ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ 開発ロードマップの最新情報を公開

新たに3本のレンズを加え、さらに充実したラインアップで幅広い撮影領域をサポート!

2015年2月10日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップの最新情報を公開いたします。

今回の開発ロードマップでは、新たに軽量コンパクトな標準レンズ「XF35mmF2 R」、望遠マクロレンズ「XF120mmF2.8 R Macro」、望遠レンズの撮影領域をさらに広げる「1.4xテレコンバーター」(*1)の3本を加えました。ますます充実した豊かなラインアップで、超広角域から超望遠域までの幅広い撮影領域をサポートします。

*1 対応レンズは「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」、「XF100-400mm」、「XF120mmF2.8 R Macro」の3本を予定しています。

[図]

<今回新たに追加された3本のレンズについて>

  • 標準レンズ「XF35mmF2 R」
    画角53mm相当(35mm判換算)の標準レンズ「XF35mmF2 R」を新たにラインアップ。小型・軽量と高速AFにより、軽快なスタイルで撮影をお楽しみいただけるレンズです。
  • 望遠マクロレンズ「XF120mmF2.8 R Macro」
    「Xシリーズ」用交換レンズで初となる1:1等倍マクロレンズです。すでに発売している「XF60mmF2.4 R Macro」と合わせ、焦点距離やワーキングディスタンス(*2)の異なる2種類のマクロレンズを揃えることで、屋内外のさまざまな被写体の撮影をサポートします。

*2 被写体からレンズ先端までの距離。

  • 「1.4xテレコンバーター」
    ボディとレンズの間に装着することで、レンズの焦点距離を1.4倍に伸ばすテレコンバーターを、「Xシリーズ」用交換レンズとして初めてラインアップします。発売中の大口径望遠ズームレンズ「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」に使用すれば、焦点距離を70mm~196mm(35mm判換算:約106mm~299mm)に伸ばし、超望遠領域までをF4の明るさでカバーすることが可能です。今後発売する予定の超望遠ズーム「XF100-400mm」や、望遠マクロレンズ「XF120mmF2.8 R Macro」でも使用できます。
    富士フイルムは今後も、デジタルカメラ「Xシリーズ」用の高性能レンズのラインアップを拡充することで、お客さまのあらゆる撮影シーンをサポートしていきます。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 「フジノン XFレンズ」スペシャルコンテンツ
  • http://fujifilm-x.com/xf-lens/
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る