきた“さっしー&ふなっしー”。指原さんが「つくってきたっしー!」と手に持つシャッフルプリントのセンターには指原さんの写真が。それを見た前田さんと大島さんは、「はぁ?」「なにセンターに自分の写真入れてんのよ。」とつっこみます。指原さんは「偶然です、偶然。シャッフルですっしー。」と慌てます。

「こんな感じ?」記念のシャッフルプリントを居間に飾る松さん。鶴瓶さんは「飾るのええやん。」と写真を飾ることに大満足。家の前で前田さん、大島さん、指原さんにシャッフルプリントをお土産に渡すふなっしーと、「フジカラーで残そう♪」ジングルでTVCMは終わります。

■「お正月を写そう♪2015」の見どころ

◇超豪華メンバーの共演
前作から引き続きご出演いただきました笑福亭鶴瓶さん、松たか子さんの『鶴松家』の夫婦と鶴松家に居候しているふなっしーに加え、鶴松家の新年会にやってくるのは、前田敦子さん、大島優子さん、HKT48の指原莉乃さんです。まさに超豪華メンバーの共演は必見です!

そんな超豪華メンバーによる撮影現場は、鶴瓶さんを中心に和やかで明るい雰囲気の中で進みました。羽子板のシーン撮影では、出演者の皆さんがとても楽しそうに羽子板に挑戦していましたが、松さんがとてもお上手だったことに共演者もスタッフも感心し、松さんは「軟式テニスの血が騒いだ」と語り、笑いを誘っていました。また、撮影の合間や終了時には、スマホやチェキで記念撮影をしたりと写真で盛り上がり、共演者の皆さんの心の距離がグッと縮まった撮影現場でした。

◇歴代AKB48“総選挙1位”の3人による、ジングル「お正月を写そう♪」「フジカラーで残そう♪」

前田敦子さん、大島優子さん、指原莉乃さんは、AKB48“選抜総選挙”で1位を獲ったことがあり、抜群の知名度と人気を誇る3人です。平成24年に前田さんがAKB48を卒業、今年6月には大島さんも卒業しており、その後共演する機会はありませんでした。そんな3人が平成24年以来“初の共演”が「お正月を写そう♪2015」TVCMで実現。シャッフルプリント篇では「お正月を写そう♪」と「フジカラーで残そう♪」のジングルを3人に歌っていただきました。貴重なセッションにもぜひご注目ください!

■お近くの写真店やスマホアプリからカンタン注文!

◇イヤーアルバムの専用アプリ登場!(iPhone/iPad のみ対応)

たくさんの画像から良い写真を自動で選んでレイアウトするイヤーアルバムは、全国の写真店、ご自宅のパソコンからの注文はもちろん、2014年11月から専用アプリ(iPhone/iPad用)が登場。移動時間や、ちょっとした空き時間にも作れるようになり、さらに便利になりました。

[写真] イヤーアルバムの専用アプリ

◇シャッフルプリントはスマホで楽しく注文!

たくさんの画像をシャッフルして楽しい1枚にまとめるシャッフルプリントは、TVCM放映と同時に、2015年1月からスマホでの注文がスタートします。スマホならでは機能を搭載。プリントしたい画像が決まったら、スマホを振って、シャッフル!どんな画像レイアウトになるか、注文からわくわくする新しいプリントのご提案です。

[写真] シャッフルプリントで検索

【スタッフリスト】

お正月を写そう♪2015 鶴松家の新年会 イヤーアルバム篇

お正月を写そう♪2015 鶴松家の新年会 シャッフルプリント篇

クリエイティブディレクター佐々木宏(シンガタ)
CMプランナー・コピーライター福里真一(ワンスカイ)
総合プロデューサー玖島裕(トレードマーク)
プロデューサー菅原江美(マザース)
プロダクションマネージャー屋代竜太郎/橋本夏/間下みのり(マザース)
ディレクター上田拓
カメラマン難波恒夫(SOUP)
越後祐太
照明榎木康治
美術白石昭浩
オフライン編集海隼人
本編集谷道史朗
CG桑原雅志(ビジュアルマン トウキョー)
ミキサー茂木俊広
音楽緑川 徹/河副洋之(メロディー・パンチ)
スタイリスト伊藤佐智子(BRUCKE)
ヘア・メイク上田実穂(笑福亭鶴瓶)
中野明海(松たか子)
小倉康子(前田敦子)
小澤麻衣(大島優子)
天野優紀(指原莉乃)
出演笑福亭鶴瓶/松たか子/ふなっしー
前田敦子/大島優子/指原莉乃
キャスティング増田恵子/石田光俊/忍足晃則(ギャンビット)
海本剛作(電通キャスティングアンドエンタテインメント)
広告会社(株)電通

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルム株式会社
    宣伝部  原雄二郎
  • 東京都港区赤坂9-7-3
  • TEL 03-6271-2031
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る